現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今回初めて訪れた奄美大島でまず見たかったのは世界でも奄美大島固有種?の野鳥(ルリカケス、オーストンオオアカゲラ、オオトラツグミ、アカヒゲ、アマミヤマシギ)でただ見るのと撮影するのとは大違いでいつも悩むところですがアマミヤマシギ以外は見ることだけは叶いました・・・・まずはルリカケスからご紹介します。

ルリカケスは「瑠璃懸巣」または「瑠璃橿鳥」 と表記し現地では「ヒューシャ」と呼ばれ全長38cmほどの大きさです、天然記念物でもあり日本版レッドデータブック絶滅危惧Ⅱ類にも記載され奄美大島の貴重な固有種です。

和名:【ルリカケス】  スズメ目 カラス科    全長(翼開長) 38cm      属名 Garrulus  種小名 Lidthi                英語名 Lidth's Jay

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

奄美大島 001
    ルリカケスは事前の知識では森の中で見られるという記述が殆どでしたが今回、国道沿いの何ヶ所かで走行中、窓を開けて
    走っていると民家周辺等でも「ジャー、ジャー」という鳴き声が聞こえてきました。

rurikakesu 01
   ここは海岸線近くの民家?が点在している場所で民家の屋根裏で営巣している場所を見つけました、暫く待っていると
   小高い裏山から松の枝にルリカケスが舞い降りてきました、唯一この時が枝被りもなく瑠璃色の綺麗なルリカケスを目の
   あたりにした時には本当に綺麗な鳥だと感じました。

rurikakesu 03
       しばらく待機していると営巣場所の屋根裏から一気に飛び出してきました。

rurikakesu 02
      一端、松の木に留まりましたが瞬時に飛び立ち裏山へ消えていきました。

rurikakesu 04
      空抜けでRAWでも修正が出来ないくらいのお粗末な写真ですがこんなもんですm(__)m

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2015 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ