現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

先日、プチ遠征をした時、目的の鳥は既に抜けたということで折角なので足を伸ばし大きな田園地帯に寄ってみました、ここは少し前、ハイチュウで賑わった所ですが時既に遅く、Cマンも3箇所に点々と居ることはいるが手持ちぶさたで全く緊張感が感じられない雰囲気なので暫く様子を見ていたが初めての場所なのでロケハンがてら端の方まで行ってみることにする、端と行っても双眼鏡で覗いても見えないほどの距離でそれからも広さが想像出来るかと思う、のんびりと車を走らせていると何やら空中でホバっている鳥が見え確認できる距離まで近づくとノスリだった、車で近づくも広大な場所だと丸見え状態でよほど慎重に接近しないとまず飛ばれる、悪いことに逆光側に位置しているのでかなり眩しく、思い切って大回りして順光側に廻ると逆にノスリ側がラッキーにもこちら側に寄って来てくれ車を止めて待った、ノスリは小さく移動しながらホバリングを繰り返し獲物を探しており、一度、急降下したが失敗だったようでこんな時、一瞬警戒が薄れるのでこちらも慎重に車外に出て車影から視野を広げて手持ちで撮影した、ただあらためて撮ろうとするとなかなか難しいものがあります。

和名:【ノスリ】    タカ目 タカ科         全長(翼開長) 雄 50-52cm 雌 53-60cm(122-137cm)            属名 Buteo 種小名 buteo         亜種名 japonicus
       英語名 Common Buzzard
         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


nosuri 1

nosuri 2

nosuri 3

nosuri 4

nosuri 5

nosuri 6

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

この日は早めに現地到着だったので目的の鳥が出る時間まで少し時間がありのんびりと車中で食事をしていた時、何気なく右の方に目をやるといつの間にかノスリがホバリングをして居るではないか・・・慌てて助手席に置いてあったカメラを持ち車外へ、出ると獲物が見つからないのかスゥーッと土手沿いの上空を流れていったので車で追跡だ!幸いにも300mほど行ったところで再びホバリングを始めてくれ、ラッキーな事に私の方を向いてホバしてくれたので何とか今まで撮りたかった正面向きのホバリングを撮る事が叶った、欲を言えばケアシノスリが良かったのですがそんな事云ったらサービスしてくれたノスリ君に申し訳ないですね

【和名:ノスリ】    タカ目 タカ科   全長(翼開長) 雄 50-52cm 雌 53-60cm(122-137cm)  属名 Buteo buteo   亜種名 japonicus     英語名 Common Buzzard
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


nosuri 1

nosuri 2
     前から正面を向いたこのシーンが撮りたかったのです

nosuri 3
     ポーズが決まっています 格好いいですね (^.^)

nosuri 4
     まぁ、よくよく見るとだらしないと云ったらだらしない格好ですが・・・・・

nosuri 5
     最後に留まり物でもと追ったら川沿いの木に留まったが逆光でどうしようもなかった

       Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM       2011.Jan.4 渡良瀬にて

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

先週末、足を伸ばして千葉県九十九里方面にやっと珍鳥を見に行って?きました、写真も撮りましたが記録写真です、さてこの話は別の機会と云うことで当日、彼方此方回った後、稲敷市の市道を前方を見ながら?走行していると何かが急降下したのが見えたのです、ただ交通量は少ないものそこそこスピードも出ていて何かが降りた?と思われる位置まで着いても片側一車線の道路で停車し、確認することが出来ず、かれこれ1kmほど先まで行ったところで脇道に入り先ほどの場所まで戻ってみました、それは乾いた畑の中程で何やらつついていました、双眼鏡で見るとノスリのようです、よく見るとモグラくらいの大きさの獲物を仕留めたようですが如何せん距離が80mはあるので私のレンズでは写真にはなりません、暫く見ていると犬が近づいて思わずノスリは飛びたちました、そんな時ラッキーなことにかなり近くまで寄ってきました、あわてて反対側のドアを開きカメラをセットし、何とか撮影することは出来ましたがノスリは背中を向けて盛んに獲物を食べており、こちら側からはブラインドとなっています、こんな時ほど焦れったいことはありません、暫くして食べ尽くしたのか今度はマッタリとしてしまい、その後1時間弱、いつ飛び立つのかと待ったのですが一向に飛び立つそぶりもなくこちらが根負けしてしまいました、帰宅後PCで確認したところ雌雄は不明ですがろう膜の色(緑色)を見る限り、幼鳥のようです、その後調べてみたのですが幼鳥のろう膜は緑色で成長と共にもう暫くすると黄色となるそうです、また一つ勉強になりました。
  (もし間違っていたらご指摘下さい)

【和名:ノスリ】     タカ目 タカ科     属名 Buteo buteo      英語名 Common Buzzard                  全長(翼開長) 雄 50-52cm 雌 53-60cm(122-137cm)

            【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


nosuri 1
    ろう膜;嘴の付け根の鼻孔を覆うように見える黄緑色の部分がろう膜です

nosuri 2


nosuri 3


nosuri 4
           Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

その日は午後から予定があったので遠出はせず、近くのM公園に出かけました、いつも賑わう場所にはそれなりにカメラマンがいましたが
何故かいつもの顔ぶれが見えず、その時は分からなかったのですが取り敢えず奥に向かいました

【和名;ノスリ】  タカ目 タカ科     学名: Buteo buteo    全長(翼開長) 雄 50-52cm 雌 53-60cm(122-137cm)
nosuri 1
現地に着くと6~7人のカメラマンが何やら慌ててこちらへ向かって来たのです、何事ですか尋ねるとノスリと一言云っただけで林の上の方へ
一斉にレンズを向けているので見てみると木立の中にノスリが見えました、その時は暗くて余り良い条件ではなかったので仲間に入らず
少し先へ進み、三脚を降ろして居ると先ほどのノスリが私の前の樹に戻ってきました

nosuri 2
約10mほどの距離でした、ノスリは何事もなかったように羽繕いを念入りにやり始め、飛び立つまで約2時間は居ました、最初は珍しいこともありシャッターを切っていましたが変化のないシーンに正直飽きてしまい、友人らと雑談をしたりしていました、これはこれで楽しい時間でしたが何故かスッキリしませんでした。

nosuri 3
  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

前回、このFieldを訪れた時、偶然にも田圃でタマシギを見ていますが辛うじてその時は証拠写真程度しか撮れず
最近の情報だとだいぶ姿が見えるところまで出てくるようになったとかで今回、訪れる楽しみの一つでもあった、三脚を
背負い、前に確認できた場所へ向かう途中、何気なく観察窓を覗いた時、先方100mほどの中州に何やらうごめく
モノが見えたその時は背中しか見えず、ただかなり大きいので大凡、見当はついた、その物体がおもむろにガバッと頭部を
持ち上げた際、自ら小さく声が出たようだ・・・・・直ぐにそれがノスリだと分かった、とっさにデジスコで撮れない距離ではない
のと偶然にも周りに誰もおらず、ベストポジションの観察窓に移動して三脚を手早く立てて数カットを撮った、少し落ち
着いたところでズーミング調整し数カット撮ったところでおもむろにノスリは飛び立ったが迫力があった、一瞬の出来事だったが
足で掴んだカエルらしきモノが識別できた

【和名:ノスリ】   学名: Buteo buteo     タカ目タカ科     翼開長; 雄 50.0-52.0cm 雌 53.0-60.0cm(122.0-137.0cm)
ノスリ2
全体の雰囲気が分かればと思い、数カット撮っておいたものです

ノスリ6
このカットは午後になり最初に見た場所の正反対の位置になります、そこでシギ類を撮っていた時
何気なく目をやった左前方の松の木に上に留まっているノスリを偶然に発見したもので、距離は
おおよそ150mはあったように思います

ノスリ4
このカットが最初に中州で見た時のカットで右に行くにしたがって葦の背が高く、当初はカエルを捕食
していた時は屈んでいたため見づらかったのですがその後、前方へ移動してきてやっと全景が見えたモノです

ノスリ1
悠然としていますが結構、カラスには手を焼いているようでした。

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50





猛禽属ってやはりそそられますねぇ
多分、手持ちの本で見た限り「ノスリ」の♀だと思うのですが全くの素人です、自身はありませんので詳しい方が
いらっしゃいましたらコメントをヨロシクお願い致します m(__)m

そうそう、少し前に私の友人2人と雑談していた時、その方が私は「猛禽属」が好きなんですよと云われたので
チョッと意外でした(^.^)
でもあの大空をバックに悠然と飛翔する猛禽属を見ると憧れるのは同じです、私も456くらいのレンズが欲しく
なってしまいました(笑)
そうすればグッと撮影の巾が広がり飛翔のシーンが撮れるのになぁ・・・・などと独り言です
もう少しデジスコで頑張ってから、その後に考えましょう。

【和名:ノスリ】   学名: Buteo buteo  タカ目タカ科    TL 50.0-60.0cm(122.0-137.0cm)
ノスリ
証拠写真ですがお許し下さい。
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 1.0 EV
I S O      : 50




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ