現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

5/9夜~5/16朝、帰浜と初めての「舳倉島」へ鳥見旅に出かけてきました、エ~8日間もと思われるかも知れませんがご安心下さい、実は今回のツアーはアクセスの関係で夜行バスを利用したことで夜行バスと舳倉島へ渡る航路との時間が上手くLINKせず5/10は輪島泊まりとなり翌日、運が良ければ?船が出航出来るというような鳥見旅で逆に島に運良く渡れたとしても天候が悪化すれば島に何日も足止めを食らうと云った事も大いにあるといった可なりリスクの高いツアーでした、因みに船は風速5m以上、波高2.5mになれば欠航の目安となり綱渡りの鳥見でスケジュールには充分なゆとりをもって行かれることをお薦めします。
舳倉島は輪島から50Kmあまり離れた日本海に浮かぶ小さな島でこの島は春と秋の渡りの時期には大陸~日本を通過する渡鳥たちの唯一の中継(休息)地となっており鳥好きにとっては珍鳥などにも遭遇する確率の高い、バーダーならば一度は訪れたい魅力の場所です
現地では日の出前に民宿を出て7時には一旦戻り、朝食を済ませ、島にはコンビニも食堂も無い為、宿に頼んでおいたお握りを受け取り、再び探鳥で出かける日々で毎日ほぼ20000歩近くも歩き、それも重いカメラを担いで歩きまわると夕方には足が痛くなり根性無しの私は早目に民宿へと戻りましたが同宿した私より諸先輩達は暗くなってから戻って来る様子には頭が下がりました(^.^)

横浜駅西口を22:35に出た高速夜行バスで金沢駅に7:00着で当日は輪島泊で金沢-輪島間のバスが15:35発を予定しており、それまでレンタカーを借りて近場の「健民海浜公園」に向かいました、ここは例年、渡り鳥が羽を休める場所でもあり珍鳥も期待出来ると事前に聞いていたので期待が膨らみました。

【和名:シロハラホオジロ】       スズメ目  ホオジロ科       全長 15cm       属名 Emberiza    種小名 tristrami      英名 Tristram's Bunting
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

siroharahoojiro 01
     公園を歩き始めると偶然出会った地元の方がシロハラホオジロが見れるよと教えて頂き、聞いた道を暫く行くと道が
     分岐した小道の道ばたで餌を探している3羽のシロハラホオジロを見ることが出来ました、私は初見初撮りです(^.^)

siroharahoojiro 02
    ♂は側頭線、喉、耳羽が明確に黒いラインが入り、頭央線と眉班が白く、黒い耳羽後方に白斑があるのが特徴です。

siroharahoojiro 03
   ジッとしているとドンドン近づいてきます・・・・ふとミルカスカラスを思い出しました?

siroharahoojiro 04
     一つ心残りは気持ちに余裕が無かったことで♀を撮り納める事が出来なかった事です、まだまだ修行が足りません。

mugimaki
     思いがけずムギマキも登場しました・・・。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ