現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

やはり3月桜の時期となると彼方此方でレンジャクのNewsが聞こえてくる、まぁ聞こえてきたと云ってもその翌日タイミング良く出掛けられる訳では無いのでいつものまぁ、良いか・・・である(笑)
その週末は珍しく前日から久々に都下の外れの公園に行って見ようと思い立ち特に情報も無く出掛けた、現地には七時少し前に着き例年、実績のあるPointに行くとすでに3名のCマンが待機していた、様子からレンジャクはまだ見られていないようでこの日は午前中は待ってみようと思っていた、その内Cマンも10名ほどになったが鳥の動きも無いのでヤブラン様子見がてら散策してみたが茎にはポツポツ程度で余り期待は持てなかった、かれこれ1時間半ほど立った頃林の奥に小群が飛びかうのが見え双眼鏡で覗くと紛れもなく尾羽の先が赤いヒレンジャクだ、その様子は枝に留まって暫くすると地表の藪の中に潜ってしまい、暫く見えなくなる、多分そこはヤブランの実が多く人に干渉されない彼らにとって安全圏であるのだろうなどと想像していたら一気にかなり近くの高い枝に8羽のグループが留まった、ここで一斉にCマン等は依り近くへと移動し、私のレンズからは距離があり動こうかと迷ったがその場に留まった、そこからレンズ越しに覗いてみても枝被りが酷くシャッターは数切れ無い状態で待つしか無かった、それからラッキーなことにその内の2羽が私に近い木に寄ってくれ地上の数少ないヤブランの実を採餌し、ヒレンジャクはその後ケヤキの新芽などを盛んに食べ始めた、私にとっては珍しく被りが殆ど無くそれなりに撮れたのが今回の写真だ。

【和名:ヒレンジャク】       スズメ目  レンジャク科       全長 17~18cm       属名 Bombycilla    種小名 japonica      英名 Japanes Waxwing
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

hirenjyaku 01
     幸か私の廻りにはCマンは誰もおらず周囲を少しづつ移動しながら撮影が出来た。

hirenjyaku 02
     ヒレンジャクも心なしかリラックスしていてあまり動きはなかった。

hirenjyaku 03

hirenjyaku 04

hirenjyaku 05
     私は勉強不足で知らなかったのだがヒ、キレンジャクの識別というか部位の違いで「冠羽」があり
     ヒレンジャクは冠羽の先が黒く、キレンジャクは白い・・・そう云われてみれば・・・・誰ですか
     尾羽の色だけだなんて云っているのはねぇ・・・もう少し勉強します(反省!)

hirenjyaku 06
     見た目に実が少ないようだが地表には熟した実がかなり落ちているようだった。

hirenjyaku 07
     このように群れで欅の実?新芽?を盛んに食べているのが見られました。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/

まだか、まだかと首を長くして待ち望んでいたヒレンジャクがついに身近に渡来してくれました、よく話題にのぼる話ですがレンジャクの渡来はその年々によって様々で全く渡ってこない年もあります、それは渡りのルートとか彼らの食生活に大いに影響のある餌の実りの問題等に大きく関係あり、それを左右する「気候」がやはりネックとなっているのではないでしょうか・・・・・
昨年はあちらこちらでキレンジャクと混合でかなりの個体数が観察され暫くの間バーダーを楽しませてくれました、ただ例年2月初旬から飛来するものが今年は4月の桜の季節も通り過ぎて辛うじて単発に来ていたようですが纏まった数は見られませんでした、流石、もうダメかと諦めはじめていたそんな数日前、鳥友からレンジャク飛来の一報が入り、勇んで出かけてきました,当日は都合で午後から現地に出向いたのですが何時ものpointには見あたらず、午前中は公園のエリア外に行っていたようで一時的に戻ってこず、一瞬、不安になりましたがその後、三々五々、レンジャク達が戻って来てくれました。

【和名:ヒレンジャク】     スズメ目 レンジャク科     属名 Bombycilla japonica           英語名 Japanese Waxwing                全長(翼開長) 18cm             
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

hirennjyaku 1

hirennjyaku 2

hirennjyaku 3

hirennjyaku 4

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : TurboAdapter BR-W300
デジタルカメラ :SONY/Cybershot DSC-W300

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

昨年は姿を見せなかったヒレンジャク、今年は2月の1週目あたりからボチボチ、目撃情報が出始め実績のあるポイントを中心にその後、あちらこちらで一気に群が入って来たような感じです、また今年の特徴は場所によってはキレンジャクの方が数が多い場所もあるようです、この日は朝方は霧が濃く写真もモヤっていて折角写っていても解像度が悪く、モヤッとした感じがあります、UPした中にもそんな写真がありますがお許し下さいませ、また今回はUPしておりませんが他場所で私も辛うじてキレンジャクも撮影出来ておりますがお見せるレベルではありません(残念!)
レンジャク人気、冷めるどころかまだまだ加熱していて何処も大勢のカメラマンで賑わっています。

【和名;ヒレンジャク】    スズメ目 レンジャク科    学名: Bombycilla japonica      全長(翼開長) 18cm
hirenjyaku 1

hirenjyaku 2

hirenjyaku 3

hirenjyaku 4

hirenjyaku 5

hirenjyaku 6

hirenjyaku 7
  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

このヒレンジャクは半月ほど前にさいたま市で撮ったモノですがチョッと考えがあって自身のBlogへのデビューを
どのタイミングにしようかと考えていました、というのも地元にもヒレンジャクが来ているのでそれを撮ってからと
思っていたのですがなかなかタイミングが合わず、カッコを付けていると旬がズレてしまい折角のヒレンジャクが
色あせてボツになり兼ねないので慌ててUPしました(アセアセ・・)

【和名:ヒレンジャク】   学名: Bombycilla japonica    スズメ目 レンジャク科     TL 17.0-18.0cm
レンジャク4
この日は穏やかで暖かな日でした、広い公園内を散策していて途中、地元のバーダーの方とアカゲラの所で立ち話を
していたらその方の携帯が鳴り、ヒレンジャクが来たよ・・とのことで丁度、そのヤドリギまでは歩いても2~3分の所でしたので
御一緒にと誘って頂いたので行ってみたら5羽来ていて丁度、ヤドリギの実を食べていました

レンジャク2


レンジャク1
このBlogの感想を書いていて恥ずかしながら私はこの鳥の名前を今日の今日まで「レンジャク」が正式名だと思って
いました、ネットで検索するとヒットするのですがチョッと知りたいことがあり手持ちの図鑑でレンジャクと索引を引いて
見たのですが出てこなかったのであらためて調べてみたら正式には「ヒレンジャク」だ正しいと云うことが分かりました・・・・
恥を忍んで書く事にします(笑)

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ