現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

この日は目的の鳥を期待して日の出前に河原に到着。
私らしくないブラインシートなんぞを張りイスに座って待機していました。
当日は日の出は6:51、晴れで空は一気に白けてきていますが。
まだ太陽はまだ東方向から上がって来ずシャッター速度は一桁。
そんな時、前方の葦原の茂みの中で何やら動く気配が。
当初、頭だけがチラチラ見えていたが全体は見えなかった。
息を飲み肩に力が入っが出て来た鳥はこちらの目的とは違う鳥だった。
損をした何んて云っていると罰が当たるかも。
でもクイナには申し訳ないが「もうホントガックリ」でした・・・。

以前鳥友から教えて貰ったことで名前の由来は「喰い鳴き」が転じたものだと。
なるほどなぁ・・日本人は命名が上手いだと・・・思った次第です。

と言う訳で前回の「ヒクイナ」と話が前後しますがあらためてクイナですm(__)m

【和名:クイナ】     ツル目 クイナ科     属名 Rallus aquaticus    英語名 Water Rail         全長(翼開長) 28-29cm(38-45cm)
            
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

kuina 001
    早朝でまだ光量が乏しい中、ソロリソロリと用心深く葦の端を伝うように全体を表しました。

kuina 002
   何か餌はないかと時折、採餌する仕草をしながら葦沿いに進みます。

kuina 003
   この頃はだいぶ明るくなり、クイナもよく見えるようになってきました
   よく見るとなかなか素敵な色合いの野鳥です。

kuina 004
 途中足早に脱兎の如く走り抜けて行き、クイナの仲間独特の尾をピンと立てます飛ぶことは稀な鳥です。
       
kuina 005
    この時期のクイナは嘴が上は黒く下は赤で顔の周りは青味を帯びた褐色で後方はアクセントの
    黒い横縞が入り、腹部はオオクイナやヤンバルのそれに似ていてとても綺麗です。

                      Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & / IS USM         
               パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/

このクイナは里山の片隅にあるごく小さな水辺でひっそりと暮ら(生息)しています、クイナはとても警戒心が強く物音や人の気配にはとても敏感で、一度驚くと半日でも草陰や葦の中でジッと身じろぎもせず、姿を潜めてしまいます、そんなことで近くに潜んでいてもなかなか出会う機会の少ない鳥です、このところ何度か通っていましたが惨敗続きで余り期待せずに寄ってみたところ僅かな時間でした思いがけず出会いがやっと叶いました、この場所は地元の散策の方もよく訪れる場所で特にクイナ目的でない方もよく訪れます、この日は午後も遅くなった時間には私一人となり、その後もうお二方男女のバーダーの方が来られ簡単な会釈のみで静かに水辺に目を向けていました、その時です、葦の中からツツツと”役者さん”がお目見えし、思わずシャッターを切りましたがそんな音さえ、その場に全く相応しくない無粋な出来事のようにも感じました、静まりかえった水辺は風もなく綺麗な水鏡の中、10分ほどでしたがクイナのリラックスした様子を至近距離で観察することが出来ました、その後ワンコずれの散歩の方が近づいて来たとき危険を察したのか一気に元の葦原に飛び込みました、クイナとの出会いはほんの束の間の時間でしたがこの環境がいつまでも続くことを願うばかりです。

【和名:クイナ】     ツル目 クイナ科     属名 Rallus aquaticus    英語名 Water Rail      全長(翼開長) 28-29cm(38-45cm)             
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

kuina 1
     緑バックの水鏡にウットリしちゃいます

kuina 2

kuina 3
     リラックスムード一杯ですね

kuina 4
     犬の鳴き声に驚き一目散に葦原へ戻るシーン

           Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

このクイナは今回で2回目の遭遇です、というのも前回は葦の中にいてかすかに確認できる程度でなかなか中から
出てこず、その時は時間もなかったこともあり、あらためて全貌を見るのはこれが初めてでした
クイナはしばらく前にこのblogへいつも遊びに来て頂いているgreenshankさんの所で見せて頂いていたのでイメージは
持っていましたが実際に目の当たりにすると茶系で地味ですがコントラストの綺麗な鳥でした

【和名:クイナ】   学名: Rallus aquaticus     ツル目クイナ科    TL 28.0-29.0cm(38.0-45.0cm)
クイナ1
何を隠そう、実はこのクイナ、撮ろうとして撮れたのではなく、丁度お昼時にベンチに座って沼のカモを見ながらオニギリを
頬張っていたらスズメが5,6m前の沼地が少し開けた所の葦を突き始めたので悪戯半分に三脚を低くして座った位置
からデジしていたら偶然に出てきて、サービスしてくれたモノです

クイナ2
地味ですが綺麗でしょう・・・・・
クイナ3
何か最近はとても着きに恵まれているように思いますが・・・(^.^)
お次は何が出てくるでしょう。。。。。。

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ