現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

鳥見を初めて以来、ずっと思いを馳せていたヒメクイナに四度目?の何とかで・・・やっと出会うことが出来ました、この鳥は私の中で最も縁が遠かった種で一度は横浜の職場近くの公園で、二度目は沖縄金武の水田で、今年に入ってからは石垣島で情報を頂いたのですが見れず仕舞いで他にも過去、何度か話は聞いてはいたのですが縁がなく今回4回目、早朝からのチャレンジでやっと出逢いが叶い喜びもひとしおです。

現地、葛西臨海公園のセンター横の淡水池廻りの土手には日によって違いはあるにせよ、狭い場所に50~ピーク100名ほどの人が幾重にも並び、主人公が現れるのを息を殺して?待っていましたが待てど暮らせど姿は見せませんでした。

情報を整理すると出現するのは早朝6時前後、昼12時前後、あとは日没前後が相場で何れにしても相手があってのことで勝手気ままで気分しだいという、この日は早朝05:30着で2列目だが視界は開けている所に三脚をセットしました、まだ真っ暗で立ち見で待っていると足が痛くなってきますが帰るわけにもいきません、その後の6時を過ぎても何も起こらず辺りは明るくなり両隣?で励ましながら?待つことつこと5時間弱(10:25)「その時が来ました!」今までの静寂を打ち破るように突如、シャッター音が鳴り響きました、一瞬私はそれが把握出来ず焦ったがすぐに捉えることが出来フレームでヒメクイナを追い続けました。

和名:【ヒメクイナ】  ツル目  クイナ科    TL 17-19 cm    WS 33-37cm   属名 Porzana        種小名 pusilla
             英語名 Baillon's Crake

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

himekuina 01
      ヒメクイナは開けた葦原の右端から姿を見せはじめた、比較的ゆっくりな動きだ。

himekuina 02
    ただ被りが酷く時に後ろを向いたりするのでシャッターチャンスを捉えるのが・・・・

himekuina 03
    ここまで出てくると何とか・・・・

himekuina 04
    株等を啄みながら倒れた葦に隠れるようにして・・・・

himekuina 06
    ここの位置が一番被りもなく良い感じでした。

himekuina 05
    右から左へ中央辺りまで移動したかと思ったら一気にクイナ特有の慌ただしい動きとなり・・・・

himekuina 07
    油断していたら一気にハードルの選手の如く、左の葦原に飛び込みました・・・・

himekuina 08
    一瞬の勝負でした。その間約20秒ほどであっと言う間の出来事で緊張が途切れると一気に力が抜けました
      葦原から顔を見せた一瞬の集中力の差で明暗が分かれてしまい撮りそびれます(自戒を込めて)
         当日は天気の予想に反して光加減にも恵まれ順光で良い感じでした  !感動しました!
                                               撮影地: 葛西臨海公園   2015.NOV..7

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2015 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ