現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

【和名:マキノセンニュウ】     スズメ目  ウグイス科     全長 12 cm      属名 Locustella         
 種小名 lanceolata         英語名 Lanceolated Warbler
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

北方原生花園3
    早朝、静穏の中で独り素晴らしい空間を味わいながらマキノセンニュウのお出ましを待っていると距離もあって警戒心も
    薄れているのかスルスルと枝の上にその姿を見せてくれました。

北方原生花園2
    この写真は納沙布岬に行った帰り道、午後下見に寄った時のもので霧が晴れていると広さをあらためて感じます。
   
makinosennyuu 01
   早朝、濃い霧に囲まれた湿原は物音一つ聞こえない特別な空間で聞こえてくるのはチリ(シュ)、リリリリリリーとよく通る
   マキノセンニュウの囀りだ、こちらに来る前から何度も何度も繰り返し予習した囀りに間違いがなかった時は嬉しかったなぁ
   今考えると結構、特徴のある声なので識別出来ない方が不思議とも思ったが・・・・・えへ

makinosennyuu 03
  スズメよりも小さな身体ながら全体を使い囀っているのを見ていると力強ささえ感じます・・・・。

makinosennyuu 04
早朝で距離もあるので安心しているのでしょう、長い間大きな声で囀ってくれました
日中だとまず姿はジックリとは見せてはくれないと思います、やはり早起きは三文の得かなぁ・・・・・。

makinosennyuu 05
   このように大きな口を開けて囀ずっていますがあの口の形状からどうしてあの声の
   フレーズが出るのか不思議でした。     

 makinosennyuu 02
    この直後に飛び出して彼方へ飛んで行ってしまいました・・・・・・。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


たぶん・・・ですがこれがあの「忍者」といわれる”エゾセンニュウ”です・・・・これは中標津空港近くの古い静かな公園に着いた時低い灌木の中で奴はでっかい声で泣き叫んでいました、それも3mほどの距離まで近づいても泣き止まず、余程自信があるのでしょう(^.^)
ホント憎たらしいったらありゃしない・・・です(笑)
当初は灌木下の葉に隠れていて幾ら目を懲らしても見えなかったのですが最後にやっと此処まで出て来て、わずか1,2秒でストンと元の葉の中へ「葉隠れの術」です、鳥自体の声は結構アチコチで聞かれるのですが如何せん・・・・手強いです
鳴き声なんて「チョッピンカケタカ」でも「ジョピンカケタカ」でもどっちでも良いんですが・・・次はナントカセネバ!。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ