現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

朝起きて気になっていた海鳥のウミスズメがそろそろ岸寄りに寄ってくる時期でもあり、ブラリと三浦の海へパトロールに
出掛けてきました、自宅~現地までは交通の便も良く一時間弱で行けるので気楽に行ける場所です

当日は朝から冬晴れのピーカンで自宅周辺でも北寄りの風が少し強めに吹いていたので現地では更に季節風が強いことが予想されたので他の海鳥(オオハム、アビ等)も近くで見れる確率も高く、現地の潮回りをチェックしてみると満潮が10:38と言うことで8時前に自宅を出て現地着は9時前だった、早速防波堤から海の様子を見てみると北風と上げ潮がぶつかり沖は白波が目立っていた。

和名:【ウミアイサ】  カモ目  カモ科    TL 52-58 cm    WS 70-86cm   属名 Mergus        種小名 serrator
             英語名 Red-breasted Merganser

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     この時期の富士らしく空の青さに負けないくらいにくっきりと浮き上がり素晴らしい景観です、海の様子は予想通りで
     俗に云う海がガブガブしていて海鳥が見やすい条件が揃って期待大です。


     防波堤周りからワッチし始めると双眼鏡で覗き始めた際には気がつかなかったウミアイサ♀がポッカリと浮き上がり
     視野に入ってきました


     少しパタパタ等を撮影してから・・・・


     漁港周りへ移動しました、移動途中漁港の最深部でオオハム2羽を見つけた時トラックが来たので他場所へ車を 
     移動して再度、探してみましたが見つかりませんでした。


       その後、隣の漁港へ廻ってみると何やらヒドリガモとウミアイサが入り交じって大騒ぎ?


      周りを見渡すとチョット離れたところにカンムリカイツブリが・・・・・


     ひとしきり観察した後に元のオオハムが居た漁港をチェックしながら最初の場所へ戻ってみると♀は比較的多く
     見るのですがなかなか♂には会えなかったのがその時は私の正面に浮いていました、やっぱり♂は格好いいですね。


     すぐ傍には♀がいて何やら時期的に「恋の予感」がディスプレイのような仕草も見られました。


     波がやや高いので上手く波のピークに来た時にパシャリとシャッターを切ります、時期的に海水の透明度も良いです。


     ウミアイサのペアを観察していたら徐々に岩場の向こう側に行ってしまい、あれよという間に波間に消えてしまいました。
                                              2017.Jan..21 神奈川県横須賀市長井にて

                Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ