現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

平成19年10月21日-平成20年9月28日、この日時は昨年、今年と同場所でノビタキを撮影した日時です、この事でお分かりのように今年は約20日ほど早い渡りに入っているようです、いつもお邪魔するblogでは数日前に撮影したノビタキをUPされていたので今年は全体的に早いのかと思いながら出掛けるつもりで朝起きると空はドンヨリとしてオマケに風も結構、吹いていました、条件的にあまり良くないのでどうしようかと暫くグズグズしていましたが稲刈りの状況も気になるし、取り敢えずFieldの様子だけでも見ておこうと食事をしてからいそいそと出掛けて来ました。

【和名;ノビタキ】  スズメ目 ツグミ科     学名: Saxicola torquata    全長(翼開長) 13.0cm     冬季はアフリカ大陸東部、アラビア半島、インドに渡って過ごす。日本では本州中部以北で夏鳥として繁殖し、西南日本では渡り期に見られる・・・・・と記されています。
ノビタキ1  ♂成鳥 冬羽
場所はMyFieldなので30分弱で到着です、昨年撮影した場所から観察を始めます、稲刈りはこれからといった状況で一部の田では既に刈り取られて
います、干された稲穂の周辺から双眼鏡で覗き始めると何やら保護色の物が3羽うごめいていました、良く見ると早々とタヒバリの登場です
今日の本命はノビタキなので取り敢えず記録だけは撮ってPOINTへ移動するとノビタキ2羽が昨年と同場所に居るのが確認できました

ノビタキ2a

ノビタキ3
何かこういう時はかなり緊張します、15mほどまで何とか寄って2枚ほど証拠写真を撮り、もう少し寄ろうとしたとたん飛ばれました、ただこの場所は
昨年も撮影できた場所なのであの広い田圃の中でも少ないPOINTと言っていいでしょう、何故か変に確信を持っていてここで待つことにしました

ノビタキ4
20分ほど待つと今度は3羽で戻ってきました、ラッキーなことにそこで少し纏めて撮影が出来、最短は6mほどまで向こうから寄ってくれて
こちらの方がデジスコなので慌ててしまいました、今日は開けた場所で多分、近寄れないと当初から考えてスタートからデジスコで対応した
のが良い結果に繋がりました、全体的に個体数は視野に入った物だけで多いときは10羽でしたので小さなグループでしょう

ノビタキ5
ただ残念なのは途中、頭上にチョウゲンボウが来てホバリングしてくれたのですが露出補正が間に合わずペケでした、今後稲刈りが
終了してからはここが彼等の狩り場となるのでその時、じっくりと撮ろうと思っています、午後はどうしても外せない用事があるので
12時で今日は引き上げ、短時間の鳥見でしたが楽しめました(^.^)

ノビタキ6
ヒタキ類って本当に可愛らしいですね ♪
ノビタキ7
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4

   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2008 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ