現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

その日、現地では8時過ぎから急に風が吹き出してかなり嫌な予感
特に小鳥類は風が強くなると動きが鈍くなり、草陰に身を隠すことが多くなる
辺りにはカメラマンの姿もなく・・・
     結果的には今年もミヤマホオジロに会えました、それも近くの公園で・・・
        今シーズンも出会えて良かったです

【和名:ミヤマホオジロ】       スズメ目 ホオジロ科       全長 15.5cm       属名 Fmberiza                                               種小名 elegans     英名 Yellow-throated Bunting

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


      木留まりのミヤマホオジロ、やはり良いですね


      特に眉斑と喉元の黄色が鮮やかで綺麗な成鳥♂です。


 ホオジロ科の仲間の中でも何か品が感じられるミヤマホオジロです(偏見です(^.^))


      この時は♂が3羽いて戯れているような仕草も・・・・


      髪形?は独特の三角です。


      初夏の頃には田んぼとなる足元の枯葉の中でカサカサと・・・これが自然かなぁ
        植物食傾向の強い雑食で、昆虫類や草の種子等を食べます
          地鳴きはチッチッと短く鳴く声は遠慮深そうで可愛らしいですね。


                    Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/

年が明け、長かった正月休みもあっという間に明けて正月気分も終わりです、待ちに待ってはいませんが仕事始めを迎えて初日からやらなければならないことがあったりで早2日目が過ぎようとしています、今年の鳥見はさすが元旦は静かにしていて2日から始動し始めたのですが実際は少し歩いてきたていどでした、自宅近くのO公園では昨年から久々にミヤマホオジロが入り相変わらずの超人気で沢山の人が集まっていました、しばらくスルーしていたのですが私的にも2年ぶりということもあり出来れば静かなところで短時間の出会いが叶えばOKと思って休み中、出掛けてきました、今回見られた場所はまずまず開けた所でミヤマホオジロの出も良く正味3時間ていどの鳥撮りでした。

【和名:ミヤマホオジロ】     スズメ目 ホオジロ科      全長(翼開長) 15.5cm        属名   Emberiza               種小名 elegans      亜種名 elegans      英語名 Yellow-throated Bunting

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

miyamahoojiro 001
     今回は枝止まりに重点を置いて待っていたら・・・来てくれました。

miyamahoojiro 002
     君~、トサカが無いと決まらないよ~

miyamahoojiro 003
     欲を云えばもう少し緑のあるところが良かったんだけれどなぁ

miyamahoojiro 004
     飛び出し撮ったけれどシャッタースピード上がらずブレブレでした

miyamahoojiro 005
     何かこんなシーンも見慣れているせいか良しとしちゃいましょう

                Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
               パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                            http://vmc.blog43.fc2.com/

よく今年は冬鳥の訪れが全般に遅れていると云われています、その中でも比較的ポピュラーなツグミですが私は今期、ツグミと未だ出会っていません、それよりもこの日は他の鳥を探しに久しぶりに里山に行ってみましたがお目当ての鳥さんには見事降られました、その代わりと云っては大きなサプライズがあり、一瞬でしたがそれは日頃から出会いたい鳥さんの上位に位置している「ミヤマホオジロ」との出会いでした、時期的にはまだ里へ下りてくるのには少し早いような気がしますが紛れもない事実です、その後、一時間ほど周囲を探しましたが等々で会えませんでした
場所は薄暗いところでしたが間違いなく成鳥♂でした、そうなると今期は何としてでも出会いたい鳥さんです(^.^)

そんな訳で今回は昨年撮ったミヤマホオジロですがボツになっていましたが無理矢理出してきました(笑)

 和名:【ミヤマホオジロ】    スズメ目 ホオジロ科         全長(翼開長) 15.5cm      属名 Emberiza  小種名elegans      亜種名 elegans     英語名 Yellow-throated Bunting
    
     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


miyamahoojiro 1

miyamahoojiro 2

miyamahoojiro 3

miyamahoojiro 4

miyamahoojiro 5
      撮影地;東京都下  2011.10 march
                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

その日は出かける早朝からドンヨリと黒い雲が立ちこめていてプチ遠征するにしては当初から気が重く悪いことに予定していた高速道では目的地、手前のインター付近で大きな事故があり、13kmの大渋滞だという、一瞬ガックリきたが仕方ないので東京を出る手前で一般道に降り、ノンビリ行くことにする、もうこう云うときは頭の切り替えが不可欠です、目的地付近にはには8時過ぎに到着しましたが前回訪れた時と違うルートで来た為、少し迷ったが外回りの乾田側から入り、ゆっくりと車を進めていくと前方でチョウゲンボウらしき猛禽が乾田に降りたのが確認でき、双眼鏡で覗くとコチョウゲンボウでかなり遠目に車を止めて助手席側から静かに降り、カメラを取り出し証拠写真を撮ろうとしたら飛ばれてしまった、♂と思われるコチョウゲンだったので何とか撮りたかったなぁ・・・・・

【和名;ミヤマホオジロ】  スズメ目 ホオジロ科     学名: Emberiza elegans Cyanopica     全長(翼開長)  15.5cm
miyamahoojiro1
  【ミヤマホオジロ ♂】
気を取り直して駐車場に車を止め、準備をしていると、鳥見の親子が森から下見をして戻ってきたので挨拶をしながら雑談をしていると大田区からの方と
云うことで何か親しみを覚えた、準備も出来、森の中の前回訪れたPOINTに行ってみるがカメラマンは誰一人居らず、チョッと心配になってきたが少し待っ
ていると先ほどの親子がやってきた、少し一緒にいたが固まっていても仕方ないのでもう一ヶ所の心当たりのPOINTに行くことにする

miyamahoojiro2
  【ミヤマホオジロ ♂】
そちらは離れているせいかシーンと静まりかえり、一瞬遠目だが何かが藪から飛び出してきた、小刻みな動きからしてシロハラと思ったが双眼鏡で確認すると
何とトラツグミだった、こんなもんです、探すとなかなか見つからない鳥ですが目的外?の時はいとも簡単に出会ってしまうのである、人間にもこんな事があっ
たような、なかったような・・・・・脱線しそうなので又の機会にしましょう

miyamahoojiro3
   【ミヤマホオジロ ♂】
結果、トラさんは遠目に撮っただけで再び、彼は藪の中へ消えていきました(チャンチャンです)
その後もあちこち散策すれど目的のミヤマホオジロは現れません、諦めて川沿いのベニちゃんをと探すも鳴き声すら聞こえず、カシラダカやアオジ、シジュウカラ等は幾らでもいるのですがベニちゃんだけでも見れないかともう弱気の虫が出そうでした(笑)

miyamahoojiro4
  【ミヤマホオジロ ♂】
途中、ノスリのような猛禽が上空を飛んだので露出補正をして遠かったのですが数枚撮り、再び戻ろうと畦を歩いているとタヒバリが数羽いたので暫く撮った、そんな時に限って中の1羽が近くでサービス満点で久々にビシッと撮れたなぁ・・・・・と思っていて何気なくカメラのコンパネを覗くとガ~ン・・・・・
露出が+1.7だった、ア~ン  何時になっても私はドジばかりで嫌になる

miyamahoojiro5
  【ミヤマホオジロ ♂】
気を取り直して今度は栗林の側から入っていくことにする、此処も前回はヤマガラやシメが乱舞していた場所で印象深いところだ、足下は落ち葉が重って歩くとフワフワです、気持ちは何が出ても良いようにとゆっくりゆっくりと静かに歩きます、しばらく行くと何やら前方で落ち葉が動いたような気がしたので足を止め、静止していると又今度は落ち葉が跳ね上がった?双眼鏡で覗くと落ち葉の中から顔を出したのは紛れもなくミヤマホオジロの黄色が目立つ♂でした、ただどうやって距離を詰めるかが問題で息を止めながら静かに担いでいた三脚を降ろし数枚、何とか証拠写真を納めた、下手に動くと飛ばれるし、と迷ったが意を決して身軽にと手持ちで少しずつ近づいて行った、シャッター音を気にしながらそこそこ撮影した

miyamahoojiro6
  【ミヤマホオジロ ♀】
フト我に返り、振り返ると朝出会った親子をはじめ、カメラマンが10名近く後方に集まっていました、私とミヤマとの距離は大凡8mほどでその後方5mほどに他のカメラマンがおり、遠慮して待機していたので手招きしてあげ、他の方も少しずつ寄って貰い、皆さんも何とか撮影されたようです、ミヤマは一端、飛び立ち少し離れたところに再び降りたったがそこには数分しか居らず、何処かに飛び発ってしまった、その後、皆さんと暫し談笑して待ったが再び、訪れることはなかった

miyamahoojiro7
  【ミヤマホオジロ ♀】  人間の女性も優しいのですが・・・・
その日は目的のミヤマホオジロにも出会えたので急遽、行ってみたかった帰り道の他場所に寄るため午後、昼食を取ってから早めにその森をあとにしました。

OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

この冬~春にかけてミヤマホオジロには3回出逢える事が出来ました、それぞれFieldは異なっていますが出逢いは
やはり限定されているようでホント、ラッキーな事でした
さすが3回目となると初めての時のような興奮はありませんがやはりスコープにて捉え、レリーズを押す際には毎回
緊張はします、でも何度見ても素敵な鳥である事には間違いがありませんね (^.^)
すでにミヤマ君のお仲間達の先陣グループは旅だったのでしょうか
今期はFieldでアイボールどうもありがとう・・・・・またお逢いしましょう

参考;アイボールとはHAM用語で現地で直接、逢うことです

【和名:ミヤマホオジロ】    学名: Emberiza elegans    スズメ目ホオジロ科   TL 21.0cm
ミヤマホオジロ♂1

ミヤマホオジロ♀2

ミヤマホオジロ♀1
この子は女の子です
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50




昨日は3連休ということもあり、チョッピリ足を伸ばしてきました
今回の目的は全くジャンルの違う友人からミコアイサらしき?鳥がいるとの話でまぁ、そちら方面なら外れても
他へ廻れば良いと思い、出かけてきました、現地にはJST07:00に着き、まだ人気の少ないところを歩き始め
葦原廻りを重点的に見ながら二周したのですが確認が撮れず、そのうち地元のバーダーの方とご挨拶がてら
雑談をしたのですが聞いたら、それ!3日前に抜けたよ、だそうです(もうガックリです)
ただカモ類はかなりの数が見れて結構、満足でした、因みに前日は白鳥が80羽近く沼の上空を飛び回り
大賑わいだったそうです(現地はまだまだ自然が一杯でした、良いなぁ)

【和名:ミヤマホオジロ】   学名:Emberiza elegans   スズメ目ホオジロ科   TL 15.5cm
ミヤマホオジロ5

ミヤマホオジロ1
公園の中で撮ったモノです これはまだ良い方です
ミヤマホオジロ4
田んぼ廻りで撮ったモノです
ミヤマホオジロ2

このミヤマホオジロはミコアイサの場所から20分ほどの距離の所でとてもマイナーな場所にいました、ここは友人宅の地域で
結構、広いあまり手の入っていない里山公園?です、そこで何気なくシロハラの綺麗な個体を撮っていたら急に何やら動く
鳥が目に入った、良く見ると10羽ほどのミヤマホオジロのグループで久しぶりに興奮しました(初見初撮りです)
その後も場所を変えて水田の方へ足を運ぶと此処にもいくつかの群れが居てまるでスズメさんの様な感じでラフな雰囲気でした
ただ、残念なことに最初撮った場所は日陰で少し興奮?していたこともあり、ISO設定を替えるのを忘れたため、動きの
速さに対応できず、殆どブレブレの量産で帰りがけに田んぼで撮ったモノが救いです。
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ