現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回はアジサシ類、第三弾目としてエリグロアジサシをUPします、個人的には今まで見たアジサシ類の中で一番美しいアジサシではないかと思っています、アジサシ類に限らずなぜか南に下がるとは全体のフォルムや色彩的にすばらしいものが多いように思います、今回の宮古島ツアーで撮影した場所は数カ所あったのですが私のイメージに一番近かった島の一番最南端に位置する景勝地「東平安名崎/ヒガシヘンナザキ」の灯台周辺の岩礁に生息しているエリグロアジサシをご紹介します、距離は結構あって現地で見たあの感動を上手く伝えることは私のレンズではチョット厳しいのですが是非、ご覧になって下さい。

【和名:エリグロアジサシ】      チドリ目 カモメ科   全長(翼開長)30-32cm(64cm)        属名 Sterna     種小名 sumatrana       亜種名 anaethetus        英語名 Black-naped Tern

     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

eriguroajisasi 01
     抜けるような青い空と紺碧の海、そこに点在する大小の岩、これが宮古島の魅力の一つだ!!
        遠く白く小さく見えるのが東平安名崎灯台で周辺には153個の岩があると言われています。

eriguroajisasi 02
       大きく広がる澄み渡る海、絵になる海岸線を白いエリグロアジサシが飛翔します。

eriguroajisasi 03
       岩礁の中でもいちばん大きな岩?と言うか島?に営巣していました。

eriguroajisasi 04
       微笑ましいエリグロアジサシのディスプレーが見られました。

eriguroajisasi 05
   沖に見える”バナリ岩礁” 東平安名崎より東の沖合1.5kmに位置し、クロアジサシほか各種アジサシ類の繁殖地である

eriguroajisasi 06
   ここからの4枚は前に紹介した無人島で撮ったものです。   エリグロアジサシ-1 

eriguroajisasi 07
   また雰囲気が異なります                  エリグロアジサシ-2

eriguroajisasi 08
   大きな岩陰から突然舞い降りて来ました           エリグロアジサシ-3

eriguroajisasi 09
 この場のエリグロアジサシは丁度、営巣中しており抱卵中でした、撮影は大きな岩の上方から撮り刺激しないように注意しました、味気ないペットボトルは取り除いてあげたかったのですが諦めました。

                     Canon EOS 7D / EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
   
               パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                           http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ