現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

9月に入り今年は暑さも長続きせず日に日に涼しい日が増えて来た、今月2度目の連休中、前回小田原市でタイミングを外したハシブトアジサシの情報をいただいた、こんな時に限って家族でお墓参りの予定が・・・何とかならないかなぁ・・・と思っていたところダメ押しで5:30に鳥友からメールが届き干潟へ行くという、再度潮時表を見てみるとこの日は干潮のピークが9:40でお墓参りに出かけるのは午後からなので時間的に充分間に合うのでと行くだけ行ってみようと出掛けました
干潟に着くとちょうど干潟が6割ほど出ていてハシブトはと聞くと今飛んでいるとのこと指さす方向に目をやるとハシブトは岸よりの干潟で例の変則な飛び方で飛翔していてカニを見つけると地上スレスレまで急降下して給餌している最中だった。
【和名:ハシブトアジサシ】     チドリ目  カモメ科      TL 33-43 cm     WS 85-103cm         
属名 Gelochelidon  小種名 nilotica         英語名 Gull-billed Ten

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


hasibutoajisasi 01
     ハシブトアジサシはコアジサシと比較すると形の良い羽を広げると結構大きく感じられる。

hasibutoajisasi 02
      三番瀬、干潟沖を気持ちよく飛び回る。

hasibutoajisasi 03
     動きを観察していると沖よりの干潟から飛びたち岸寄りでカニをGETして干潟に戻るパターンの繰り返しだ・・・・。

hasibutoajisasi 04
     飛翔する姿は流れるようでウットリするほど綺麗だ・・・・。

hasibutoajisasi 05
  頭部はごま塩模様で角度によってはまだ夏羽の名残で黒く見えることもある   波打ち際で一息でも・・・・。
    
hasibutoajisasi 06
      沖側に広がる干潟にはウミネコの小群がおり、ハシブトはその中に紛れていることが多い
      これも外敵から身を守る本能的な術かも知れない。


hasibutoajisasi 07
     カニを咥えて飛翔する姿はカッコ良いの一言ですねぇ

hasibutoajisasi 08
      佇む姿は見ようによってはチョッと物寂しさが漂う。

hasibutoajisasi 09
     ハシブトアジサシのハシブトたる由縁で嘴が短めで根元が太いのが良く分かる。

hasibutoajisasi 10
                                 撮影日時: 2014.Sep.21 千葉県船橋市 三番瀬にて
     ウミネコのグループと一緒に・・・・一羽だけで戻れるか心配ですが何とか生き延びてくれると良いなぁ。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ