現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

8月お盆前からいつもの干潟に足を運び始めたのですがその頃はまだカモメ類も少なく寂しい干潟でした
その後、得られる状況を気にしながら今か今かと渡りのシギチの到着を待っていました
それから1週間後に干潟を訪ねてみるとオオソリハシシギやミユビシギ等が徐々に到着し始め、徐々にですが干潟が
賑わい始めて来ました
この干潟にお邪魔する際、いつもお会いする先輩から早くトウネンやハマシギの群れが到着すれば時期的に様々な
シギチが期待出来るのだがなぁ・・・・・と様子は伺っていました
やはり永年、干潟を観察しているとシギチの種間でも早く到着するグループと遅めのグループがあることが分かります
今回、UPするキリアイは少し遅めの到着組でしょうか、今回は残念ながら身内でのグループ移動ではなく
幼鳥と云うこともあってハマシギのグループに同行してきたようです
昨年は9月の初旬に数羽のグループと出会えましたが今回は1羽の幼鳥ですがやはり毎年、出会いたいシギチの
一つで私にとっては嬉しい出会いでした
私が鳥見を始めた頃は海老名市の町中の田圃で難なく出会えたキリアイでしたが今から思えば「魔法の田圃」でした
またその頃は何も分からずいつでも出会えるシギチと思っていましたが年々飛来する数が減り、その内「珍鳥」扱いに
成らないことを願うばかりです。

【和名:キリアイ】      チドリ目 シギ科     全長(翼開長) 16-18cm(37-39cm)
亜種名 sibirica    属名 Limicola falcinellus      英語名 Broad-billed Sandpiper

     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


kiriai 1
   前から是非撮りたい撮りたいと思っていたエンゼルポーズが撮れました(^_-)

kiriai 2
     チョッと背中のV字ラインが見えるかな・・・・・

kiriai 3
       頭部の立て筋のラインが印象的だね

miyubisigi&kiriai
        こんな2ショットも良いでしょう(ミユビシギ&キリアイ)

kiriai 4
       未だ少し夏羽の面影が残るミユビシギたちと波打ち際で採餌に大忙しでした
                  Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                                      
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                   http://vmc.blog43.fc2.com/

私があらためてシギチを見始めたのは今年の5月の頃からで、今回ご紹介する”キリアイ”を初めて見たのはこのお盆に
入ってからで、その時に出かけたある干潟で初めて6羽を見た時からこの鳥が好きになりました
特に目の上から頭部にかけて二つに分かれる眉斑が何処かのお兄さん?の剃り込みというか、濃淡の濃い部分のラ
インがとてもシャープで印象的でした、嘴は先がチョット下にカーブしているのが特徴的で自身でも識別が容易に出来
るようになりました、大きさもシギの仲間でも小柄で雀より少し大きいくらいで干潟で目の辺りにするととても可愛いら
しいシギです、私にとってはその時が初見であり、先輩からはそうは出会う機会の多くないシギだとFieldで教わりました
その年により多い少ないはあるにしても出逢いはとてもラッキーだったようです、来年のことを言うと笑われるかもしれませ
んが再びこの干潟で会えることを期待して・・・・・・。

【和名:キリアイ(錐合)】   チドリ目 シギ科 学名: Limicola falcinellus a   TL 16.0-18.0cm WS 37-39cm
キリアイ2

キリアイ1

キリアイ3
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ