現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

またまた、シギのご紹介の続きです~~ (シギチは結構はまります)

今回も同じ干潟で出会ったオバシギです
このオバシギは半月前まで数多く来ていたトウネンよりもかなり大きさが大きく他のシギと一緒にいても目立つので
すぐ分かります、また特徴は嘴が短く、全体にふくよか?な体型は何方かに右へ習い状態です?
またこのオバシギもご多分に漏れず、身体の模様だけを見ての識別は夏羽、冬羽とそれぞれ異なり、目が慣れる
まで苦労します σ(^^)です
海辺の好きな私は潮の香りの中でシギチを撮影していることで癒されます。
   
【和名:オバシギ - 姥鴫】      学名:Calidris tenuirostris  チドリ目 シギ科       TL 26.0-28.0cm WS 62-66cm
オバシギ1

オバシギ2

オバシギ3
NIKON ED82                                           千葉県 三番瀬
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50




likebirds さん、お早う御座います
  いつもコメント有り難う御座います
撮影する時にいつも思うのですがいくつか撮ると直ぐに満足しちゃって、直ぐ他の方へ気が移ってしまい、結果、帰ってきてPCに取り込んでみて・・・・お察しの通り・・・・もうガッカリの繰り返しです

ああしておけば良かったこうしておけば良かったと反省しきりです
自然界で同じチャンスって2度とないですよね
【2007/09/13 07:44】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
わー!雰囲気出ていますねー。
こんな風に撮りたいです。
今度は夏羽ですね。
【2007/09/12 20:46】 URL | likebirds(夫) #6QcO2dcI[ 編集]
闘将・Nさん、お早う御座います
いつもコメント有り難う御座います
この時撮ったオバシギはもう渡りの最終段階のように感じました
条件は潮が引いてから太陽に照らされて砂浜から水蒸気がもうもうと立ち上がるという、最悪の条件でした
気分はもう来年に期待しています(^.^)
【2007/09/12 07:07】 URL | papilio #P.3V4vFE[ 編集]
papilioさん、今晩は。
わー素敵なオバシギですね。優しい光の中での出会い
素晴らしいです。3枚目の写真は特に印象に残るオバシ
ギ…見事ですね。v-221
【2007/09/11 22:42】 URL | 闘将・N #lEPD.dko[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ