現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今年(2017)もメリケンキアシシギとの出会いを逃すこともなく無事会うことができました(^.^)

メリケンキアシシギは特に珍鳥というわけではありませんが、時期的には5月中旬~その年の様子にも依りますが6月初旬まで見られ、暫し休養と栄養補給をした後に繁殖地へ旅立って行きます、私の記録を見てみると毎年関東エリアには一週間の誤差も無く渡って来ています。今回見られた個体数は識別の怪しい個体を含めて3羽確認出来ました、一つ云えることは岸壁サイドやテトラ周りの海鳥の観察は何処の観察場所でもそうですが「潮の干満の時刻」をしっかり把握してから出掛けないと出会いのある人と全く出会いの無い人との差が歴然と出る場合が多くありますので注意が必要です
鳥が散らばって観察不能となったので撤収した際にも3組のバーダーと挨拶しましたがチョット時間が・・・・・。

和名:【メリケンキアシシギ】  チドリ目  シギ科    TL 26-29 cm      属名 Heteroscelus        種小名 incanus
        英語名 Wandering Tattler

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     メリケンキアシシギ Ad-S  個体A
メリケンキアシシギ夏羽とキアシシギとの違いはご覧のように胸から下尾筒、尾にかけてが黒っぽく見える鱗状の横縞模様です。胸あたりは一見はっきりした横縞が入るのが特徴ですが全体の羽衣はキアシシギに比べて明らかに黒っぽく見えますが個体差もあります。また他の記事ではメリケンキアシシギの夏羽に見られるような横縞模様は冬羽には無く、地味とのことです、殆ど冬羽は見る機会がありませんので見れた貴重だと思います。


メリケンキアシシギ Ad-S  個体B  若干、羽衣全体が明るい褐色でした(他の特徴は有している)
 ● もう一つのPointは嘴です、メリケンキアシシギの嘴は黒でキアシシギは下嘴の基部が黄色です。


    正面から見るとこんな感じに見えます    キョウジョシギとの2ショットです。


  今回、メリケンキアシシギはのんびりとしていてあまりパフォーマンスも無く採餌シーンも見られなかったのですが観察していて
  気になったことは同場所でキアシシギは好物のカニを盛んに捉えていましたが同じ好物のフナムシが見当たらなかったことで
  した、特に生息環境が変わったという風には見えないのですが如何なものでしょうか。


  やっとノビを見せてくれました。


    同じ場所で見られた。キアシシギ。キアシシギは沢山いました。キアシシギの中にもかなり胸の横縞が濃く黒っぽい個体も
   いますが、夏羽では嘴と下尾筒を見ることができれば識別は難しくありません。


  この個体は雰囲気は良いのだが下嘴の基部にオレンジ色が見えるような・・・・チョット怪しい個体?。 


      キアシシギ Ad-S   下嘴の根元を見るとオレンジ色が入り、羽衣全体は明るい褐色で脚の色も綺麗な黄色です。


      キアシシギ Ad-S   盛んに小さなカニを捕食していました、生き生きとしていて見ていても楽しいです。


      ハマシギ Ad-S  ハマシギも綺麗な繁殖羽になっています。


      キョウジョシギ Ad-S ♂   この時期はあらためて見るとこんなに綺麗です(^.^) 


     キョウジョシギ Ad ♂(右) 、♀(左)                 撮影日 2017/5/14 ・ 撮影地 千葉県浦安市
         キョウジョシギも10数羽の小群が2グループ見られました。

                Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2               
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ