現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

先日、10月4日付け当Blogの案内ポスターにてご案内した通り、10/16、17の2日間、神奈川県川崎市にて「KCJ 卵生メダカ倶楽部」関東 秋のコンベンションが盛況下に開催され無事、終了しました
会場にはFieldで大変お世話になっている鳥友やそのご家族、また当Blogを日頃から我慢強く?見ていただいている方で4名の方々がお忙しい中、わざわざ足を運んでいただきあらためてご挨拶する事が出来ました、この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます・・・・・・
これからも宜しくお願いいたします m(__)m

さて今回の展示会はこの夏の酷暑に害され、会員宅で手塩に掛けて育てていた貴重なメダカのコンディションが高水温→水質悪化で著しく悪く、落としたケースが際だって目立ちました、当然エントリー数も激減でコンテストにおける展示数が2009”秋展示会時の1/3の展示数と激減で淋しい限りでした、ただブリーディング部門(若魚or稚魚)や卵の出展数がそこそこ揃ったのが救いで一般からの参加者も含めて2日間にわたり行われたオークションも盛況でした、今回準備段階で一番大変だったのは私が1つ担当している「メダカの写真展」におけるエントリー数が極端に低く、本来なら生態とは異なり余裕を持ってPrintしたものが手元に届く筈でしたが蓋を開けたら開催日の4日前までに予定数の1/3しか集まらず、その後「Jpgファイル」で纏まって届いたことで構図の見直しや一部、止む終えず修正せねばならずと言ったこともあり、Printまで深夜から早朝までバタバタでした、正直もう来年は絶対にやらないぞ~と思うのですがどうなる事やらで・・・・終わってみればまずはメデタシ、メデタシのKCJ関東・秋の展示会が終了いたしました(おしまい!)

2010 コンベンション 01
      入口より内部を見ると展示用のラックが並んでいます(今年はチョット淋しいです)

2010 コンベンション 02
      ラックの上にはコンテスト用の賞品等が整然と並んでいますが何故か私には縁がありません

2010 コンベンション 03
   今回のグランプリを獲得した四国のYさん所有「Terranatus dolichopterus 通称=スワローキリー」です

2010 コンベンション 04
     写真コンテストの優勝作品は岡山、Tさん出品の「Austrolebias elongatus DOMASA2004」でこれでもメダカです?
     このメダカは会員が2004に南米へ採集旅行に出かけ採集したもので彼の愛称 DOMASA がつけられています

2010 コンベンション 05
     写真コンテストの作品展示で一部、会員のプロの方の作品も参考作品として展示しています     

2010 コンベンション 06
     どれも甲乙付けがたい作品の出来映えです(鳥さん同様、メダカの水槽内写真も難しいのです)

私が所属している日本卵生メダカ倶楽部のイベントが今年も川崎にて開催されます、この催しは倶楽部の行事として年2回、春は関西、秋には関東で開催されております、私がこのメダカを飼育し始めたのは大凡30年前で殆ど知名度もなくマイナーな魚で町の熱帯魚や水族館でもまったく見ることの出来ない貴重なメダカでした、この10年を振り返るとインターネットのめざましい発達で各国のマニア?や倶楽部との交流が盛んになり情報量も豊富になりました、昔は思いを馳せていた生息地アフリカや南米各地のfieldの採集の様子等が現地等の愛好家の手によってリアルに伝わってきています
また海外の愛好家は積極的にバケーションを利用して採取ツアーに出かけ毎年、未開地で新種が見つかっています、その後、持ち帰った親魚やEggをブリーディングし、海外の交流のある愛好家へ配布されてます、今回も昨年、採集された新種のメダカの展示が出来るかもしれませんので、ご興味のある方は是非、お出かけ下さい、私も開催日の2日間は会場に詰めておりますのでお出での節はお声掛け下さい(写真展示の担当者と言って下さい)



メダカポスター
              
               日本卵生メダカ倶楽部


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ