現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回はシロハラクイナを取り上げます、シロハラクイナは2016年、東京近郊で確認された時は大騒ぎでしたがそれ自体は先島諸島、全島でもそれぞれ留鳥で全くの一般種であり、石垣島では街中を初め島内全般でごくごく普通に見かけます
ただいざジックリ観察しようとすると警戒心が強くなかなかチャンスが少ない鳥でもあります、まぁクイナの仲間だから仕方が無いといえばそうなのですがよく観察すれば攻略方法はありますが・・・・(^.^)

和名:【シロハラクイナ】 ツル目  クイナ科    TL 28-33 cm   WS 49cm    属名 Amaurornis    種小名 phoenicurus
             英語名 White - breasted Waterhen

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


    朝方、街外れの公園を流していると先の方の植え込みからシロハラクイナが出てきました、その場で車を止め、双眼鏡で
    観察していると・・・・・


     まもなくその近くからもう一羽のシロハラクイナが鳴きながら出て来ました、よく見ると先ほどの個体より若干身体が
     大きめで顔の色彩も鮮やかで尾羽をピンと持ち上げて歩く姿、格好いいですね、多分♂だと思います。


     想像通り、2羽で鳴き交わしが始まりました、独断ですが左(♀)、右(♂)と思いますが如何でしょうか。


     かなり大きなボリューム?でコォーコォー と盛んに鳴き交わしています。


     この2ショットをよく見て比較してみると右の個体(♂)が大きいことが判ります、自宅の図鑑やNETで検索しても
     雌雄に関する記述はほとんど載っておらず「雌雄同色のみ」これじゃぁねぇ・・・・よく見れば判るのにもう少し何とか
     ならないものでしょうか。


      これは別の場所での観察ですが運良く見通しの良い場所に出てくれました、そんなシロハラクイナの顔をあらためて
      よく見てみると穏やかな雰囲気でまるで微笑んでいるようにも見えます。


    この時期、シロハラクイナも恋の季節でよく2羽で一緒に居る光景を目にします、双眼鏡でよく見ると大抵、女性上位か
    ♀が先を歩きその後に♂が付いていました? どっちでも良いけれど仲良くして次は真っ黒な雛ちゃんを見せて下さい(^.^)


      こんな感じでサービスしてくれて良い子でラッキーでした。

   Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM
                
    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
               http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ