現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

このところ、鳥見に出かけられずストレスが溜まっています、家には居ますが・・・豚インフで自宅待機ではありませんので・・・・・(笑)
そんなわけで今回も在庫からUPします、この所、シギが続きましたので今回はチドリです・・・・・とまぁ、こんな書き方をするとオォ珍し系かと思われますがいつものコチちゃんです、コチドリは田園や河川敷等では良く会いますが干潟では余り会った記憶がありません、まぁ居ても可笑しくはないのですがたまたまでしょう、今の時期は繁殖期なので動きは結構活発です、トレードマークのアイリングも普段より念入りにメークしたのでしょうか輝いています、コチちゃん、入り江の砂地を急に走ったかと思うと急ブレーキで方向転換をして徐にチョンチョンと砂地を突つき、再び全力疾走です、ホントにご苦労様です・・・・・まぁ、これがコチちゃんの魅力でしょう。

【和名:コチドリ】    チドリ目 チドリ科    学名: Charadrius dubius    全長(翼開長) 14-17cm(42-48cm) kotidori 1

kotidori 2

kotidori 3

kotidori 4

kotidori 5

kotidori 6                   
     たぶんカップルでしょう(日本式?)
  SIGMA 50-500mmF4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
※ 待望の薔薇が咲き始めました、少しずつUPしていきます
       http://vmc.blog43.fc2.com/

今年は4月12日にこのコチドリを初見することが出来た、早い方は3月下旬に出会っているようですがまずまず順調でしょうか、如何せん個体が小さく、広いFieldではよ~く隅々まで観察しないとまだまだ到着の数が少ないので見落としがちです、今回UPした5枚の内、1,2,3枚目は潮の引いた干潟で出会ったもので、4,5枚目は近所の畑でヒバリを撮っていたときのもので、よく見たら居眠りをしていた個体です、直ぐには気がつかなかったのですが最終的には計5羽、確認できました、続々と渡って来ているようで様々な鳥さんがあちこちのblogでリポートされていて、それを見るたびに正直、ソワソワしてきちゃいます・・・・・目のゴールデンリングが良い~~ね!!

本来は先に送り出してあげる鳥さんをUPしていきたいのですが時に迎入れも交えながら紹介していこうと思っています。

【和名;コチドリ】  チドリ目 チドリ科    学名: Charadrius dubius  全長(翼開長) 14.0-17.0cm(42.0-48.0cm)
コチドリa

コチドリb

コチドリc

コチドリd
自宅近くの畑にて目撃 1
コチドリe
自宅近くの畑にて目撃 2
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】



今回は少し前の写真です、場所は市街地の片隅に位置する、休耕田での1シーンです、ここは歩いて数分の所に
駅前の繁華街があったりと、チョット面白いロケーションでこの休耕田のすぐ脇には大きな建物があったりとかなり?な
場所です、私は何時も休耕田の際にある駐車場に車を止めて少し遠目から観察をし始めます、この時はちょうどコ
チドリをはじめトウネン、キリアイ、サギ類と訪れていて見ていても飽きません、幸いなことにそこから撮影するにもまず
まずの距離で今までのんびりとコチドリを撮ったことがなかったこともあり、良い機会でしたのでのんびりと撮影が出来
ました・・・・出来ましたと云っても良い写真とは限りませんから・・・・・・(笑)

【和名:コチドリ-小千鳥】  学名:Charadrius dubius  チドリ目 チドリ科   TL 14.0-17.0cm  WS 42.0-48.0cm
コチドリ1

コチドリ2

コチドリ3
NIKON ED82                                                  神奈川県/海老名市
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4



前回、この干潟を訪れてから暫くぶりの訪問です、季節の移り変わりと共に干潟の顔ぶれも賑やかになり、しかもこれだけ
広い干潟で観察していると少し時間が経つと顔ぶれが変わっていることすらあります
コチドリは名前からしてチョッピリ小粒であり、目の黄色いリングがとてもチャーミングで特に目の周りと胸の黒色部が素敵な
アクセントとなっており、一目見たら覚えてしまいます
こんな言い方をすると叱られるかも知れませんが泣き方は私には下手な口笛を吹いたようにも聞こえますがあの開けた干潟で
聞くと不思議に鳴き声は良く通り、大らかな気持ちにしてくれます。

【和名:コチドリ】    学名:Charadrius dubius    チドリ目チドリ科     TL 14.0-17.0cm(42.0-48.0cm)
コチドリ1


コチドリ2
これまたチョコマカ良く動き回り、ピント合わせに集中していると気持ちが悪くなります (ホント!)

コチドリ3
可愛いでしょう(^.^)
 
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ