現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

 この日は陽気も良くひさびさに千葉県東部まで息抜きがてら出かけてきた・・・・・

最初の撮影地で偶然に鳥友と出会い、帰り道、ツミを見に行くのでどう?と誘われ、今期はまだ見るチャンスがなかったので
是非!と案内してもらった
そこは町中の小さな公園で周囲の木々の間から射す光の加減がとても良い感じで今まで見た中で一番の静かな空間だった。
Cマンは数人で皆小さなイスに腰掛け見た目、地元の方のようで表情も穏やかで大声で話すでもなくのんびりと木に止まっているツミを見ていた
私は身近な滞在でしたが何かホッとした時間だった。

最近、都会では何の鳥でもそうだが大勢のCマンが一挙に集まりなかなかこんな風には楽しめそうもない。

和名:【ツミ】  タカ目  タカ科    全長(翼開長) 27cm    翼長 51~63cm       属名 Accipiter                                                                           種小名 gularis       英語名 Japanese Sparrowhawk

【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


このツミのペアは一度、カラスに妨害され2度目のチャレンジだそうです・・・・今回は是非!


   短時間だったので同じようなカットですがご容赦下さいm(__)m

ツミ 03
    この場所がご近所だったらなぁ・・・・・ジックリ撮りたいもんです。

ツミ 04
    かなり高い所で見上げる感じでしたがツミはカッコ良いですねぇ。

                  Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

今年も自宅からほど近い場所でツミの営巣を観察する事が出来ました、良く云われることに何でも最初が肝心だと言われます、私のツミとの出会いは近所のとある小さな谷戸を形成している公園でした、そこはしっとりと落ち着いた緑の林の中で大きな杉の木の枝先に止まっている♂のツミを見たのが初めての出会いでした、その印象が今でもとても良い印象で残っています

ツミは、猛禽の中でもかなり小さな部類で♀はハト大、♂はそれよりやや小さい小型の鷹です。♀の胸や腹には薄い赤褐色の横班が明確には入り、♂にはその横班がほとんどなく全体に白く見えます、胸の中央あたりにはほんのりとオレンジ色がのります。♀は背中がこげ茶色で♂は濃いグレーに見えます。また依り♂♀の違いが明確なのは虹彩で♀はタカらしい黄色をしていますが、♂は濃い赤で光線によっては黒く見え事もあります。
またツミが営巣する場所は記述から見ると最近はかなり街中の公園や神社等にも営巣をしていて身近な猛禽ということが出来ます

子育ては主に♀が主体となり♂はもっぱら周囲の警備と餌の確保にあたります、この時期はじっくり観察していると狩りから獲物を獲って戻ってくると一気に巣には入らず少し離れた場所に止まり捌いてから甲高い声で♀に知らせます、この時いわゆる「餌渡し」が行われます
ただ、この行動は一瞬の内に行われるので実際にカメラに納めるのはなかなか難しいものがあります

営巣場所やその繁殖については市街地エリアという事もあり、そのエリアはハシブトガラスも多く生息しています、ツミの側から見て営巣出来るか出来ないかはツミvsハシブトガラスとの力関係にあると云っても過言ではありません、この様なことからハシブトガラスの生息密度が低ければツミの営巣が上手くいく確立がより高くなるのではないでしょうか。

【和名:ツミ】      タカ目 タカ科   全長(翼開長) 雄27cm(51.5cm)雌30cm(62.5cm)        属名 Accipiter gularis      英語名 Japanese Lesser Sparrow Hawk

     【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
     画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


tsumi 1

tsumi 2

tsumi 3

tsumi 4

tsumi 5

tsumi 6
        Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM
                                                            
      パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

この場所のツミの♂は働き者なのか単にシャイなのかどうか分かりませんが姿を見せても僅かの時間ですぐに何処かへ飛び去ってしまいます、この日は8時過ぎに狩りから戻り、♀に餌を運んできて渡すとすぐにプイと飛び去ってしまいました、そんな事からなかなかゆっくり姿を見る機会がありません、Cマンは♀の食事シーンを撮ろうと殆どの方が池廻りにいて散々撮り終えてすこしダレ気味になってきた時、何気なく後方を見ると一人の女性Cマンが何やら目線より少し高いところを撮っているのが見えました、聞くとツミ♂で綺麗な個体でした、私がレンズを向けたときは時、既に遅しで飛び立った時でした、あとで聞くところ、かなり長い時間居ましたよとのことでガックリでした、欲を言えば♀が撮れたのは良いのですが正直、しっかりと♂が撮りたいなと常々思っていて次回はと期待しています、こればかりは運もあって今後はたまには後方も見ることにします (^_=)

【和名:ツミ】     タカ目 タカ科   全長(翼開長) 雄27cm(51.5cm)雌30cm(62.5cm)    属名 Accipiter gularis    英語名 Japanese Lesser Sparrow Hawk

       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


ツミ1

ツミ 2

ツミ 3
   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

今年、非常に楽しみにしていたMFのツミが待てどいつものFieldに訪れず、寂しい思いをしていたのですが大先輩から他場所ですが比較的、近場の公園にツミがやって来ているとの知らせを頂き、出かけてきました、そこは駅からもほど近い市街地の中の公園で昔は谷戸であった面影が残る散歩の人々が時に擦れ違う静かな公園内の高い杉の樹に彼等は居ました、ロケ的にはかなり小枝が交差する非常に見づらい所で見上げれば80度近くの場所に居たりと一度動くと探すのも大変で撮影するには踏ん張りの聞く方?が有利です、この日の♂♀あまり鳴き交わさず、チョッと拍子抜けの部分もありましたが運良く?交尾のシーンも見ることが出来、最後の1枚は2ショットまで撮れました、廻りの環境も繁殖に良さそうなのでアクシデントさえなければ可愛い雛が無事に育つ事と思います、是非、その頃にも再度、訪れてみたいと思っています。

【和名:ツミ】    タカ目 タカ科    学名: Accipiter gularis    全長(翼開長) 雄27cm(51.5cm)雌30cm(62.5cm)
tsumi 1

tsumi 2

tsumi 3

tsumi 4

tsumi 5
  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ