現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

あれから一年!・・・人気芸人のフレーズ(笑)ではありませんが早いもので昨年一月にアラナミキンクロが九十九里の一宮海岸に姿を現してから早一年です、個人的に暮れから時々思い出してはいたのですがまさか続けて姿を表わしてくれるとは正直、思いもよりませんでした、あらためて考えれば三番瀬のビロードキンクロも今年も連続訪問記録を更新中ですし、身近な所でも例年同じ時期になるといつの間にかやって来てくれる鳥たちも居ます、こうやって見ると鳥の「帰巣本能?」とは異なりますが素晴らしいセンサーを備えている事には違いがありません
アラナミキンクロの分布は北米を生活圏としており何故?数千キロも離れた「日本」まで越冬にやって来てそれも毎回、同じ場所に戻ってくるという現実、とても不思議な行動でまさに「鳥ロマン」です(^.^)  手前ミソです。

【和名:アラナミキンクロ】     カモ目    カモ科      TL 45-56 cm WS 78-92 cm        属名   Melanitta     種小名  perspicillata      英語名  Surf Scoterl
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

一宮海岸01
     広い太平洋を望み荒波が押し寄せる防波堤に立って沖から彼らが姿を現すのを待ちます。

サーフ 01
     この日は稲敷市で撮影してもしかしたら会えるかなぁと予定外の行動でしたが銚子に廻ってから一宮へ向かいました
     防波堤に行くと先客が2名居てあと1分?早く来れば10mの距離に居たのにと云われガッカリでした。

サーフ 02
     双眼鏡を覗くとかなり沖にチラチラとアラナミキンクロが見え隠れしていましたが20分ほど待っていると少しずつ
     こちらに向かってきました。

サーフ 04
     大きな波に揉まれながら波頭に上ると姿がハッキリと見えます。

サーフ 03
     かなり個性的な顔で何度見ても忘れないお顔です(^_-)

サーフ 05
     この日、常に行動を共にしていたシノリガモの彼女です。

サーフ 06
     遠くから徐々に距離が近づいてきました・・・・ワクワクします。

サーフ 07
     ちょうど波の高い所まで上がり、こちらに開けていると姿がよく見えます。

サーフ 08
     最近意識してよく撮る?正面顔もパチリ・・・・。

サーフ 09
     お清まし顔でここでもパチリ・・・・・前回は100m先で米粒大でしたが今年は近いのでもう最高です。

サーフ 10
    この日はビロードキンクロ6羽が沖には居たのですが全く寄らず、代わりにアカエリカイツブリやシノリガモ、クロガモ達が
    観察出来ました、時々上空にはミサゴもお出ましで賑やかです。

サーフ 11
    クロガモと2ショットです。

一宮海岸02
    この防波堤の両サイドにはサーファーがいて彼らがいるとカモたちは警戒して近寄ってきません、かといって・・・・
    サーファーに***もねぇ・・・・辛いところです Hai。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM                   
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

2014“新春から以前からとても興味があり名前は聞いたことがあったが姿は見たことは無かったアラナミキンクロとの出逢いからスタートして「こいつは春から縁起が良いわい」・・・なんて浮ついて書くと叱られそうですがあらためて垂涎の鳥を紹介します。
北米原産のこの海ガモは容姿もかなりインパクトのありどちらかというと変な顔の海ガモで俗に言うブサカワ系?で独特の大きな嘴で遠目には両サイドに大きな穴が空いたように見え、黒い頭部のおでこと後頚部にはサロンパス?を張ったように白く遠くからもよく見え何とも云えない魅力的な風貌です。
国内では北海道等の一部で見られ日本観察例のごく希な海ガモで殆どが沖目での観察例で聞いた話では生息地の北米ではむしろビロードキンクロの方が珍しいとか。そのアラナミキンクロが今回、比較的近距離の千葉県長生村九十九里浜で越冬の為か訪れて居ました、距離は残念ながらかなり遠く岸から200m弱もあり太平洋(外房)という場所柄、午前中は逆光気味で光りは午後の方が順光気味となるのでその半日が勝負でした、当日は比較的海も穏やかで空の青さが海に映え条件には恵まれました、外海の大きくうねる波間に遠く遠く見え隠れするアラナミキンクロは今回は♂1羽のみでしたが周囲にいるビロキン達と盛んに潜水を繰り返し餌を盛んに漁っていたのがとても印象的でした、この海岸近くの海域はハマグリ等の有名な漁場でもあり、餌の二枚貝が豊富で居着いたものと推測されます。

【和名:アラナミキンクロ】       カモ目 カモ科       全長 45~56cm    翼開長 78~92cm       属名 Melanitta    種小名 Perspicillata                    英名 Surf Scoter

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

Surf Scoter 02
     私のレンズでは全く手が出る距離ではありませんが出会えただけでもヨカッタァ・・・。

Surf Scoter 01
     大海原の波頭のピークに出るとよく見えま~す。

Surf Scoter 03
     右にアメリカビロードキンクロとかなり遠~い2ショットです(説得力無いですねhai)

Surf Scoter 04
     バンクーバーに行くとこの方?がウジャウジャいる写真を見ましたが卒倒しそうでした(行きたいです)

Surf Scoter 05
     左からビロードキンクロ♂、アラナミキンクロ、ビロードキンクロ♀、クロガモと賑やかです。

abi 06
     短い時間でしたがアビもお出ましで楽しませてくれましたのでOK。

kurogamo 07
     クロガモのカップルは仲良しでここではバイプレーヤー的存在ですがどうしてどうして・・・・

                    Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ