現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回の宮古島旅行で内心、一番出会いを期待していたのがこの「オオクイナ」でした、昨年八重山諸島の石垣島を訪ねた際にも出会いのチャンスはあったのですが残念ながら叶いませんでした、今回そのオオクイナが見られる環境は石垣島ではpointはあっても広いfieldで今回の宮古島は水場のpointという遭遇するチャンスが依り高いと云うこともあり期待は高まりました

【和名:オオクイナ】        ツル目 クイナ科      全長(翼開長)雄 26cm        属名 Rallina       種小名 eurizonoides                   亜種名 sepiaria     英語名 Slaty-legged Crake
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます 
       画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


ookuina 01
    初めて姿を見せた当初、光量がない位置ではご覧のような感じでした、お見苦しい写真ですが・・・・・

ookuina 02
現地に入り同場所でアカショウビンなどを撮ったりしながら途中、鳥の出が切れると暫く沈黙が続きます、手持ちぶさたの中何気なく目線の先の木立の奥まった暗い場所にそれらしき?姿を捉えました、双眼鏡で覗くと腹部の横縞がクッキリと見え、そのまま出てくるかと期待したのですが間もなく姿は見えなくなってしまいました

ookuina 03
その後も手持ちぶさたでセッティングしてからかれこれ2時間が経ったころ、私から4,5m離れていたCマンが俄にシャッターを切り始め緊張感が走りました、ただ私からそれと思える方向に目を向けても何も見えず正直焦りました、そこで静かにカモフラージュシートの左端から覗くとチラッと倒木の向こうにオオクイナの頭が見えたのです、その倒木から右廻りか左回りかで撮影条件が天と地でジッとレンズだけ向けて様子を見続けました

ookuina 04
するとオオクイナは左に迂回し警戒しながらも私の側へと姿を見せてくれたのです、初めて全身を間近で見た時の感動と大きさは思ったよりもかなり小さいと感じました、“オオ”が付いているのでそれなりに大きいものと思い込んでいたせいもあって実際にはシロハラクイナよりも一回り小さいと感じました

ookuina 05
そのオオクイナはクイナ属独特の尾羽を上下にしながら用心深く水際まで出てくると徐に水浴びを始め、あまりにもダイナミックなので飛沫が飛び散り、厳しいと思いながらもシャッターを切りましたがダイナミックさ?に負けてブレブレ写真の量産でした(笑)

ookuina 06
オオクイナとの初めての出会いは短かな時間でしたが2度ほど水浴びをした後、一人のCマンが接近したため疾風の如く一目散に森の中へ消えていきました、6名ほどいた他の方からは溜息が聞こえました、まぁ、個人的には念願のオオクイナを間近で見れたことで良しとしました。
                       Canon EOS 7D / 300 f 2.8 / IS USM

             パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                           http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ