現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回は先日干潟で出会った多くのシギチをはじめ、前回UPしたコアジサシと共に多く見受けられ被写体となってくれたアジサシを取り上げます、この時期はちょうど潮干狩りとラップすることもあって良いロケーションでの撮影は最初から諦めていますがそうは云ってもその日の状況で少しずつ移動し、光線や潮の高さなどを気にしながら目的のアジサシを見ながら撮影位置を探します、たまたま気がついたことは彼らは特に驚いたと云うことではなくても一瞬、短い距離やその場でフワリと低空に飛び上がります、習性と云ったらそれで話は終わりですが何か気になる行動です、被写体という事からはアジサシはコアジサシよりも体が大きい分、フレームに納めるのは特に難しい事はありませんが撮影する際にはこのロケと構図でと頭に描きながら撮るよう心がけています、やはり青空バックの順光で動きのある飛翔が理想ですよね
ただ理想と現実はそうは上手くいかないのですが頑張ります。

【和名:アジサシ】     チドリ目 カモメ科   全長(翼開長) 37-41cm(70-80cm)   属名 Sterna hirundo 英語名 Common Tern           
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

アジサシ 1

アジサシ 2

アジサシ 3

アジサシ 4

アジサシ 5

アジサシ 6
           Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

暫くぶりに三番瀬へ・・・・・と、いうのもシギチの渡りの時期と潮干狩りの時期とがまともに重なるため出かけられず我慢していました、残念なことにこの時期は全てのシギチ達は繁殖地へ出発しており、朝6時過ぎの干潟はものの見事に閑古鳥?が鳴いていました、ただ干潟の状況は大先輩のblogで昨日までの様子が分かっていたのである程度は心の準備が出来ていたのですがイザFieldに立ち、自身の目で見た何も居ぬ干潟は自然のサイクルを実感しました
前置きはさておき、今日は延び延びとなっていたコアジサシを撮るのが主な目的だったのですが如何せん、潮回りが若潮と悪く、7:36(干潮)でほぼ引いていて、干潟はウミネコさんしか見あたらず、オマケに空は靄って全体に暗く、仕方なくセッカでも撮りたいなと思ったのですが中々出てこず、諦めてノンビリ海を見ていました。

【和名;コアジサシ】  チドリ目 カモメ科     学名: Sterna hirundo      全長(翼開長)35cm アジサシ 1
今日は潮回りが若潮ということなのか変則な干満で9:30すぎから徐々に潮が上げ始め、その頃から今まで全く見えなかったコアジサシの飛来数が増えてきて何とか撮れるようになってきました

アジサシ 2
最盛期に比べる?と個体数は少ないような気がします

アジサシ 3
時間的には潮が上げ始めてから約一時間ほどでアジサシの動きは止まり、その後は全く飛来しませんでした、写真でも分かるように一部のコアジサシは沖合の杭に留まってまったり休憩モードとなり、11時前にはギラギラと真夏の日射しとなって、鳥も動かないこともあり終了しました

アジサシ 4
ダイビングシーンは撮る側の技量?の問題で全てブレブレでした(残念!)

アジサシ 5
獲った餌の小魚はハゼのようでした

アジサシ 6


アジサシ 7
此処には纏まって映っていますが殆ど2~3羽で行動していました

アジサシ 8
お腹も一杯なのか、お休みモードに入ってしまいました、その後三番瀬を後にして谷津にも寄ってみたのですが何も撮る物が居ないため、本日は終了となりました

今日はそんな一日でした・・・・・。

OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】


   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

今回、紹介するアジサシは”鳥ロマン”では今まで紹介したことのない種族です、理由はあまり積極的に撮っていなかった
こともあり、今の今までUP出来ませんでした、またそれに輪をかけてアジサシも似たり寄ったりと私には識別が追いつかず
図鑑を見てもサッパリで困っていました、特に最後に貼ったものは単純に見ても嘴が赤いしなぁ・・・・とか、半分、**ア
ジサシとか付かないかなぁ・・・・とも思ったりしてね    何方かお判りでしたら教えて下さい
4枚目はダイゼンとツーショットでしばらく見ていたのですが片方が移動するとそれにつられて移動して時に相手の顔を覗き
込んだりとホント、可愛らしかったです、ドッチがってそれは勿論、アジサシ君です。

【和名:アジサシ-鯵刺】  学名:Sterna hirundo  チドリ目カモメ科 TL 32.0-39.0cm  WS 72.0-83.0cm
アジサシ1

アジサシ2

アジサシ3

アジサシ

アジサシSP.
NIKON ED82                                             千葉県/三番瀬
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ