現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

ソリハシセイタカシギは英名がアボセットと呼ばれるスマートで美しいシギです
今回、観察された場所は以前、蓮田を営まれていた場所で鳥見では今まで一般のレポートが上がらない場所でしたがシギチ仲間の間では以前から話題に上っていた場所でもありました
私が現地に出向いて驚いたのは同場所にはセイタカシギが数組、営巣しており、それも鳥との距離があまりにも近っかたことでその蓮田の中に美しいアボセットの姿を見た時は、まさに驚きと感動でした。

和名:【ソリハシセイタカシギ】  チドリ目  セイタカシシギ科    TL 42-45 cm    WS 77-80cm   属名 Recurvirostra         種小名 avosetta 英語名 Pied Avocet
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!



     初めてこんな近くでバックも緑で綺麗な場所でソリハシセイタカシギと出会うことが出来ました(感謝!)


     アボセット君、単独で写っていますが周辺にはセイタカシギが所々で営巣中・・・・・でした(次回に)


     しばらく撮影していてパフォーマンスが無いなぁ・・・・とブツブツ呟いていたら・・・・突然の飛び出しで・・・・


     何を思ったか飛び出しました・・・・・そのまま高度を上げていったのでまずいなぁ・・・と思っていたら


     上空で大きくターンしてくれたお陰で何とか綺麗な青空の中で飛翔写真をGET!


     そうこうしていたら隣の田に再び舞い戻ってきてくれました・・・・ホッ!!


     なかなかこんな好条件で撮れることはもう無いかと思いつつ光を見ながら動きたかったのですが沢山の方が居て・・・・・


     見栄えの良い構図を探しながら撮るのですがそんな時に限って顔に光が入らず・・・・・


     構図は今一でも取り敢えずパチリと・・・・・


  私のレンズでは絞らないとピンが甘くなるのでバックをボカせません(辛いなぁ・・・)     


     全体の雰囲気を入れて撮らないと後で何処で撮ったか判らなくなるので・・・・・


     今回は単独だったけれど思いは小群で纏まったところが見たいなぁ・・・・・(贅沢!!)


偶然、写っていたツバメ君とのコラボ写真です、私じゃこれは狙っても一生撮れそうも無いなぁ・・・・


      同場所に居て仲良しだったセイタカシギ君とのコラボ写真です、若干アボセットの方が大きいです。
                                       撮影日 2017/5/11 ・ 撮影地 千葉県木更津市長須賀
                                                 6/4    ◎ 6/6 ?に旅だったような。  

     ● 次回は何処で出会いが叶うのだろう・・・・何方かの海外写真でアボセットの1000羽+の大きな群れの
       写真を見ましたが居るとこには居るんだなぁ・・・と思った次第です(また次回の出会いを楽しみに)       

              Canon EOS 7D Mark II / TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2         
                
                パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今回、Avocetの連絡をもらった時、エッ何でこの時期にという思いが一瞬駆け巡りました、思えば二年前に葛西臨海公園~三番瀬とAvocetが飛来した時、半日遅れで最高の撮影チャンスを逃した経緯があったので今度こそは是非見たいというという思いでした、この時期には石垣島でも2羽が飛来しており近ければ直ぐにでも飛んで行きたい所動にかられていた時でした、ただ気になるのはこの鳥の足の速さでひとところに長居はせず、滞在期間は数日で旅立つ事が多く一抹の不安が募りました

当日、現地に着くと既に沢山のバーダーがおり、そちらの方向に目を向けるとソリハシセイタカシギは岸から50mほどに2羽並んでいてまさに釣り人か何かのボートが2羽に接近するやいなや危険を感じてか2羽は沖に向けて飛び立ってしまいました

【和名:ソリハシセイタカシギ】     チドリ目 セイタカシギ科      全長(翼開長) 42-45cm(77-88cm)       属名 Recurvirostra 種小名 avosetta              英語名 Pied Avocet

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

かすみがうら市
    現地の天候は予報では晴れ間の筈だったのですがどんよりと朝焼けのような・・・・これじゃねぇ


    絵になる美形のお二人が浅場で佇んでいました(右♀、左♂)と思うのですが如何でしょう


    写っては居ませんがボートが近づいてきたので警戒しています


    ボートに危険を感じて一旦、沖へ飛んで着水後、浮いています(長い足はどのように?)


    安全と悟ったのか浅場へ上がってきました


   一瞬、背伸びをしたかと思ったらエンゼルポーズのサービスで・・・


    背景はモノトーン一色の世界ですがとても美しい鳥で華やかです。


      低く水面近くを飛翔してくれました かっこいい~~(手元が振れたのか少し流れていました)(^.^)

avocet008
      2羽のランデブー飛行かな?とても絵になる飛翔シーンです


       周辺を旋回中で大サービスです


       周辺をゆっくりと旋回後舞い降りてきました うつくすぃ~~



       舞降りて来て羽を畳み込むところです。    


        初列風切りの黒が良いアクセントで嘴の反りようがとてもエレガントな容姿です

               Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
              パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/
このソリハシセイタカシギは12/21初見~23日を最後に翌日は姿を確認出来なかったと伺いました、先にも書きましたが初見されてから3日で旅立ったことになります、想像ですが滞在していた場所から移動した形跡もないことから十分に餌を採れなかったため終始寝ていることが多く少し衰弱気味と心配されます、これらが短期駐在の要因とは考えたくないのですが無事、2羽で南へ戻ってくれればと思います。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   今年はこの更新が最後となります。この一年間、沢山の皆様にご訪問戴き本当に嬉しく思っています。

   “2013年”もあい変わりなくご覧になって頂けるよう少しでも充実させるよう努力致します
    宜しくお願いいたします。

    皆様におかれましても 佳き一年になるよう心よりお祈りいたします。
       「良いお年を」!!



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ