現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

そろそろ、シギチ達の渡りも終了を迎えようとしています

ここ最近、そんなシギチを少しでも見たいと週末は干潟へ出かける機会が多くなっていました
ただ、陸の鳥たちと異なるのは場所が干潟と云うことで潮の干満に鳥見の時間が大きく左右されます

私の思いは晴れた日、日の出の一番良い時間に干潟に立ち、潮は出来れば到着時に満潮~下げ潮に移行
する時が理想です
潮が引くしばしの時間、海の様子を見ながらボォッとしていると徐々にシギチの偵察班が飛び始めます
こんな時が一番好きです

ただ朝方、どんよりと雲が垂れ込めていると干潟は「モノトーンの世界」で気分もどんより重くなります(笑)
当初、このハジコチと出会った日は正に墨絵の世界で写真を撮っても色は発色せず記録のみでしたが
この日は朝から晴れ上がり、空は青空で申し分のない撮影日和でした、潮を待つ間も期待は高まります
気がかりなのはこの広い干潟で見つけられるかと云うことだけですがそれも結果オーライでハジコチの定位置と
いうかいつも見られる場所で難なく見つけることが出来ました
この日は他のシギチも多く見られ、ハジコチを撮影する際も被ったりと結構、お邪魔?ですがそれも
良しと云うことで寛容に・・・・・寛容にと言い聞かせ、それが功を奏したのか私の行いが良い??のかハジコチの
2ショット(多分ペアでしょう)やオマケにオオメダイチドリとの2ショットまで撮れて大満足の一日でした
次回は来年になるのかな・・・出来れば5月の頃に綺麗な繁殖羽で再会をお願いしたいと思います。

【和名:ハジロコチドリ】      チドリ目 チドリ科     全長(翼開長) 19cm 亜種名 tundrae    属名/小種名 Charadrius         英語名 Ringed Plover

hajirokotidori 1
     光を考慮して撮るのですがなかなか目の周囲が黒くて目が出ません(課題です)
   
hajirokotidori 2
   いつも仲が良くて時に離れても本人同士は視野の中なのでしょう、すぐに一緒になります

hajirokotidori 3
     よく見ると首回りの模様が歴然で一般には体色の濃いのが♂(右?)と言われています

hajirokotidori 4
   オオメダイチドリとの2ショットです
     Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                 http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ