現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

このところ公私ともに慌ただしく思うような鳥見が出来なかったがやっと区切りがつき気持ちもスッキリして来ました、この日は朝起きると空は久しぶりにスカッと晴れ渡り、季節はまさに秋の青空で気分は弥が上にも盛り上がります
事前に鳥友から河原の様子を伺っていたので久々に近場のミサゴ撮影に出かける事にしました、例年この時期になると俄にあちこちでミサゴの話題で盛り上がってきます
季節の方はここに来て一気に秋を感ぜぬまま、冬にまっしぐらの感もあり、その肌寒さもかえって心地よく、冬鳥シーズン間近と感じます、この日、朝いつものfieldに着くと既に数名のCマンが来ており、話を聞くと早い内に既に一度ダイブしたとのこといやはや聞かされてしまいます(笑)
機材を準備し、スタンバイしていると下流方面からスーッとポイントの真上にミサゴが来ました、二回ほど旋回したかと思うと躊躇せず一気に急降下(ダイブ)が始まりました、いつもこの瞬間思うのですが「冷静に」「冷静に」と自身に言い聞かせながらレンズを向けるのですがどうしても頭と身体がチグハグで迷いが出てしまいます、気がついた時にはすでにミサゴは獲物を捉え水中に浮かんでいます、短いながらこの瞬間は一時、気持ちが緩みますがその後、にわかに獲物を鋭い脚でガッチリ抱えながら水面から飛び立ちます、何故かこの僅かなタイムラグが私が何時も失敗するところで気がつくと飛び去るミサゴの勇姿を漠然と見送るのがいつものパターンです、お恥ずかしいです、だがもう一度、楽しみな事があります、それはミサゴが狩りを終えて飛び去る途中、空中で最後に翼の水分を振り切る時で「ブルブル」っと空中で武者震いの如く身体全体を震わせます、この時が最後の見物でここまでがミサゴ撮影の楽しみでしょうか
この日は午後から雲が多くなり、2時近くまでの撮影でしたが絶好の撮影日和で上空を飛ぶミサゴも青空に映えていました、希望はその内チャンスが訪れたら木止まりを是非、撮りたいと思って居ます。

【和名:ミサゴ】    タカ目 タカ科   全長(翼開長) 雄54cm 雌64(155-175cm)         属名 Pandion haliaetus     英語名 Osprey

    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


Osprey 1
     川の中州沿いを獲物を抱えて飛んでいきます、バックはセイタカアワダチソウです。

Osprey 2
     一気に中州の淵に”ダーウィンポーズ”で飛び込みました

Osprey 3
     大きな尺鮎をGETしています

Osprey 4
     上空をゆっくりと旋回しながら獲物を探しています

Osprey 5
     これぞ「ダーウィンポーズ」です  2,3秒後には足元に・・・・・

Osprey 6
     ダイヴしました、大凡1m近くは潜っていると思われます

Osprey 7
     獲物を持って飛び出しました

Osprey 8
     足元にはがっちりと尺鮎が・・・・・

Osprey 9
     悠々と狩りを終えて食事処へ飛んで行きました。

   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2010 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ