現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

毎度ですが更新が遅くなってスミマセンm(__)m
在庫からですが昨年暮れに出掛けた栃木県のアカハシハジロの帰りに寄った公園の出来事です、此処には以前何度か訪れたことのある場所でその公園は手入れの行き過ぎた都市公園と違って自然を上手にそのまま残した公園でこの辺りもその土地の自然を上手く残しています、広さもそれなりにあるのですが遊歩道?は人の擦れ違いが何とか出来るくらいの広さで小鳥たちの餌となる雑草?も周辺に適当にあって以前訪れた時はミヤマホオジロの小群が誰もいない静かな場所で餌を啄んでいたりと私には強烈な印象が残っています、この時も出来るだけ音を立てず静かに散策していたら足元からガサがサッと一気に飛び上がりこちらの方が不意を突かれてビックリしました、その鳥の正体はトラツグミで嬉しい出会いでした、樹上でトラツグミは微妙だに動かず時間にして30分ほど待ちましたがこちらがフト目線を外した際に離れた草むらに飛び降りてしまい見失ってしまいました。
和名:【トラツグミ】    スズメ目 ツグミ科        全長(翼開長) 29.5cm      属名 Zoothera  種小名 dauma                亜種名 aurea      英語名 Scaly Thrush

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!




                                      2014.Dec.9   観察地:栃木県藤岡市

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

道東のレポートが長引いてしまい、それまで撮り貯めたものが溜まっていますので早足でご紹介していきます

今回は冬の季節の訪れと共に毎年、小さな都市公園の片隅に律儀に訪れてくれるトラツグミをUPします

此処は普段は地元の方が散歩に訪れる小さな流れがあるとても静かな公園でトラツグミは小高な竹林がある一角に居ることが多く、脅かさなければ比較的容易に出会えてとても身近な存在です、身体全体は独特のトラ模様の風貌である時は小刻みに足早に走り、ある時は腰を小刻みに前後に動かし俗に言うトラダンスとも言われ、とてもユニークな仕草でバーダーにも人気のある鳥です、時期になると何故か必ず会いたい鳥さんでもあります。

和名:【トラツグミ】    スズメ目 ツグミ科        全長(翼開長) 29.5cm      属名 Zoothera  種小名 dauma                亜種名 aurea      英語名 Scaly Thrush

         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


toratsugumi 001

toratsugumi 002

toratsugumi 003
           私をジッと見つめないで下さい  目が廻りますよ(^_-)

toratsugumi 004

toratsugumi 005
         2012.2月 神奈川県相模原市にて

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

例年、冬鳥の時期になると出会っておきたい鳥さんの1つがトラツグミです、出来ればMyFieldで出会いたいと思いつつ通っていました、トラツグミはバーダーの方ならイザ知らず一般の方にはなかなか目が向かないこともあってか、その知名度はかなり低いように思います、逆にバーダーには特に人気の高い鳥でもあります、全体は黄金色に染まり、複雑な黒のドット模様でまさにトラ模様であり、大きな円らな目?でご本人は何というか分かりませんが目立つ容姿です(笑)
のんびり鳥見の時などは例年のデータを見たりして鳥見の場所を決めるのですが一年経つとfieldの様子も結構、変っているものです、今回のトラツグミとの出会いは3度目の正直というか、やっとまともに撮ることが出来ました、私の場合、年末に出会ったのが初見でトラさんの訪れは確認していたのですがトラツグミが好んで入る場所というのは比較的、都市公園等が多く、早朝などは朝の散歩やお供のワンコ等で大抵待っていても飛ばされるかトラさんが警戒して出てきません、このような微妙なfieldでのバランスが時にもうチョットと云うところで逃したときなどは正直、心中複雑です(笑)こればかりはお互い権利等を主張し合ったのでは良い結果が出る筈もありませんし、中には状況を察して迂回してくれる方もおります、こんな時には素直に「声を出して」感謝するようにしており、双方上手く共存出来れば良いなと思っています。
この日、出会ったトラツグミは極度な警戒心もなく5~10mの距離まで寄ってくれ、大サービスでした、どの場所の鳥見でもそうですが特に慣れないfield等では”鳥の移動コース上”に三脚をドカッとセットして待てど暮らせど鳥が出ないと云う話を良く聞きます、この辺りもまずは地元の方にチョットご挨拶でもして聞いて見ると良いかもしれませんね、何れにしてもバーダー個々のチョットした気遣いも必要だと思います。

【和名:トラツグミ】      スズメ目 ツグミ科    全長(翼開長) 29.5cm        属名 Zoothera dauma
                   属名亜種名 aurea       英語名 Scaly Thrush
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


torstsugumi  1

torstsugumi  2

torstsugumi  3

torstsugumi  4

torstsugumi  5
       Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM
       2011.JAN. 横浜市**区にて

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

つい最近、別の場所でトラちゃんに出会いましたが何か変なものでいつも出会っている場所で会うと妙にホッとします
今年は色々とアクシデントがあったと聞いていますがいつもの場所で落ち着いていることを確認して何故か安心しました。

【和名;トラツグミ】  スズメ目 ツグミ科     学名: Zoothera dauma    全長(翼開長) 29.5cm
toratsugumi 1

toratsugumi 2

toratsugumi 3

toratsugumi 4

toratsugumi 5
  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

今日は朝、起きてみると予報より空が明るく、これは午前中くらい持つかと早めに食事を済ませて出かけた、場所はこのところ気に
なっていた所で、昨年も同じ時期に出会っている、今日の目的はトラツグミです、休日で道路も空いていて30分ほどで到着する

【和名: トラツグミ】  スズメ目 ツグミ科    学名: Zoothera dauma TL 29.5cm トラツグミa
この写真からトラツグミが何処に潜んでいるか分かりますか?中央に頭を左に向けています(よ~く見て下さい)
トラツグミb
すでに数人のカメラマンが居るが全く出ていないようだ、しばらく待ってみるが変化なしなので森の中を散策するがヒヨやシジュウカラが
飛び回り、時々足下からシロハラが驚いて飛び立つ、散々待ったが時計は12時近くとなり、此処で粘るかそれとも河原に行こうかと
迷っていて最後に元のポイントへ回ったが特に変化なしだが・・・・・
トラツグミc
少し雑談している時、俄に状況が一変した何も見えなかった草むらからトラツグミが動き出したようだ、そこは大勢の目が向いていた
場所でかれこれ3時間変化がなかったと言うことだ、やはり普段も粘らなくてはと痛感するトラツグミf
ただ、なかなか全身が見えるところまで出てこない、右に動いてくれれば少し木漏れ日が入り何とか映るんだがと勝手に思うがこれが
皮肉に左へ行くのである、益々見えずらくなってしまった、そうかと思ったら最後には大きな木の股へ飛び移った、あとで分かったがその
樹の又には小さな水たまりがあり、彼はそれを知っていて飲みに行ったのだった、残念ながらそこは逆光でカメラ、音痴の私は露出を
間違えてペケにしてしまった・・・・・あぁ~~(修行が足りん)
トラツグミe
最後には樹から地上に降りて擬態したまま30分以上動かず、今日はここまで~とその場をあとにしました・・・・・
その後、何処へ行ったかって・・・・・内緒!だよ~(^.^)
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

このトラツグミは年明けから間もなくあるこじんまりとした公園で撮ったもので、やや薄暗い場所から出てきた彼は噂に
聞いた独特のツグミダンスをしながらの登場でした、登場といっても私ともう一人のカメラマンが客として居ただけで
チョッピリ、彼のダンスにも力が入っていなかったようでした(^.^)
そうこうしている内にこちらの気持ちを知ってか知らずかどんどんと近づいてきて撮影距離の限界も超えるほど近づき
レリーズは押したことは押したのですが殆どボケの連続でした、そんな時、散歩の人が大きな声で話しながら上がって
きて彼はその声に反応して一瞬のうちに飛び去ってしまいました
その日は彼との出逢いはそれっきりで敢え無くサヨウナラの巻でした、散歩の人には罪はありませんが同じ場にいても
次元が違ったんでしょう
次回、何処かで逢った時にはバッチリ撮ってみたいと思っていますm(__)m

【和名:トラツグミ】    学名: Turdus dauma.    スズメ目ツグミ科   TL 29.5cm
トラツグミ
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ