現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

朝、海岸でシギチを観察しているとややこしい言い方ですがクロサギの黒色型がこちらに飛んで来るのが見え、50mほど先の波打ち際に降りた、白色型は以前宮古島で見ているが何故か関東人としてはクロサギの白色型となると興味があります(^.^)
Wikipediaに依れば「九州以北では黒色型が分布するが、南西諸島では白色型の割合が増える。また、黒い羽と白い羽が両方ある(体色が灰色というわけではない)中間型も少数存在する。雌雄同色である。九州以北に多い黒色型は黒い岩場に適応し、南西諸島に多い白色型は白い砂浜・サンゴ礁に適応したものと考えられている。」とあります
ただややっこしいのは白・黒色タイプの中間と呼ばれる個体が存在していて白色型に黒のメッシュのような模様が入るようです、その反対は無いと思いますが・・・・。
それと個人的に体型や大きさ、顔つき等も個体差があるように思うのですがいかがでしょうか。

和名:【クロサギ】  コウノトリ目 サギ科    全長 58-66 cm    翼開長 90-100 cm
属名 Egretta  小名 sacra       英語名 Pacific Reef Egret

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

kurosagi 01
    降り立った所まで少し岸寄りに近寄ってみました、黒色タイプも煤けたような黒も居ますが真っ黒に見えるタイプもいます
    当然、光線の加減も考慮してですが・・・・・・。
    この個体は真っ黒なタイプでクロサギ特有の黄褐色の太い嘴と短めのガッチリした足も見れました。
 
kurosagi 02
     しばらく見ていると例の静止したハンティングポーズから一気にGETした物はハゼのような小魚でした。

kurosagi 03
     岩場を移動中ですが岩といっても白保の海岸は石垣を代表するサンゴ砂の海岸でよく見ると辺りは全てサンゴです。

kurosagi 04
     これは最終日、午前中は飛行機までの時間に余裕があったので海岸に行くとすでに台風6号の影響が徐々に出始めて
     おり、濁りが出ていますが今度はクロサギ白色タイプに出逢えました。

kurosagi 05
     波が徐々に高くなりつつあるせいか何故か落ち着かず少し飛んでは降りるとの繰り返しでした、私はその方が・・・・。

kurosagi 06
     チョッとふっくら見えますが同個体です。

kurosagi 07
      再び飛んで今度は更に波のある方へ移動しました。

kurosagi 08
      岩場に降りても時折、上空を警戒してこんなポーズをとっていました、特に猛禽等は見れませんでしたが・・・・。

                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

この所、気温が下がってきてやっと冬らしくなって来たかなと思うと低気圧の発生で暖かい日があるといった週末パターンが続いています、これは専門家の話では特にあらためてどうのこうのと云う話ではないそうで、多分にマスコミの報道の仕方に大きく左右される事が多いのでやはり何でも本質をキチンと見ないといいように振り回されます
さて今回は困ったときのクロサギ頼み?でコウライアイサが見つからなかったのでそれじゃ、海際へと出かけたときのものです
この日は風もなく小春日和で現地に着くと丁度、上げ潮に掛かり始めた時間帯で少し探すとすぐにクロサギは見つかりました、ただ岩の上で日向ぼっこをしているだけで絵になりません、そうこうしている内に沖目の岩礁地帯周りで俄に騒々しくなり、たぶん小魚の大群が押し寄せてきたのでしょう、辺り一帯にいた無数のユリカモメがそこに一気に集結してもの凄い騒ぎとなりました、その中にクロサギも何処にいたのか4羽入り交じってそれはそれは大騒ぎです、そのシーンを何とか撮ろうと思いますが私のレンズでは全体が入らず、面白くも何ともない写真となってしまいました、その後パニック状況も収まって岸寄りに飛来したクロサギを撮ったのが今回の写真です、撮影を始めた当初、私自身クロサギはなかなか見つけることが出来ず思いは募るばかりでしたが鳥の生息状況が少しずつわかってくると何処へ行けばどんなシチエーションで撮れるかが分かるようになり、時々気分が乗るとクロサギを撮りに此処へ足を運びます、前に海が広がり大好きなところでもあります。

和名:【クロサギ】    コウノトリ目 サギ科         全長(翼開長) 58-66cm(90-100cm)      属名 Egretta sacra    亜種名 sacra       英語名 Pacific Reef Heron
    
     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

くろさぎ 1
          神奈川県小田原市 真鶴半島にて

くろさぎ 2
          この日はチョッとサラシが強かったので魚が見えずらかった?

くろさぎ 3
          結構きわどい岩場の淵を移動中・・・・

くろさぎ 4
          大きな波が押し寄せて慌てているところです

くろさぎ 5
          飛ぼうかな、飛ぶのよそうかな・・・・

ゆりかもめ
          この画面の4倍くらいのユリカモメの数でした・・・・

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

その日は小春日和と言った暖かな日でこの磯は午前中の光がほどよく廻り、午後からは徐々に影って来るという礒場です、私が着いたのは丁度お昼前で光線は良い感じでしたが干潮にはまだ少し時間がかかりそうで少し波があり、クロサギはあまり水深があると餌を採りずらいのか礒に寄ってきません、少し待とうと辺りをブラつきながら暫くして戻ってみると1羽のクロサギが飛来していました、時はまさにジッと水面を覗き込んでいるところでした、ただこちらの場所からは大きな岩が邪魔して良い位置へ少しずつ動いている最中、相手は獲物をGETしてしまいシャッターチャンスを逃してしまいました、今回UPした写真は岩陰から出たときのもので嘴には大きなウミタナゴを銜えていました、その後何度も飲み込むまでに銜え直したりと苦労していましたが最後はゴックンとハイ「ご馳走様」でした。

【和名:クロサギ】    コウノトリ目 サギ科   全長(翼開長) 58-66cm(90-100cm)  属名 Egretta sacra   英語名 Eastern Reef Heron
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


kurosagi 1

kurosagi 2

kurosagi 3

kurosagi 4
   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

前回に引き続きクロサギの飛翔写真をメインにUPいたします

この場所は午後からの光が順光となるロケーションで条件は良いのですが飛び物の場合、フォーカスが波間に引っ張られて
なかなかカチッとピンが来ないのでチャンスを逃すこともしばしばでした、撮影時間は短い時間でしたが結構楽しめました。

【和名:クロサギ】     コウノトリ目 サギ科       属名 Egretta sacra     英語名 Eastern Reef Heron           全長(翼開長) 58-66cm(90-100cm)

            【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

くろさぎ1

くろさぎ2

くろさぎ3

くろさぎ4

くろさぎ5

くろさぎ6

くろさぎ7
  Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

先週末、小春日和の陽気の中、まずはお目当ての鳥?を撮影に出かけて来ました

現地にはすでに鳥友達が到着しており撮影も済んでいる様子で私も仲間に入れて貰い撮影が出来ました、当日は陽気も良いし、時間もたっぷりあるので頭にあった次の目的地へ向かうことにしました、その話を鳥友にすると特に予定はないので同行することになり、いざ出発です、目的地までは海岸線の快適なドライブで渋滞もなく大凡、1時間弱で現地に到着です、そこは海好きの私には願ってもない場所で車から降りると前方には点々と大小の磯が散在し、ポカポカ陽気の中、磯の香りが漂ってくるという最高のロケーションです、潮も引き潮で波もなくいわゆる「ベタ凪」状態で申し分ありません、早速、双眼鏡で遠方から覗いていくと直ぐに2羽のクロサギが見つかりました、クロサギを見ていると一瞬、磯と同化してウッカリすると見落としてしまいそうになります、暫く見ていると岩陰からもう1羽出てきて合計3羽のクロサギが確認出来ました、そうこうしていると更にもう1羽飛来してきて合計4羽になった時には、私の頭の中では「エ~~」クロサギが一度に4羽などとチョット理解するのに時間がかかりました・・・・こんな事ってあるのですね
ただクロサギは去年、初めて出会ってから堰を切ったように行く先々?で3度ほど見ているので慌てることもなく、丁度、お昼時だったのでまずはテーブルで昼食を取り、その後のんびりと撮影出来るpointまで寄って行きました、この時点ですでに3羽は何処かに飛んで行ってしまい1羽しか残っていませんでしたが首尾良く撮影することが出来ました、この時なぜ慌てなかったかというとその場のロケーションを見る限り、クロサギが採餌する条件が整っており、またエリアが絞られていたので必ず戻ってくると半分確信していました、1時間ほどのんびりしているとやはりクロサギは戻って来て最終的には2羽となり、磯の良い空気の中、2.5時間ほどクロサギ撮影を堪能する事が出来ました

今回、沢山、撮って来ましたので今回は留まり物を次回は飛び物?をUPする予定です。

【和名:クロサギ】     コウノトリ目 サギ科       属名 Egretta sacra     英語名 Eastern Reef Heron           全長(翼開長) 58-66cm(90-100cm)

            【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

kurosagi 1
     磯の先端で何か物思いに耽っているのでしょう (^.^)

kurosagi 2
     クロサギにロマンを感じませんか?

kurosagi 3
     おっ!何か見つけたのでしょうか?

kurosagi 4
     少し白波が立ち初めて良い感じです

kurosagi 5
     水中の磯の間を魚が通るようでたまに嘴をエィッと入れます

kurosagi 6
     見た目には危ないようですが大丈夫です (^.^)

kurosagi 7
     ヤッタァ、念願の魚をgetしました、自慢げです (^^)V 

kurosagi 8
     少し上げ潮となり小魚も活発に居るようです

kurosagi 9
     仲の良い2羽ですね 兄弟?カップル 知る由もありません(^_=)

kurosagi 10
     右が♂?、左がチョッと小さいので♀? まさかぁ~~

  Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

私がこのクロサギに興味を持ちだしてどれほど経つでしょうか、いつも仲良くして頂いている鳥友達が撮れたよ~と都度blogで見させて貰って来ましたがその出会いがいつも羨ましくて仕方がありませんでした、この日は鷹見が思わぬ早い時間にフェードアウトしてしまい、お天気も上々だし時間も早いので時々立ち寄る海辺にでも行ってお昼を食べて帰ろうと少し足を伸ばしました、そこは以前イカ釣りで良く通った場所であり、勝手知った所です、車を降りて防波堤でノンビリ海を眺めながら持参したオニギリを食べていると遙か?前方の磯に何かが動いたので双眼鏡で覗いて見るとそこには今まで全く出会えなかったクロサギが目に飛び込んできました、その時は嬉しいと云うよりも飛ばないでくれと願いながら100mほど離れた車まで慌てて戻り、距離がかなりあるのでサンニッパではなくデジスコを選びました、自身で落ち着け落ち着けと唱えながらセットするのですがいつもは難なくセット出来ることが旨く出来ず焦りました、何とか照準を合わせますがテレタン一杯で解像度も何も気にしません、先ずは納めることに集中します、どのくらいシャッターを切ったでしょうか、消えたと思ったら飛んでしまいました、一瞬諦めスコープから目を離すと飛んだと思ったクロサギはラッキーなことに当初より1/3ほど手前に降りてくれ、もう云うことがないくらいワクワクしました、すでに肉眼でも表情が見えるほどの距離です、暫く色々な場面を撮っていると少し離れた所からもう1羽のクロサギが飛来して5mほどの所に降り、ほんの短い時間でしたが2ショットまで撮ることが出来ました、頃は上げ潮でそのままであればドンドン岸よりを磯伝いに近づいて来ると思われたのですが運もこれまでで散歩の方がクロのレッドリバーを連れてきてリードを放したとたんワンコは大喜びでクロサギの方へバシャバシャと走っていきました
今日はこれまで~~でした・・・・・ 因みに温和しい私は怒ったりしませんよ (^_=) ハイ!!

【和名:クロサギ】    コウノトリ目 サギ科      学名: Egretta sacra    全長(翼開長) 58-66cm(90-100cm)
クロサギを発見した磯
黄色い矢印の下の磯で発見しました(遠いです)

kurosagi 6
    このカットは最初に撮った記念の写真でブレブレです、でも良いんです(^.^)

kurosagi 1

kurosagi 8
     黒いけれど鵜じゃありません!

kurosagi 10

kurosagi 5
   このシーンは小魚を狙っているのですが興味深いのは羽をひろげて水面に日陰を作り、そこに小魚を集め、仕留めます
   素晴らしい知恵ですね

kurosagi 9

kurosagi 3

kurosagi 12

kurosagi 13
    珍しいクロサギの2ショットまで撮れました(私はペアだと確信しています ホント??)

Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : TurboAdapter BR-W300
デジタルカメラ :SONY/Cybershot DSC-W300

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ