現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回の舳倉島で出会いの多かったのは圧倒的にウグイスとアオジでした。
中でもアオジは関東でもごくポピュラーな鳥で一般的には冬鳥の滋~味なイメージが強いのですが以前、初夏に富士山に行った際、ロケの良い場所でアオジの綺麗な声の囀りを見てからイメージを見直した次第です、こんな事を云うとご本人に叱られそうですが・・・ (^.^)
ところが何で今更と云われそうですが以前からこの時期、舳倉島をはじめ離島では亜種シベリアアオジがよく見られており、私もまだ見たことが無く楽しみにしていました、それは舳倉島に上陸して呆気なく出会いが叶いそれも近くで観察する機会にも恵まれました、その際あきらかにアオジの亜種として確立されているのを目のあたりにすることが出来ました。
あと話はややこしいことにアジア圏では以下、アオジは3亜種が知られています・・・
1. 亜種アオジ
2. 亜種シベリアアオジ
3. 亜種カラアオジ
ただ亜種のくくりというと広くなりがちで3.のカラアオジはまだ明確な線引きが無いらしく双方に該当しない個体を便宜上「カラアオジ」としているのが現状のようです、最近は巷では第4の亜種アオジもチラホラ話題に出ているようです、4.については大した問題ではないと思いますが・・・・。

【和名:亜種シベリアアオジ】  スズメ目  ホオジロ科  全長 16 cm                                                          属名 Emberiza    種小名 spodocephala spodocephala           英名 Black faced Bunting
  【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
  画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

   
aoji 03
     基亜種 アオジ ♂Ad-S
 初め遠目から見た時、一瞬頭のくすんだ部分と胸から下が黄色な事から**アオジかと思った次第です へへ

aff aoji 01
     亜種 シベリアアオジ ♂Ad-S    頭部の黒さはクロジのそれに良く似ていると思いました。

aff aoji 02
     上記 同個体-1  

aff aoji 03
     上記 同個体-2

aoji 01
     基亜種 アオジ ♂Ad-S   喉~胸の色合いを比較するのにこのカットを載せてみました、これだけ違います。

aoji 02
     基亜種 アオジ ♂Ad-S     綺麗な声で囀っていました~。
 
                  Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ