現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

キジは我が家から5~10分の所でこの時期は容易に見られます、特にこの時期は繁殖時期に入り♂は特に活発に活動し、♀にラブコールを送り続けます、先日、他の目的で早朝にfieldを訪れた時、近くであの独特の「ケ~ン、ケ~ン」という鳴き声が聞こえてきました、少し朝靄で靄っていましたが少し近寄って観察していると体力消耗運動?の「母衣打ち=ホロウチ」をやってくれたので少々暗いですが写真に納めてきました、特に母衣打ちまでの一連の動作はある程度パターン化していますので大凡、見当がと付きますのでそれを写真に納めこと自体は特に難しくありません、この興味深い母衣打ちのパターンは「ケ~ン、ケ~ン」と2回鳴いてから一連の動作に入り、大きく胸を張った最後のクライマックス時には一生懸命のあまり、バランスを崩して前のめりや尻餅を付くことが時々ありますので笑えます。

【和名:キジ】     キジ目 キジ科     属名 Phasianus 英語名 Wryneck     全長(翼開長)雄 80cm 雌 60cm 英語名 Japanese (Green) Pheasant           
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

kiji 1    別のfieldにて撮影

kiji 2      ここで「ケ~ン、ケ~ン」と2回、鳴いてから・・・・・パタパタです(^.^)

kiji 3      掛け声かけてセ~~ノ!!

kiji 4      イェッイ!!

kiji 5      オットト、セーフでしたぁ (^.^)

           Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

自宅から30分ほどのFieldですが何となくキジが気になります、ここへ足を運ぶとほぼ毎回、期待を裏切らず元気な仕草を見せてくれます、このFieldは見通しの利く多少アップダウンのあるところで行った時は見えなくとも少し待てば必ず姿を見せてくれるところで、毎回通っているとキジの♂、♀独特の動きが分かってきます、ソロソロ家族が増えているころでしょう。

【和名:キジ】    キジ目 キジ科    学名: Phasianus colchicus   全長(翼開長) 雄 80cm 雌 60cm
kiji 1

kiji 2

kiji 3

kiji 4

kiji 5
  SIGMA 50-500mmF4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                 http://vmc.blog43.fc2.com/

しばらく前にキジを取り上げましたがその頃は中々、キジと出会えず、ヤキモキしていた頃でしたがその後、堰を切ったように行く先々でキジに出会うことが出来ました、やはり繁殖の時期を向かえて活性が上がってきたのが要因でしょう、今年は自宅近くのFieldは1羽の♂しか見れず、今年見つけたFieldは見通しの良いところに3羽の♂がテリトリーを持っていてその中を雌が行き来していて、通常はぺアで見かけることが多いのですが一度だけ、♂1が♀2を連れて居るのを見かけたことがあります、何処の世界でもモテるお方はいるものです(ウラヤマシ~)

和名【キジ】  キジ目 キジ科     学名: Phasianus colchicus      全長(翼開長) 雄 80.0cm 雌 60.0cm
雉きじ a
この時期、キジの母衣打ちをあちこちで見る機会が良くあります、良い角度でやってくれると良いのですがこちらの願いは通じません、何時もは人気配を感ずると素早く草むらに身を潜めてジッと固まってしまいます
雉きじ b
 そう言えば諺に「雉が鳴き騒ぐと地震有り」と言う、言い伝えがありますが最近、そんな要素が多いような気がします。
雉きじ c

雉きじ d
この時期はテリトリー内のお気に入りの小高いところに上がって、オスがメスを呼ぶための『ホロうち』を始めますケーン・ケーンと甲高く鳴いて、風切り羽根を思い切り広げて体全体で背伸びをしながらバタバタバタと羽ばたきます、目一杯の力で行うのでホロを打ち終わったとたんに蹌踉けるやつも居て笑えます
雉きじ e
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。  も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


今年も3月中旬になろうとしていた頃、自宅近くの畑でケーン、ケーンと大きな鳴き声で鳴いていたのを確認していて、その後も時間があるごとに畑に足を運んでいたのですが全くキジの姿を見ることが出来ず、何か喉の奥に詰まった状態でいました、先日、時おり出かける農耕地でヒバリを撮っていると傍でキジが鳴き始めましたが聞こえてくる方向は確認しづらい所からで姿は見えませんでした、丁度お昼時だったので草むらに腰を下ろしてノンビリ食事をしていると携帯に友人からコールがあり、暫し話をしていると前方にそんな時に限ってノコノコと距離はあるもののペアーがお出ましとなりました、何かあっけなく出会うことが出来、チョッと拍子抜けの感がありました、その日は計4羽♂のキジがそれから見れました、やはりこの時期には日本の国鳥さんでもある、キジさんには会いなぁと思います
そんな身近でキジや他の鳥がいつでも見れる自然を子供達にも残してあげて欲しいと思います。

和名【キジ】  キジ目 キジ科     学名: Phasianus colchicus      全長(翼開長) 雄 80.0cm 雌 60.0cm
キジa

キジb

キジc

キジd

キジe
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。  も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


先日、Myfield でワセミを撮った帰り、すぐ近くに置いてある車の横まで来て、いざ後部のハッチを
開けようと後ろに回ったらすぐ左の畑にいたキジの親子と目があった、お互いに一瞬動きが取れず
”無”の心境である、別に脅かすつもりじゃなかったんだけれどなぁ・・・

【和名:キジ】    学名: Phasianus colchicus    キジ目キジ科      TL ♀60.0cm
きじ

きじ2
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50


今日は昨晩の雨が嘘のように晴れ上がり、朝から上天気ですこの所ズッと考えていた近所の里山へキジを
撮りに行こうと朝食を早々に済ませて出かけて来ました、行程10分で着くホンのご近所です、昨年来、何度
かキジを目撃している場所があるのでそこから覗きに行く事にする
周りはキャベツ畑だPOINTに着く手前から車の窓を開けてゆっくりと車を進めるとすでにケン、ケ~ンとキジ
独特の鳴き声が聞こえる、車内から双眼鏡で声の方向を見るとキャベツ畑の淵にキジが出ていてボォッと
している?、静かに車外に出て観察しようとしたら感づかれてしまい畑の中の方に入ってしまった、まぁいる
ことが分かったので手早くスコープをSetして反対側へ足早に向かう、案の定、思った所に出てきた所を激写?する

【和名:キジ】    学名: Phasianus colchicus    キジ目キジ科      TL ♂80.0、♀60.0cm
キジ1

キジ2

キジ3
お昼前にもう一つのPOINTへ移動する、ここでは最初から♂と♀のペアを見つけた、少しずつ気づかれないように
距離をつめて行き楽に撮れる場所まで行くともう1羽の雌が出てきた、丁度ペアリングの時期でキジは♀が渡り歩き
気に入った♂を選ぶようである
今日の出来事を全て書くと長くなるがキジと一日遊んで貰え、ホロ打ちも見れたし、そこそこ画像が撮れて最高の
一日でした
ただ、色白?が陽に焼けました(顔も腕も・・・真っ赤!)

キジ4

キジ5

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ