現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

鳥友より超レアな珍鳥情報をいただき狭山湖(人造湖)別名「山口貯水池」まで出かけて今話題のキマユホオジロという珍鳥を撮ってきました、まぁ撮ってきましたと行っても極々、時たま姿を見せると行った条件は良くなかったのですが何とか最後の最後にツツジの植栽の上に出てサービスしてくれたお陰で収めることが出来ました。
キマユホオジロは私の持っている図鑑には体長約15cmでシベリア中部で繁殖し、冬季は中国の中南東部に渡ることが多いがまれに日本(主に西日本)に飛来するとあり、舳倉島等では観察例がありますが関東への飛来は特に珍しいようです

和名:【キマユホオジロ】  スズメ目  ホオジロ科    TL 15.5 cm        属名 Emberiza    種小名 chrysophrys
英語名 Yellow browed Bunting   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!
kimayuhoojiro 01
   堤防上にはザッと100名近くのカメラマンが下側の遊歩道横に植栽されているツツジの方にレンズを向けていて何時、何処に
   出るのかと神経を集中しています・・・と言ってもそう簡単には出てくれず知ってか知らずかスズメは我関せず状態で行ったり
   来たりしており、更にややこしいことに同属の「ホオジロ」♀が出ていてこれが紛らわしいんです、そんな時ヒョコリとツツジの上に
   姿を出てくれたのがこのカットです。

kimayuhoojiro 02
  如何せん鳥の出が悪く皆さん、鳥は何時、何処に出るかも判らず更に撮影場所も自由に確保できず、ストレスが溜まります
  普通に考えてホオジロ科なので夜行性ではなくやはり陽気が良すぎるのとカメラマンの人出の多いのが要因でしょう。
     
kimayuhoojiro 04
  午前中、二度ほどチラッとお出まししたのですがなかなかジックリとは姿を見せてはくれず、殆どの方が満足いかずの状態でした
  諦めの早い方は午前中で撤収する方も多かったようです。  

kimayuhoojiro 03
  そんな時、途中から合流した鳥友が私に向かってポツリとこの手の鳥は日中は難しく、日が傾きかけて日陰が出来る頃からが
  勝負ですよと云ってくれた言葉が妙に説得力があった・・・・後に納得するのですが・・・・・。  

kimayuhoojiro 05
  そうこうしているうちに15時を過ぎ陽が傾き始めたころクライマックスがやってきました・・・・ひょっこりキマユホオジロがツツジの上に
  お出ましでオマケにリラックスして毛繕いをし始め、暫くサービスしてくれました、あぁ待ってて良かった~(^.^)  

kimayuhoojiro 06
撮影にも余裕が出てきて立て構図なども撮らしてくれました、周りの方々も大喜びでした。
                          撮影地:埼玉県所沢市狭山湖畔にて

    Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                
      パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                 http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ