現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

種を明かせばチョッと強面の大型のサギで成鳥は行く先々の川や海浜等でヌーッと立ちすくんでいる光景を良く目にします、鳴き声も決しておせいじに可愛いとは言い難いのですが彼等が決して悪いわけではないので私がこの場を借りて弁明しておきましょう(^.^)
出会ったのは先日出かけた都市公園の一角で全体に面白いと思った光景でしたので撮ってきました、最初見た時に結構風の強い日で背丈ほどある葦が靡いたとき、見えたので何者かと思ったのですがよく見てみると全体の感じは成鳥と同じですが幼鳥ということで羽の色がご覧のような濃い青褐色でしたのでチョッと見た感じ、ムラサキ色?に見えたのでフト先輩から聞いていた事を思い出しましたがこんな場所にいるわけもないので直ぐ、現実に引き戻されましたが改めて違う印象を持った次第です、先輩!今度珍しい物、探しに連れて行って下さ~い。

和名【アオサギ】  コウノトリ目 サギ科    学名: Ardea cinerea  全長(翼開長) 90.0-98.0cm(160.0-175.0cm) アオサギa

アオサギb

アオサギc

アオサギd
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

昨日は午前中、職場だったので帰り道、午後から久々にM公園に寄ってみましたがシーズン的にまだ早く小鳥類には殆ど
会えず、シジュウカラ*1とモズ*1だけで人間の感覚だけで鳥さんも体制(陽気)が整えばOKかというと全く違っています
私的には通常のFieldにお目見えするのには約1ヶ月のズレがあるように感じます、今日は午前中だけ時間があったのでMy
Fieldに久しぶりに行ってきました、こちらの方がFieldの様子が変化に富んでいる分、お馴染みさんですが短時間で様々な
鳥さんに会えました、私的にはいつもと違った写真が撮れましたのでUPします、はじめはアオサギさんで見ようによっては面
白いキャラの鳥さんです、一風、異様というか見方によってはそれなりに風格さえ感じます。

【和名:アオサギ(蒼鷺)】 コウノトリ目 - サギ科  学名: Ardea cinerea  TL 90.0-98.0cm WS 160.0-17.5cm
あおさぎ1

あおさぎ2
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON P4


アマサギを撮った帰り道、偶然見かけたシーンです
コサギ、アオサギ、ゴイサギとサギのスリーブラザーズとでも云いましょうか
見ようによっては「悪ガキ三人組」かもしれませんね
どう見たって普通はアオサギが兄貴分に見れますがオットドッコイ、もしかしたら小柄だが親分は小サギで
アオサギはその用心棒かも~(リクエストにより変更)
でもどう見たってゴイサギ君は使いぱしりって感じでしょうか・・・・・・
ゴイちゃん、ゴメン
チョット考え過ぎかもしれませんね

サギ・ブラザーズ



先週、久しぶりにmyfieldに出かけた帰り、チョット回り道をして田んぼの畦周りを見ながらゆっくりと車を走らせていると
一羽のアオサギが佇んでいた、新緑の中で見るアオサギはとても美しい!!

【和名:アオサギ】 コウノトリ目サギ科   学名Ardea cinerea    TL90-98cm   ws160-175cm
aosagi 132
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50



鳥好きの中でも色々と好みがあるようですが私はどっちだろう?
その時々で一番良い表情を見せてくれれば、多分その時はこの鳥さんが一番好きです~なんて軽く言ったりする
タイプです・・・・・ σ(^^)
ただ、画像でお見せする際、その時々の一押しの画像でも見る方のその時の想いで、外れ~~何て言われそう
ですが今回は再び”アオサギ”さん登場です
また次回に、もう少し思い入れのあるアオサギさんの画像が撮れたらまたUPしますね。

【和名:アオサギ】   学名:Ardea cinerea コウノトリ目サギ科   TL 90.0-98.0cm  WL160.0-175.0cm
アオサギa-1
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 0.7 EV
I S O      : 50


この鳥を初めて見た時は当初、何気なくハクセキレイを撮っていた時でチョッと目を外した時、葦原から出てきたのかヌゥッと
立っていて正直、大きな鳥だなぁと思ったのが初見です
もう一枚の画像は別の場所で初見、初撮りですが近所でよく行くゴルフ場廻りに草藪があり、以前ここにホオジロが
いたので探しに行った時、暫く待ってもいつも見る場所にホオジロが来ないので何気なくスコープの位置をズラした時に
なにやら草藪の中に気配を感じ、一瞬でしたが目があった瞬間、レリーズを押した時のものです、その後、ガサガサっと
飛び出して来てすごい低空飛行で飛び去りました
ちなみに良く似たサギにゴイサギがいますが色彩的に異なる部分もありますが一番顕著なのは目の色でササゴイは黄色
ですがゴイサギは赤なので容易に見分けることが出来ます。
(補正分)一枚目の画像は横方向からのみ多数撮ったのですがそれだけでは同定が困難であり、当初ササゴイと表記
しましたがアオサギではないかとのアドバイスを頂きました、よってササゴイからアオサギへ表記を変更いたします
またゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)も成長に伴い、目の色が黄色から赤へ変化するそうでこの画像のみでは苦しいのですが
ホシゴイの可能性もありそうです・・・・次回、全体像が撮れましたら改めてUPさせて頂きます
(貴重なアドバイス有り難う御座いました)

【和名:アオサギ】   学名:Ardea cinerea コウノトリ目サギ科   TL 90.0-98.0cm  WL160.0-175.0cm
アオサギ 成鳥
アオサギ 成鳥

ササゴイ 幼鳥
ササゴイ幼鳥 → ホシゴイ?
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4
露出補正   : - 1.0 EV
I S O      : 50





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ