現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

この日の天候は野付分岐あたりまでは薄曇りで所々にはうっすらと青空も見える天候だったがケアシノスリと遭遇したあたりから沖を見ると黒い雪雲が広がり移動しており、所によっては小雪が舞い始める生憎の天候だった、暫く行くと今度はオオワシが電柱にいてこの個体はあまり警戒心が無く何とか撮れた、その後もたまにチラッと見かけるオオワシやオジロも距離があり撮っても暗い写真ばかりで時に近距離で見かけてもこちらの発見が遅く後ろ姿を追うばかりで撮影意欲はおきず取り敢えず車で行ける所まで行こうと野付ネイチャーセンターに立ち寄る、センター内にあるボードを見ても半島先端の状況はパットせずケアシノスリがマークされていなかったのでボードに書き込んでおいた、先端部へはあらためて入所手続きを済ませてからライセンスを受け取って番屋方面に車を進めた。

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


    オオワシは通常6年目を境に亜成鳥と呼ばれ成鳥の遅い個体は8年近くも掛かって成鳥となるようです。 


  同個体ですが成鳥は前頭部には白い羽が生え揃うので一見、判ります
  この個体はそれから見るとまだ若い個体のようです。


  撮影しているのを気づかれてソワソワし始めたところです


    半島を先へ進んでいくと内湾側に多くのオオワシが地上に降りており、視野の中には5、6羽が・・・・。


    止まっている所が電柱ですが見るからに風格があります(番屋近くです)


    このエゾジカは帰り道で偶然会った親子連れですが道路には彼方此方に「エゾジカ飛び出し注意!」の看板があり


  途中でオオワシやオジロワシが極端に見られなかった訳がここまで来て判りました、というのは番屋で漁師さんがこの時
時間は判りませんが漁から帰ってきて獲物を上げ終わって丁度、後片付けをしている時でその周辺にオオワシやオジロが
集まっていたという訳です・・・道理でね 冷静に考えれば生き物は餌のある場所に集まります。


     たまたま見つけたけれどなかなか良い角度で飛んでくれません、この時周囲にはオオワシも多数いて飛び交って
     いましたが天候はまさに「風雲急を告げる」かのような天候で辺りは真っ暗で横殴りな雪で躊躇しました。


     定番の海岸線のテトラ周りのオジロ君。


    そんな所を見ていたら右からスゥッと別個体が飛んで来ました、こんな事やっているから良いシーンを見逃すんです(反省!)


  逆にこんな場所のシーンは野付半島で見るオジロワシにはピッタリかも知れません、この日はキタキツネ君には会えません
  でしたが良くこの辺りには見られます。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM          
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ