現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

毎年、暑い8月は鳥枯れ?でこれと云った鳥が見られません、ただ時期的には丁度、シギチの渡りとお盆休みの時期とが重なることもあって、最近では珍しい町の中にある休耕田に出かけてきました、休耕田に着くと数人のCマンが居てムナグロやコチドリを撮っています、私もデジスコをSetして田圃の端の方から見ていくとこの時期、ここでよく見かけるクサシギが2羽忙しなく餌を漁っているのが見えます、クサシギやタカブシギ等は派手さこそありませんが好きなシギチです、クサシギはタカブシギに比べると散りばめられたスポットの数こそ少な目ですが水辺に写る姿はとても印象に残りました。今回使用したデジスコもたまに使うとなかなかピンを掴むのが難しいのですが全体に軽くて、とても撮影が楽で良い感じです。

【和名:クサシギ】    チドリ目 シギ科      学名: Tringa ochropus    全長(翼開長) 21-24cm(57-61cm)
くさしぎ1

くさしぎ2

くさしぎ3

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : TurboAdapter BR-W300
デジタルカメラ :SONY/Cybershot DSC-W300

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

この同じ田園でお盆の休みに訪れた時、体全体にスポット模様を散りばめたシギを目撃したが見た瞬間、タカブシギと
直感したのだがすぐに飛ばれ、なおさら私の直感なのでどうも説得力がない・・・・何でこんな書き出しかというと今回
UPするシギは特に珍しいシギではないがいつもblogにUPする前には必ず本でチェックするのだがそんなクサシギの写真
を見ていたら「夏羽」が載っていて、これが遠目に見るとよく似ているのです、でもどちらかというとタカブシギの方が色合い
にメリハリがあり、品があるかな?そんな悩ましいシギチの仲間ですが特に冬羽、夏羽、♂、♀、幼鳥と全ての成長期
や季節によって見た感じがガラッと変わる種類も少なくない、この辺りが他の鳥に比べて識別が難しいと言われる所以で
あり、おかしなものでこれが見慣れて目が落ち着いてくると嵌ってしまうのかもしれない(嵌りそう・・・)

【和名:クサシギ 】   チドリ目 シギ科 学名: Tringa ochropus   TL 21-24.0cm WS 57-61cm
クサシギ1

クサシギ2

クサシギ3

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ