現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今日はアリスイです
例年、アリスイが入るこの公園は鳥好きの間では通称「アリスイ公園」で通ります(^.^)
アリスイはここ何年も晩秋には必ず越冬に訪れてくれるので皆さん楽しみにしています
場所柄、アリスイとの距離もそれなりにキープされているので鳥も怯えることもなく伸び伸びとした動きが見れます
以前は常駐していたモズに追われたりと散々でしたがこの2年間は上手く棲み分けしているようで良い感じです
この日は小春日和で暖かく餌となるアリの活性も良くてアリスイ自身も活発でした
時に地上に降りて餌を取る時など警戒のため何度も首をかしげるような行動を行っていました。
アリスイは一般的にどう見てもお世辞にも可愛いとは言えずどちらかというとクネっとした格好をする時などは
爬虫類を彷彿させますがよく見るとつぶらな瞳でけっこう可愛いくそんなギャップが人気の要因なのでしょう。

【和名:アリスイ】    キツツキ目  キツツキ科   TL17 cm -18 cm   属名 Jynx   種小名  torquilla
英語名  Eurasian Wryneck
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

アリスイ01
     撮る角度や状況によってはこんなにスマートにも撮れたりします。

アリスイ02
     地上に降りてアリを探していましたが・・・・・

アリスイ03
     フト飛び上がり枝先に止まってくれました。

アリスイ04
     地上では頻繁に上空を確認するように小首を傾げていたので・・・・・

アリスイ05
     上空を見上げるとハイタカとカラスのバトルが繰り広げていました、ホント五月蝿いカラスども・・・・。

                  Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM         
                   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

再びアリスイ登場です  ジャ~ン
というと聞こえは良いですがこれと云って見て頂く写真がありません(笑)
鳥見に行っていないのかというとそうではなくて出かけてはいるのですがじっくりとその場で観察するということが少なかったのであまり沢山の鳥さんを見ていないというのが正直なところです、このアリスイも、もっとしっかりとベロベロバーを撮ってからと思っていたのですがなかなか思うように行きません ハイ!

【和名:アリスイ】     キツツキ目 キツツキ科      全長(翼開長) 17-18cm       属名 Jynx 種小名 torquilla              亜種名 japonica      英語名 Eurasian Wryneck

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


ありすい 01
     お澄まし顔でハイ、ポーズ!

ありすい 02
   ベロベロバーをしてくれたのですが廻りの小骨?じゃなくて小枝が五月蠅いですね (^.^)

ありすい 03
    チョッと変な奴だなぁ~と思っていると結構、真面目に出て来てくれたりして・・・

               Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM         
              パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/

毎年この時期になるとアリスイとの出会いが楽しみのひとつです。
先週、早速、近場の公園に姿を見せてくれたとのことで会いに行って来ました

いつ見てもアリスイは地上にいるとまるで爬虫類のそれで独特の風貌がなんともユニークな鳥です

冬鳥のアリスイは東北地方北部から北海道で国内でも繁殖しており、秋になると越冬に関東地方以南に渡って来ます。アリスイはキツツキの仲間で背中は、灰色で褐色と黒の複雑な虫食い状斑が入りますが、頭頂から背中の中央にかけて、黒い線が入り、遠くから背中を見るとこの黒いラインがとても目立ちます、一つ気になることは国内で観ることのできるキツツキの仲間は、ほとんどが木の幹等にて採餌しますが、アリスイの採餌は幹だけではなく地上にも降りて地表の餌も採餌します。というのもこの辺りがpointで他のキツツキの尾の先端部が分かれているのに対して、アリスイの尾の先端部はほぼ直線的に整っています、これは他のキツツキ類と食生活が一部、異なるのではないかと思っています
以前、ものの本で同じキツツキの仲間でアカゲラの尾羽はは普通の柔らかなイメージの羽質とは違い、彼らの尾羽は硬くて長く、羽の軸が太いということで幹に垂直に身体を維持しながら採餌するのに適し、2本の足と堅い尾羽の3点で支持すると書いてあったのを思い出しました、次回じっくりと観察してみようと思います。

【和名:アリスイ】     キツツキ目 キツツキ科      全長(翼開長) 17-18cm       属名 Jynx 種小名 torquilla              亜種名 japonica      英語名 Eurasian Wryneck

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

arisui 01
     何かコロンとしていて可愛いです

arisui 02

arisui 03
     特徴の舌を出しているのが判りますか・・・・

arisui 04
   珍しいポーズです、因みに他のキツツキもあまり知られていませんが舌自体はかなり長いそうです

arisui 05
      保護色で見づらいですが画面中央に右を向いています

arisui 06
    この写真はトリムしてあるので樹の大きさのイメージが伝わりませんが20数mはある大木です

arisui 07

arisui 08
    ご覧のように尾羽の先端ががまっすぐです

     Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM         
    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                http://vmc.blog43.fc2.com/

ここのアリスイはこのfieldをよく知っている大先輩から話を聞いた所、昨年よりも約1ヶ月も早くこの地に戻って来たそうです、現在は木々や周囲の草等には未だ葉が茂っている状態でアリスイが出てくれたとしても余程抜けた所に出てくれない限り、なかなか見つける事が出来ません、当初はキキキ~~と鳴いてくれたので直ぐ分かったのですがここに来て全く声を出さず移動します、今回UPした写真も3回通って撮れた物で実際には一日中張り付いている訳ではないのでその日の状況(ご機嫌)次第です、こればかりは自然が相手と云うこともあり、運、不運が付きまとうのも致し方在りません、季節は日々、晩秋から初冬に移り変わり、これから年の瀬にかけて寒さが増すにつれて木々の葉が全て落ちてからがアリスイの観察の本番と云えるでしょう。

【和名:アリスイ】    キツツキ目 キツツキ科   全長(翼開長) 17-18cm   属名 Jynx torquilla 英語名 Wryneck

    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


arisui 1

arisui 2

arisui 3
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : TurboAdapter BR-W300
デジタルカメラ :SONY/Cybershot DSC-W300

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

このアリスイという鳥は出会うたびに思うのですが何と姿、形が変わった鳥だといつも思います、ただそれを可愛いとか綺麗だとかは彼の名誉のため論外ですがファンが多いのも他の鳥に見ない怖いもの見たさかもしれません、じっと姿を見るとまさに爬虫類のそれによく似ています、ただこのアリスイがキツツキの仲間だとは知識のない方には思いも依らないかもしれませんね、先日も撮影している際に朽ちた倒木をキツツキのごとく連打している様を見て頷いたものです、でもそうは云っても正直、チョット苦しいかもしれません、この時もそうでしたがアリスイの撮影時は酷い枝かぶりでなかなか抜けた良い場所には出ないのですがこの時はたまたま出てくれたのでラッキーでした、写真をよ~く見てみると毎回思うのですが正面から受ける印象はまさにケーキのバームクーヘンです、悪戯にバームクーヘンにミントの粒を2粒付けたらアリスイです(笑)調子に乗ってあんまり悪口を言ってると次の出会いに影響があるかもしれませんのでこのくらいにして5カットをUPしてみましたのでご覧下さい

ps:7年間使ってきたPC(XP)をNewマシンと共にOSもWin7に更新したのですがまだチョット馴染んでいないのと一緒に長年愛用してきたフォトレタッチのPainshopPro6をインストールしようしたのですがOSの進化について行けず、結果読み込めませんでした、良い機会なのでPhotoshopElements8に変更しました、ここまでは良いのですが操作が全く異なるため未だ扱いきれません、幸いというか週末雨なので付属のCDROMでレッスン中ですが悲しいかな頭が着いていきません(大笑の巻~)

【和名:アリスイ】     キツツキ目 キツツキ科     属名 Jynx torquilla          英語名 Wryneck                全長(翼開長) 17-18cm             
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

arisui 1

arisui 2

arisui 3

arisui 4

arisui 5
           Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

9月に続き、10月の三連休、陽気も良く行楽日和でしたね、私は昨日、今日と鳥見が出来ました、今日は午前中にMyFieldでブラブラしていて午後から近場で良く行く公園に鳥友等が遊びに来るというので移動して来ました、M公園は渡りの小鳥たちはもう既にピークは過ぎていますがキビタキがまだ見られるとのことでした、中央のPOINTでは早々と訪れたアリスイが居るとのことで見れたらなぁと思っていました、鳥友と合流し、様子を聞くと既に2回出たとのことで期待しながら一緒に待ちますが一向に姿を現しません、大分時間が経過した頃、目の前を何っ?と未確認だが葦のブッシュに飛び込むのが見えました、暫くするとモズに似た甲高い声でキィキィキィ~~とアリスイ独特の鳴き声が響き渡り、その後出るのかと期待しましたが出ずじまいで痺れを切らした頃、ヒョイと定位置のアリスイの木に上がってくれました、ただ太い枝に顔が隠れてこちらからはあまり見えず躊躇していたのですが一瞬、動いた時の写真がこのカットです、アリスイはホンの僅かな時間で間もなく田圃の方向へ飛び去りましたが何とか写っていてくれたのが幸いでした。

【和名:アリスイ】    キツツキ目 キツツキ科      学名: Jynx torquilla    全長(翼開長) 17-18cm
arisui
    この円らな目で何を思っているのでしょうか・・・・・

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : TurboAdapter BR-W300
デジタルカメラ :SONY/Cybershot DSC-W300

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ