現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今しばらく遡ってこれまでに撮った鳥さんが続きますがご容赦下さいマセm(__)m

今回は蓮田のオオハシシギです
このオオハシシギは例年、茨城県の撮影地で小群が越冬しており、越冬の時期に訪れても出会いがあります、例年ですと越冬した鳥たちは渡りの時期を迎えると繁殖羽(夏羽)へと換羽して綺麗に装って北極圏の繁殖地へと旅立っていきます
ただ今年は越冬時期に訪れたのですがまったく出会えず、通常の渡りの時期に何とか出会いが叶いました、例えば群れの構成が変わったとか、これはあくまで推測の域は出ませんが今頃は繁殖地にて子育てに一生懸命なことでしょう、ただ、一つ気になることは画像を見て頂ければお解りかと思いますが強いて修正は加えず載せてありますが彼らの栄養補給地となっている蓮田には最近、「防鳥網」なる物が張り巡らされています、時にそのネットにカモたちが掛かった姿を見て正直ギョッとしました、カモたちは夜行性でそこに餌があるから集まり、悲しいかなネットに掛かってしまいます、シギチ達はどうかというと危険な事はまったく変わらないと思います、人間と鳥たち、それぞれ思いがあることですが残念な結果もあり、シギチ、カモファンの私にとっては複雑な気持ちです。

和名:【オオハシシギ】   チドリ目 シギ科    全長(翼開長) 24-30cm(46-52cm)   属名 Linmodromus   種小名 scolopaceus  英語名 Long-billed Dowitcher
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

oohasisigi 01

oohasisigi 02
      細かなかすみ網のようなネットが見えますか・・・・シギチは悪さはしないと思いますが

oohasisigi 03
      カモは蓮の新芽でも食べて被害が出るのでしょうか・・・・

                Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                    
                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今年、5/3の撮影からオオハシシギをUPします、オオハシシギはどちらかというと一見、地味なシギですがいざ夏羽に変身するとこのように美しい赤褐色に綺麗に変身します、このあたりがシギチの大きな魅力でしょうか

この撮影地の周辺では他のシギチと共にオオハシシギも小グループで昨年から越冬しており、想像するには成鳥を交え、第一回冬羽で越冬した若い個体も含めて今年初めて繁殖に参加する個体群かも知れません
時期的にソロソロ若いグループが北から元気に帰ってくる時期になるので様子を見に行ってこようかと思っています。

和名:オオハシシギ】      チドリ目 シギ科   全長(翼開長) 24-30cm(46-52cm)     属名 Linmodromus scolopaceus      英語名 Long-billed Dowitcher

     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


oohasisigi 1

oohasisigi 2

oohasisigi 3
            Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM    2011.5.3 茨城県稲敷市にて
                                                            
         パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
           http://vmc.blog43.fc2.com/

昨日9/8、列島を縦断した台風マーローは何故か耳に入る台風情報も人事のようで昼前には俄にコースが変わり急に関東直撃かと心配になりました、朝から降り始めた小雨が時間と共に次第に強さを増し、心の中では久々の恵みの雨だぁ・・などと不謹慎?なことを思っていたのはこの私で幸か不幸か台風は15時過ぎには熱帯低気圧にレベルダウンして足早に太平洋へ抜けたことで内心はホッとした次第です、ホントはこれくらいハイペースでblogの更新が出来れば良いのですが滞っていた理由は近々、ご案内をUPする予定の永年楽しんでいる趣味(道楽?)のKCJ熱帯卵生メダカ倶楽部のコンベンションが来る10/16,17日両日、昨年と同じく川崎市民プラザ1Fにて開催されます、この件については近々ポスター等にてご案内致しますのでご覧になって下さい
さて久々のblog更新となりますが今回は茨城県稲敷市へ渡りのシギチを探しに行った際、偶然に出会ったシギチの中で好きなオオハシシギをUPします、オオハシシギはどちらかというと中型のシギで今までロケの異なる場所では何度か出会って居ますが殆どが単独かあるいはごく少数の出会いでシギの中でも印象はとても大人しい感じのシギです、今回は他のシギチを撮影中、偶然に2羽で飛来した時のものでその2羽はまだ僅かに夏羽が見られる個体群でした、今回のロケーションはお世辞にも綺麗な場所とは言い難い蓮田ですがシギたちにとっては南へ帰る一時の良い休息場だったことでしょう。

【和名:オオハシシギ】      チドリ目 シギ科   全長(翼開長) 24-30cm(46-52cm)
        属名 Linmodromus scolopaceus      英語名 Long-billed Dowitcher
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


kyuukoudenn
   茨城県稲敷市

oohasisigi 1

oohasisigi 3

oohasisigi 2


oohasisigi 4

oohasisigi 5

oohasisigi 6
   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

このオオハシシギは私にとって初見初撮りです、嘴がスッと長く伸びていて背筋を伸ばしたスタイルはジシギのそれに
通ずるものを感じます、全体の色合いはご覧になっての通りとても柔らかな色合いで某有名なシギチ専門のサイト
にはホワイトグレーと表記してありました、今回UPした個体は成長の冬羽と思いますが書物等で見るオオハシシギ
の夏羽は地味な色合いの中、所々に鮮やかな紅葉を散りばめたように綺麗でした、来春は是非、実際に夏羽が
見れることを楽しみにしたいと思います。

【和名:オオハシシギ(大嘴鴫)】   チドリ目 シギ科 学名: Limnodromus scolopaceus.   TL 24.0-30.0cm WS 46-52cm
オオハシシギ

オオハシシギ1

オオハシシギ2
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4


コンペ案内

10月末の2日間、私が所属している「日本卵生メダカ倶楽部」主催において恒例の秋の展示会&オークションを以下
の日程で開催いたします、生息地はアフリカや南米に生息している非常に珍しいメダカ達で、是非この機会に一度ご覧
になって頂けたらと思い、皆様にご案内いたします

    名 称; 2007” 「日本卵生メダカ倶楽部」主催 秋季コンベティション
    日 時; 平成 19年10月27日(土)~28日(日)
    場 所; 神奈川県 川崎市民プラザ 1F/ふるさとコーナー

    内 容; * 熱帯卵生メダカ300種程度展示致します
          * 展示したメダカは全てオークションにて譲渡致します
          * 両日共、もちろんの一般見学者、歓迎致します
           * オークションについて、一般の方は参加費として1.000円で参加できます
           当日、受付で申し込み下さい。


会場には、全国の100名を越える会員が孵化から手塩をかけて育て上げたメダカを300アイテムほど展示いたします
熱帯魚ショップでは見ることの出来ない非常に希少な世界的にも珍しいメダカが身近で見れます、是非、この機会に
会場へ足を運んでいただき、色彩的にもとても美しい卵生メダカをご覧になって下さい。

尚、詳しいお問い合わせは、会の公式サイト内にある掲示板、若しくは事務局宛 E-MAILにてお問い合わせ下さい
私のBlogに直接メール頂いてもかまいません
当日、会場にお越しの際には受付で”パピリオ”と申しつけ下さい、私がご案内致します。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ