現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回のレポートは道東ツアー最終日後半の締めくくりとして個人的に相応しいと思っている「オジロワシ」を取り上げます
オジロワシは道内の一部では繁殖も確認されており個人的に北の地を代表するオオワシと並ぶ大好きな猛禽です
UPした画像は特に動きのある写真をピックアップしましたのでご覧になって下さい。

【和名:オジロワシ】     ツル目 ツル科       全長(翼開長) ♂76~90cm(WS 199~228cm )        
               属名 Haliaeetus       種小名 albicilla          英名 White-tailed Eagle

        この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

尾白鷲 001
   是非、写真をクリックして大画面で見て下さい、綺麗に揃った羽の一枚一枚が見られます。

尾白鷲 002
   グルッと旋回してこちらの方向へ廻って来ました。

尾白鷲 003
   タ~ンしてこちらを見据えてジロッと睨まれました。

尾白鷲 004
   上空を悠々と飛び回ります

尾白鷲 005
   オォ、何かを見つけたようで迫ってきました。

尾白鷲 006
   最深部の林の縁をゆったりと飛びます。

尾白鷲 007
   オジロワシたる由縁の尾羽の白が眩しく映えます。

尾白鷲 008
   ゆったりと飛びながら獲物を探します。

尾白鷲 009
   タ~ンしてこれから地上の獲物に向かって突っ込んでいくところです。

尾白鷲 010
   地上高15mほどでホバリングしています。

尾白鷲 011
    右側の最深部を飛ぶ様子が見られました。

尾白鷲 012
    オジロワシの後方には獲物が足でガッシリと掴まれているのが見られます。

尾白鷲 013
    今度はお邪魔虫(鳥)のカラスにモビングされています。

尾白鷲 014
    個体の大きさがこれだけ違ってもカラスは苦手なんですね。

尾白鷲 015
         モミの大木の天辺に留まる、オジロワシ 良いですねぇ(^.^)
                        2013.12.22   阿寒国際ツルセンターにて
 
                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                                     
                   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/

羅臼泊から道東2日目の朝、約25分ほどで行ける知床峠まで車で行きあわよくばギンザンマシコが見れればと思っていたがチラ見だけでその後、少し周辺を探索して6:30の朝食までに戻って来た、この日は羅臼から根室に移動予定で途中、野付半島に寄ってみることにする、この場所は真冬に訪れたこともあり地理は頭に入っていた、道路左手は根室海峡の海が広がり右手はナラワラ、トドワラが広がる野付湾だ、この道路は地図を見て頂くと良く分かるが半島沿いに道路が一本走っているだけでこの時期はハマナシのワインレッドの綺麗な花が咲き、それと相成りオオハナウドの群落が白い花を付け満開だった、窓を開ければ彼方此方からシマセンニュウやコヨシキリ、ノビタキ等の声が聞こえるが殆ど姿が見えない、特に風が強い訳でもなく車をスローで流しているだけだが花の上まで上がって来ず中程で囀るのみでこれには正直参った、そうこうしている時、冬に訪れた時に出会った海沿いのテトラ回りでオジロワシが留まっているのが見えた、7月の北海道で留鳥として生息している数少ないオジロワシ(天然記念物/絶滅危惧種)で多くは冬に北方から渡来するが夏季も一部のオジロワシが残って営巣し、今年も無事繁殖している。

【和名:オジロワシ】     タカ目  タカ科     全長(翼開長) 76-90cm   199-229cm   属名 Haliaeetus         種小名 albicilla        英語名 White tailed Eagle
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!
 
尾白鷲 01
   冬に訪れたときには流氷がぎっしりと海面を覆い、背景には国後島がクッキリと見えていたが今回は霧で見えず・・・。

尾白鷲 02
    頭部が白く、精悍さが漂う成鳥のようだ・・・。
   
尾白鷲 03
    あの鋭い眼で睨まれていると距離はなかなか詰められず抜き足差し足で近づいたら・・・。

尾白鷲 04
    チョッと目線を下げた一瞬の間で飛ばれた、あぁ、フレームアウトだ・・・。

尾白鷲 05
   チョッと翼を傾けてくれたのが救いだな!(からだは大きいが警戒心はかなり強い)  2013.7.21 野付半島 別海町にて

落石漁港
       落石漁港を囲むようにそびえる断崖絶壁の一角にオジロワシを見つけました     2013.7.22 落石にて

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ● 最後にただオジロワシが見れる楽しみだけではなく以下の事柄も危惧される事柄として知っておきたい。
     <オジロワシを脅かすもの>
      
       ・ 森林破壊: 大木の伐採:約200kg以上もの巣を作るそうで、大木がないと営巣できないようです。
                (世界的に繁殖地の保全が重要です。)
       ・ 鉛弾の流通: 捕食動物の汚染:鉛弾が体内に残るエゾシカを食べ、鉛中毒にかかり死亡する猛禽類が
                 増加し問題となっているようです。
       ・ 風力発電: 野鳥は風力発電施設を危険なものとして認識できないようで、衝突して死亡するケースが
                 あるそうです。

  やはり今思うことは趣味を通して知ったことですがあらためて目を向けるとこう言ったことも知り得るのだと思った次第です。

                  Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM         
                  パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ