現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

この日は2015年に初めて都内荒川河川敷でハクガンを見た以来、久々に見に行ってきました、当日は朝方に
想定外の濃霧に見舞われ初めはどうなるのか心配でしたが何とか霧は晴れてはくれたのですが・・・・・
大失態をしでかしまして反省です!

また今回は前回の河川敷よりかはグッと自然な雰囲気の中で観察が出来たような気がします。

和名:【ハクガン】  カモ目  カモ科    TL 66-84 cm    WS 132-166cm   属名 Anser        種小名 caerulescens
             英語名 Snow Goose

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     北印旛の目的地へ向かう道すがら土手沿いを走行中、右手を見ると丁度、朝靄の中、日の出となりました。 06:52


     ハクガンの事前情報では塒立ちは6:30~7:30ごろと聞いていたので余裕を持って現地入りしたのだがその日は
     冷え込みも思ったより厳しくなくオマケに無風状態で最悪の「濃霧」が発生してご覧の状態でした(無修正)


    終始、畦の手前側にて稲の根っこ等を啄んでいました。


    時々、畦に上がって休憩を取り、気が向くと羽ばたいたりして・・・・・


   先に白状しますが当初の目的は塒立ちが撮れればOKだったのですが・・・・・聞いていた塒立ちの時間を大幅に過ぎた9:15になってもコハクチョウも一向に飛び出さず、カメラのフレームには入れたままで待機していたのですが目を離した一瞬を突かれてハクガンが畦の内側の池に入ったのを見過ごしてしまいました、コハクチョウの小群がポツポツと飛び出しますが見失ったハクガンを必死に探していた矢先にお気に入りのコハクチョウ等と飛び出したようで私の側からは見つけられず、後で聞いたのですが池側の人たちからは終始見えていたそうです・・・・もう言いようもなくガッカリでした。


    4番目に飛び出していったコハクチョウの中にハクガンは同行していたそうです、池にはまだまだ多くのコハクチョウが残っています
    この角度から塒立ちを狙っていたのですがなかなか思うようには事は進みません(猛反省です)
    予定を変更して他場所で時間をつぶして夕方の塒入りを待ちます


    陽も傾き始め、この日は予定時間よりも早めの15:15に第一陣のコハクチョウが塒に戻ってきました。


    順に戻ってくる群れを双眼鏡で見ていると第3陣の中にハクガンが見つかりました(15:20)明るくて助かりました(^.^)


     朝の飛び出しを外しているのでこの機会を逃したら泣くに泣けません。


     バッチリ着水までしっかりとフレームに収めることが出来ました。


    続々とコハクチョウ等が塒に戻ってきます


    やはり身体が大きい分、目の前で着水すると迫力があります。


    池に降り立ちコハクチョウ幼鳥と一緒に落ち着いたところです。


    最後にサービスで背越しですがパタパタをしてくれました(^.^)


    まだまだ続々とコハクチョウが塒入りしてきますがハクガンも戻ったので撤収しました。
                                                   2016.11.21 北印旛郡 白鳥の郷にて

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

10/2鳥友よりメールがあり都会の河川敷にハクガン?が・・・来ているという。
  一瞬、ハクガンと云えば先日もblogに十勝に今年もハクガンが訪れたという記事を思いだした、場所は都内荒川の河川敷だというのだが・・・その後も何か全体のイメージがわかず調べてみると10日ほど前から滞在しているらしくまさにへ~という感じだった、この日は雲一つない秋晴れで暖かく、午前中は他場所で鳥見をしてから荒川のハクガンがいるという河川敷へはそこから30分ほどで行けるので是非この機会に見ておこうと出かけてきました。

和名:【ハクガン】  カモ目  カモ科    TL 66-84 cm    WS 132-166cm   属名 Anser        種小名 caerulescens
             英語名 Snow Goose

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

荒川河川敷    
   最寄りのビルに車を停め歩いて土手に出ると広い河川敷が広がり気持ちが良い、土手から見下ろすと野球やサッカーを
   楽しむ人たちの声が聞こえてきたがしばらくハクガンとスポーツとがどうもマッチしなかったがスマホの位置情報で確認しながら
   あらかじめ入力しておいた場所にてハクガン幼鳥と思われる3羽と出会うことが出来ました
                                          (画面左手の人の集まっている場所の左にハクガンが・・・)

hakugan 01
    ハクガン 1W     このお澄ましポーズを見ていると何か品があります。

hakugan 02
     ハクガン3羽のうちの2羽だが1W(左)、幼鳥(右)   羽衣の違いをよくご覧になって下さい。    

hakugan 03
      のしのしと歩き回りながらむしゃむしゃと草を食べた後は暫しお休みTIMEです (1W)    

hakugan 04
      ハクガンは幼鳥3羽でそのうちの2羽は1Wへの換羽移行中で肩羽にはハクガン特有の真白な一部冬羽が見え
      残りの1羽はまだ幼羽のようです
      3羽は常に寄り添い餌を食べてる最中も若鳥ゆえ人に対する警戒心は疎いようですが右端の若鳥はリーダー?なのか
      観察中も常に上空への警戒だけは怠らなかった(若くても野生です)

hakugan 05
     時々、川まで飛んで行き水面に浮きながら水を飲んではまた戻ります。

hakugan 06
       この三兄弟?は何をするにも一緒でグランドに戻る時にも水面を一緒に飛び出します。

hakugan 07
       このように飛んだ際、広げた羽を見ると肩羽の色合いで1Wと幼鳥と見分けがつきます。

hakugan 08
      飛翔姿も綺麗ですね(奥が幼鳥です)

hakugan 09
      丁度、川から戻ってきた所で釣り人の竿が写っているのも何か不思議な感じがします。

hakugan 10
      グランドに降り立つ所です(右が幼鳥)

      * 東京湾周辺では過去58年ぶりの飛来で聞く所、10月中旬に5羽が確認されて下旬から3羽になったとか
        何れにしても貴重な出会いに感謝です。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ