現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回は石垣レポートも大詰めと言うこともあり、私が石垣島へ出発する前にも関東で大騒ぎとなったバーダーに大変人気のあるヤツガシラをご紹介します、このようないわゆる珍鳥も春の渡りのこの時期(3月中旬~)に八重山諸島では比較的よく見られる過去データも有り、今回もそんな意味合いを含めてスケジュールを組んだ次第です、記すべき事はやはりこのような珍鳥が高い確率で見られるという八重山の島々の偉大さはそれを感じさせてくれました。

ヤツガシラはヨーロッパ南部および中部、アフリカ、南アジアから、東南アジア、中国、沿海州にかけて分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。 日本では、少数が旅鳥もしくは冬鳥として渡来し特に日本海側の島嶼や南西諸島では毎年多くが通過するようです。
秋田県、長野県、広島県では繁殖の記録があるという。

和名:【ヤツガシラ】  ブッポウソウ目  ヤツガシラ科    TL 26-28 cm      属名 UPUPA     種小名 EPOPS
             英語名 Eurasian Hoopoe

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


    この日、噂話の域は出ませんが八重山諸島の各島々の情報を集約すると推測でおよそ1,000羽近い個体数が通過して
    いるのではとの話もありました、また石垣島だけでもこれだけの数が来たのは今までの記録からも初めてだそうです。


   他場所で撮影中、連落を貰い始めて訪れた場所でしばらく周囲を探し回り双眼鏡で覗くと水田の最深部にヤツガシラの
   姿を発見、更に注意深く周囲を覗くとパラパラとヤツガシラが見られた、ただ警戒心が強く思うようには見させてくれません
   でした(5羽目撃)


      小屋の横で見つけた個体で疲れているのかあまり活性が見られなかった。    


     次に道路沿いで見つけた際、車内からの観察だったが当初、視野の中にヤツガシラが5羽もいたことに何か素直には
     受け入れられませんでした (コンデジ撮影)     


      警戒心が強くなかなかジックリとは撮らせてくれない。


地上で採餌していたら何かに驚いたのか樹上へ、ダメかなと思ったら枝留まりで落ち着き、運良く冠羽を開いてくれラッキーでした。


      私たちが観察した岬に近い道路沿いでは渡ってきたばかりで腹を空かせたヤツガシラがしきりにゴミ虫のような小さな
      昆虫を採餌しているのが見られた。


      正面から見るとこんな感じです、頭部の黒い模様ってシンメトリーじゃなかったんだ~
     

      道路沿いのブロックの段差の溝を熱心に突いていたので何が居るのかとよく見ると隙間の土砂の中に昆虫が居るのを
      本能か器用に探し出しGETしていた。


       仲間の一羽は採餌もせずズッと樹上に留まったままでした。


       ここからのカットは島の西側に位置する公園?で9羽が見られました。


       仲間から少し離れた所で佇んでいたのでパチリ・・・・・。


      お得意の採餌で捉えた餌をポイッっと放り投げてパックンします、ユニークな食事風景ですね


      以前からヤツガシラとの出会いは間違いなく一羽だけでこのように複数羽居ると逆に何か変な気分です、私だけかな。


      ヤツガシラ、ユニークなスタイルと良い色合いといい、何度見ても素敵な鳥です。

               Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ