現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回、春に引き続き二度目の九州大授搦行きに際して前回見られなかったカササギを何とか見たいと思っていた、不思議なことに今回はHOTELに近い街中でも7羽の群れを目撃し、その後大授搦干潟に向かう道すがら農家周辺では彼方此方で多くの個体と出逢う事が出来た、出逢いってこんなものかもしれない、初め電線に留まっていた個体を見つけ近くの電柱に目をやると小枝で作られた巣があり、周辺を車で廻ってみると他にも幾つか巣を見つけることが出来た、カササギの生息場所は佐賀平野を中心に留鳥で普通に見られるとあり、最近では長崎や熊本エリアまで生息地が拡散されているようである、他には北海道苫小牧の個体群も知られているが最初は何故?佐賀県と北海道なのかと判らなかったが調べてみるとそれぞれDNAが異なり苫小牧の個体群はロシアから来た物と判明している、佐賀県では県鳥でも有り「県天然記念物」にも指定されている。

和名:【カササギ】 スズメ目  カラス科    TL 45 cm      属名 Pica        種小名 pica
              英語名 Common Magpie
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


   カササギは電線に留まって居るところをよく見かけます、その時「カシャ カシャ」 と鳴いていることが多く別名カチガラスともいう。


      何とか少しづつ近寄ってパチリ・・・・・。


      光の加減で何とも言えない肩羽のブルーがとても綺麗です・・・・・・。


    この電柱は民家のすぐ横で小枝で作られた巣がアリ、中に黄色の風向計が見られますがこれは巣材に金属が含まれて
    いたり他の要因で時に停電を起こすために九州電力が予防として設置されているものですが特に?役に立っているとは
    思えない、巣の近くには今年巣立ったと思われる3羽の幼鳥?と1羽は成鳥と思われました。      

05カササギ1a
    運良く飛翔写真が撮れ、翼先の白い部分が透けて綺麗に見え尾羽の広がりが何とも良い感じです。

06カササギ2a
    しばらく見ていたので行動パターンが判ってきましたので次回、機会がありましたらもう少しジックリ撮りたいなぁ・・・・。    


    この場では珍しく木留まりが見れて何かの実?を啄んでいた。


     目の後ろに少し白い模様が見えますが換羽中のようです。


     カササギは警戒心が強いのですが低いところを飛んでくれました。


      バックは今一ですが綺麗な飛翔で肩羽のブルーと尾羽のグリーンの光沢が綺麗です。
                                    2017/9/8   撮影地 :佐賀県佐賀市東与賀大字飯盛

               Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                    パピリオの花の blog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ