現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回、自宅からほど近い、まだまだ自然の残っている公園にコイカルが訪れてくれました、これまでコイカルは2度、出会っていることと他に撮影したい鳥があって優先順位が後だったこともあり、すぐさま足を運ぶ事はしませんでした、話を聞くと土、日はもちろん平日も多くのバーダーがコイカル見たさに駆けつけ大変な混雑だったようです、当初からそう長くは滞在しないだろうと思っていましたが結構、長く滞在してくれて、ボチボチ餌のエノキの実も数少なくなってきたこととCマンの混雑も引けてきたのでタイミングを見て出かけてきました、当日は8時半着でお昼くらいまでには出てくれるだろうと暢気に構えていましたが待ち人は待てど暮らせど出てくれません、もし早めに撮影出来たら別の用事をしようなどと考えていたから罰が当たったのかも知れません(笑)
ズルズル待つのも辛いので14時まで待ってダメなら諦めようと決めて待機しているとこれがうまく出来ていて13時50分に彼は大きな鳴き声をあげながら、エノキの木に飛んできました、その時一斉に周りのバーダーの方も朝から待ちぼうけを食らっていたこともあり、一気に雰囲気が明るくなったのは云うまでもありません、コイカル少なくなったエノキの実を夢中で食べ続けておおよそ一時間ほど滞在した後、近くの林の中に飛んでいきました。

【和名:コイカル】      スズメ目 アトリ科    全長(翼開長) 18.5cm        属名 Eophona migratoria                  英語名 Black-tailed Grosbeak
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


koikaru 1

koikaru 2

koikaru 3

koikaru 4

koikaru 5
       Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM
         2011.JAN. 横浜市**区にて

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

先日、都市公園の超片隅?で待望のコイカルに出会うことが出来ました、暮れからイカルやシメの小さな群れには何度か出会っていたのですがまさか時期は異なりますが今回、出会えるとは思っても見ませんでした、この公園はとても大きな公園で沢山の方が思い思いに散歩やスポーツを楽しんでいました

【和名;コイカル】    スズメ目アトリ科        学名: Eophona migratoria         全長(翼開長) 18.5cm
ウォーリーを探せ        初めはウォーリーを探せ状態でした(何処かに♀が写っています)

koikaru ♂1
コイカルは丁度、私が着いた時、大きな群れで食事中でした、慌てて片隅から数枚撮ったところで何処かへ飛び去ってしまいました、前から撮影していた
皆さんは他場所に移動するということで全員いなくなってしまいました何か心細くなってしまいましたが必ず戻ってくると自分に言い聞かせて待つことにしま
した、イカルの群れは何処かへ(多分、水場でしょう)飛んで行き、45分くらいの間、留守で私ともう一人の方と二人きりで留守番でした (コイカル♂)

koikaru ♂2
その間、アトリが数羽来たり、ツグミやキジバトなどが遊びに来てくれましたがイカル軍団は戻ってきません・・・・・ (コイカル♂)

koikaru ♂3
その内何やら騒がしくなり辺りの常緑樹の中に少数ずつですがイカルが戻ってきました、ただお腹が一杯なせいか仲間内でお喋りばかりしていて一向に
地上には降りてきませんでした、私達が待機している横の木にもイカルが来ていてフンが落ちてきました・・・・・フンだ!! (コイカル♂)

koikaru ♂4
かれこれ1.5時間ほど経ったでしょうか、数羽ずつ地上におり始め、気がつくと100数十羽の大群です、ただただ圧巻です (コイカル♂)

koikaru ♂5
一応自宅で予備知識は入れていきましたが実際にあの軍団の中からコイカルを見つけ出すのが最初、目が馴れないこともあって、大変でした
徐々に目が馴れてきてまずオスを見つけ出す事が出来て取り敢えずしっかりと撮影することに専念しました、まずまず撮ったところで少し気持ちに余裕が
出てきて今度はメスがいるかと探します(1羽、イカルの気の良い子がマンセ~と叫んでいます)

koikaru ♀1
先にいた皆さんの中にいつもお会いする大先輩もいらして♂、♀の写真を見せて貰っていたので必ず♀はいるはずでじっくり探していきますが♂の特徴は
予習してきたのですが♀は忘れました(笑) (コイカル♀) どこか気品があります

koikaru ♀2
その内、何か他のイカルと比べ明らかに色合いの異なるのが1羽いることに気がつきました、色合いは♂のように頭部は黒くなく色合いもとても淡いといった
感じで一瞬ですが斜め後方から頭部を見るとシメにとてもよく似ています (コイカル♀) 

koikaru ♀3
地上で餌を夢中で食べている時も何かに驚き不定期に飛び上がります、暫くすると又、降りてきて採餌するので位置が変わると錯覚して当初は♂2、♀1
かと思ったのですが結果、番でイカルの群れに同行していたようです、それにしても凄い群れで圧倒されました、最初は可愛い綺麗な鳴き声だと思っていた
のが帰り間際には騒音に変わっていました、心残りはどうしても枝止まりが見れなかったことですがコイカルに出会えただけでも良しでしょう。 (コイカル♀) 

  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ