現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

前回、取り上げたソリハシセイタカシギと同場所にはセイタカシギも多数見られました、そこは関東でも数少ない繁殖地で蓮田のすぐ近くには内房線のローカル色豊かな電車が走っており、鳥見の風景としては何ともゆったりとした時間が流れているような場所でした
さらに周囲をよく見みてみると周囲半分は住宅地に囲まれており、上手く鳥と人間とが共存出来る昨今では数少ない貴重な自然環境でした
そこではセイタカシギが何ペアも繁殖しており、よく見ると雛の姿も見え餌を啄む姿が見られたことは何とも嬉しいシーンですがふとあらためて将来的にこのような環境がいつまで続くのかと一つ気がかりとなった次第です。

和名:【セイタカシギ】  チドリ目  セイタカシシギ科     TL 35-40 cm    WS 67-83cm   属名 Himantopus
種小名 himanntopus 英語名 Black-Winged Stilt

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     少し離れた場所から雛たちの様子を見守っています。


     こちらではまさにカメラマンも気にせず?ラブラブなカップル?が見られました。


     巣の中には♀が抱卵していてそこに「ソロソロ交代しようかと」♂が帰ってきました。


     セイタカシギは雌雄、双方で抱卵/育児にあたります(♂が巣に居ます)   


     時折抱卵していた♀が巣の近くで餌を摂ったり・・・・・・


     まめに巣材を咥えて巣の維持をしたりします。


     彼方此方と活発に餌を摂りながら動き回っています・・・・・・


     この時は何やら貝のような物を採餌していました。


    自然の知恵というか親たちはこの場が雛を育てる上で適した餌が豊富にあることを知っているのですね


     母鳥は雛の近くで危険がないかたえず見守っています


     ここはまた別の場所ですがこちらでも雛が3カ所で見られました。


     4羽の雛を世話している様子は人間と何ら変わらず見ていてもホッコリしますね


      鳥は口を利きませんが母鳥を見ていると雛の安全に注意を払っているのが伝わってきます。


      また近くの畦ではこんな風景も・・・・・雛は3羽見えます。


     飛翔シーンを少しだけ・・・・スタイルが良いのでホント綺麗な飛翔です。


     見ていても楽しいです。


     チョット身体をひねりながら降りてきました。


                                 撮影日 2017/5/11&6/4 ・ 撮影地 千葉県木更津市長須賀

               Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ