現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

今年は10月下旬より早々と姿を見せはじめたウミスズメを観察に湘南へ行ってきました
普段、彼らは沖合を生活の場としており、主食の小魚を追いかけて岸寄りを回遊し、時に漁港の構内まで入り込むこともあります
沖合を双眼鏡で観察していると波間に6羽の群がプカリプカリと漂っているのが見られました、彼らは小魚の群を見つけるとほぼ一斉に潜水し、かなり長い間浮上せずこちらは潜った位置から何処に浮上するかを推測するのですがかなりの確立で「外れます」(笑)
時に群から離ればなると可愛い声で絶えずピリリリリと声を発して、仲間とコミニュケーションを取っているようです、そのことによりお互い位置を確認していつの間にか合流するようです、この日は何度か小魚を追いかけて岸の直下を猛烈なスピードで泳ぎ回り、目にも止まらぬ早さで通り抜けますが全くカメラは追従出来ませんでした(笑)
一つ興味深い光景は漁船等が波を上げて走り、ウミスズメがほんの数m先でも全く恐れることもなく漂っています、またそれとは逆に潜って浮上した時に人間と目が合うとすぐに潜ってしまいます、生まれつきそう云う遺伝子が組み込まれているのでしょうか、イルカと同じようにコンタクトが取れると面白いでしょうね。

和名:【ウミスズメ】    チドリ目 ウミスズメ科         全長(翼開長) 24-27cm(40-43cm)      属名 Synthliboramphus antiquus     英語名 Ancient Murrelet
    
     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


umisuzume 1
      そんなに警戒しなくても大丈夫だよ(^.^)

umisuzume 2
      この日は最高で11羽のウミスズメがプカリプカリと漂っていました

umisuzume 3
       アップしてみて下さい 盛んに仲間を呼んでいます(オチビさんかなぁ)

umisuzume 4
       俗に言う、一見超超小型なペンギンさんってところでしょうか

umisuzume 5
       小魚を追って潜水して今、浮上したところです。
 
umisuzume 6
       一見、シコイワシでしょうか・・・・見事GETです。

umisuzume 7
       漁船のすぐ横2mほどまで行っても全く動じません、でも人と目が合うと・・・・・

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2011 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ