現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

 シロハラクイナは、沖縄本島や八重山の島々では何度も出会いがあり、生息数はとても多い。
   車で市街地の外れや農道や民家の密集した集落でもかなり頻繁に路上をスタコラと歩いている。
    ただ警戒心がメチャクチャ強いのであっという間に茂みに入ってしまう。

  私の中ではなかなかジックリ撮らせてくれない鳥だ。

  時に道路際の草むらや茂みの中から「クワッ、クワッ、クワッ、クワッ」と大きな警戒音が聴こえてくる。
    シロハラクイナの繁殖シーズンは5月でこの時期はヒナがいたりすると特に警戒心が強い。

  だけど何故かあのドサ廻りの役者みたいな白塗りのお顔とお尻を上下にヒョコヒョコ歩く姿が好きなんです。

和名:【シロハラクイナ】   ツル目  クイナ科     全長 28-33 cm      翼開長 49 cm       属名 Amaurornis
              小種名 phoenicurus           英語名 White breasted Waterhen

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

Siroharakuina 01
     この時は朝食前にバンナ岳の麓を走っていた時、この木の上で2羽で戯れていたのをお邪魔虫してしまった(反省!)

Siroharakuina 02
     たぶんこちらが彼女だと思う(定かではない)が一足先にお逃げになった(笑)

Siroharakuina 03
    こちらがイケメンの彼氏かも知れない(チョッとおっとりタイプ) 何故?彼氏なのに白塗りかって・・・私に聞かないで下さい。

Siroharakuina 04
      道路側に飛び出た彼女風・・・・・(識別に自信はなし)


     北部を車で移動中、見かけて車をバックさせて観察した個体で距離は20mは・・・・・・。


      これはまた別な場所で他の鳥を観察中に何を思ったか至近距離で・・・・・(ノートリです)

    シロハラクイナは至る所で出会うがたまたま島の北側の牧場の隅でシマアカモズを撮っていた時
          親が真っ黒な雛を3羽連れて出て来たが目と目があって嫌われてしまい粘ったがそれでお仕舞い。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

先月、行って実際に見れるかどうか半信半疑で出かけた埼玉県、某市の河川敷である、昨年5羽、今年4羽と
連続して繁殖が続いており、ほぼ定着した感がある、実際にはもう少し前より迷鳥として関東にも姿を見せていた
ようで一部の方々には知られていたようだが基本的には沖縄が生息地で確実に定着したとなるとこの所、云われ
続けている温暖化の影響は間違いなく生態系にも影響?が出ていると思われます。

【和名:シロハラクイナ】 ツル目 クイナ科 学名: Amaurornis phoenicurus TL 28.0-33.0cm WS 49.0cm
シロハラクイナ親
成鳥(親鳥)
シロハラクイナ雛
真っ黒クロスケの雛鳥

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50










| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ