現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

師走に入った某日、鳥友からBIGなNewsが届いた、当初その鳥の名前だけは聞き覚えがあったがイメージが湧かず、週中という事もあってすぐには出かけられなかった、週末までヤキモキしながら土曜日の早朝に出かけてきました、見つかった現地は以前から猛禽や他の鳥を何度も同場所で撮っていたこともありすぐに判った、当日現地に着くと見つかってから初めての週末と云う事もあってすでに大勢のバーダーが見えていた、肝心のサバクヒタキはすぐに見る事が出来て何かチョッと拍子抜けの感があったがその動きはヒタキ属独特の尾羽を上下に動かす仕草はジョウビタキ等のそれにも通ずる物があった、全体の色あいは褐色がベースで初列が黒くアクセントになっており、滋味ながらピッピッと小刻みな動作やキリッとした表情はとても好感が持てた、まずは証拠写真を撮ってさてじっくり撮りたいなと思っていると時間と共にバーダーの数も多くなり、当初出ていた場所からかなり遠いところまで飛んで行ってしまい一度は行ってみたがあまり雰囲気も良くないので、先に見られた場所に戻りしばらく待っていると間もなく戻ってきてくれた、その時周りには数人しかおらず、短時間でだったが何とか落ち着いて納める事が出来てとてもラッキーだった、このサバクヒタキはこの先いつ見れるかという保証もないので非常に貴重なものを撮り納める事が出来てとてもラッキーでした、連絡を頂いた鳥友に感謝します。

【和名:サバクヒタキ】    スズメ目 ツグミ科  全長(翼開長) 14.5cm     属名 Oenanthe deserti     亜種名 oreophila            英語名 Desert Wheatear
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


sabakubitaki 1

sabakubitaki 2

sabakubitaki 3

sabakubitaki 8

sabakubitaki 4

sabakubitaki 5

sabakubitaki 6
【ウキペディアより引用】
[分布]
アフリカ北部、トルコから、中央アジア、チベット、モンゴル方面で繁殖し、冬季はアラビア半島やアフリカ東部、インドに渡り越冬する。
日本へはまれな旅鳥または冬鳥として渡来する。かつてはきわめてまれな迷鳥とされていたが、その後調査が進むにつれて、ごく少数ではあるが本州、四国の各地でほぼ毎年記録されるようになった。単独での記録がほとんどである。

   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ