現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

年の瀬も押し迫り、今年は珍しく大掃除は早目に済ませていたので気分的に楽だったこともあり、自宅からそう遠くない公園へオジロビタキを見に行ってきました、現地に着くとCマンは15名ほどいてオジロビタキは彼方此方飛び回って居るようでしたがすぐに見つかりました
鳥との距離感もほどよく観察するのには問題は無いのですが如何せん枝葉の込み入った所に入るとお手上げです、それも我慢してジッと待っているとあの人なつっこい仕草を見せながら近い所まで来てくれます、いつも感じることですが鳥と一緒に移動しなくても良いのになぁ・・・・と。
この日はそれなりに撮れたので短時間で現地を離れました

今年のblogの投稿はこれをもって最後となります、最後は少々間が来て頂いた方々には大変失礼しましたが継続は力なりで来年も続けていきます
   いつも覗いて頂き本当に有り難う御座いました

     皆さんにおかれましてはご家族お揃いで佳い年をお迎えになって下さい

和名:【亜種 ニシオジロビタキ】  スズメ目  ヒタキ科    TL 11-12 cm         属名 Ficedula
             種小名 parva      英語名 Red-breasted Flycatcher

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     枝が込み入っていましたがシャッターを多めに切って・・・・・時に少し抜けた所も


     小鳥類は数多かれどこれほど一つ一つの仕草が愛らしいのも珍しいかもしれません


     追いかけ回さずジックリ待っていると時にこんな至近距離まで向こうから来てくれます


     この時も近かったなぁ・・・・・・


     おっ!何か気になることがあるようで・・・・・・


     シックな色合いだがこれがまた良いんですよね

 Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
               http://vmc.blog43.fc2.com/

ここ数年、近隣の何処かで必ずオジロビタキが観察されています、何年か前のお正月に自宅からほど近い公園にもひょっこりオジロビタキが来てくれた事があります、今回出かけた所は我が家より北のfieldまで足を延ばして好きなオジロビタキと出会って来ました、広い公園内には紅葉のピークが過ぎ、赤褐色に染まったメタセコイアの巨木の間を一羽のオジロビタキが元気に飛び回っており、時折独特のジッジッという地鳴きを発しながら隣接する他木の枝に留まり頸を傾げたり、結構頻繁に尾羽を上げ下げしたりと愛嬌を振りまいていました
喉から胸はうっすらとオレンジ色が見えると云えば見えますがごく薄いので若い個体としか私のレベルでは云いようがありません
また観察していると何度か留まっていた枝から時々地面に舞降りて虫を捕ったりするのですが動作が機敏で私の技術ではカメラには捉えられませんでした。

【和名:オジロビタキ】      スズメ目 ヒタキ科       全長(翼開長)   11-12cm       属名   Ficedula      種小名  albicilla      英語名    aiga Flycatcher

        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


     お清まし顔でハイ!ポーズ!


     何か興味があるものが・・・虫さんかな?


     見返りにならないかなぁ・・・・


     ハテな?・・・・


     ホント可愛いですね。


     ほんのり胸元がオレンジ色に染まって見えます。


     やはり目が大きいのがチャームポイントです


     このカットが一番自然かなぁ・・・・
                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×2.0 / IS USM         
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                               http://vmc.blog43.fc2.com/

オジロビタキは、少ない冬鳥または旅鳥ですがこの所、関東では毎年、観察例が複数報告されています
今年だけでも聞き伝えした場所は3ヶ所有り、実際には知れずして更に多くの飛来数があるのではないかと考えられます

よく云われる普通種とか珍鳥とかの判別はさておき、オジロビタキは一見、地味な羽色ですが一目ご覧になった方は細かな説明をするまでもなく直ぐに魅了されてしまうでしょう

その日は現地に着き、暫く待っていると「ジッ ジッ ジッ」と低いがよく透る、独特の地鳴きと共に現れ、松の木の枝に留まりました、更に彼はトレードマークと云われる、尾をピッと持ち上げ、時に上下に振って愛想を振りまきます。
時に観察していると頭を傾げて覗き込むような仕草をしますがこれが彼らの一番の魅力でしょう。

和名:【オジロビタキ】    スズメ目 ヒタキ科         全長(翼開長) 11-12cm           属名 Ficedula        種小名 albicilla        英語名 Taiga Flycatcher
         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


ojirobitaki 1a

ojirobitaki 2

ojirobitaki 3

ojirobitaki 4a

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

このオジロビタキはここ数年、連続して今の時期出逢いがあります、昨年は自宅近くの公園に訪れてくれお正月二日にあの愛くるしいのでオジロビタキに出逢うことが出来ました、これには鳥友とはお正月から縁起が良いと喜んだものでした(笑)
今回のオジロ君は年末から近県のU市の公園に訪れていることは耳にしていましたがなかなか出かける機会が無く先日、やっと出逢って来ました、このオジロビタキですが何時も出会うたび思うことは当たり前とは分かってはいることですが毎年同じ子(同個体)に出逢ったような錯覚さえ覚えるほど人を惹きつける不思議な魅力を持った小鳥です、早朝現地に着くと辺りは放射冷却で霜が一面に降り、うっすらと白いベールに覆われており、吐く息も白い中、ジッジッジッとあのオジロビタキ独特の澄んだ地鳴きが聞こえてきましたその時、私の前方7~8mの梅の木に朝日を背負ってその姿を現してくれ、眩いばかりの陽の中に見たオジロビタキはまさに輝いており、一年ぶりの再会も期待を裏切ることはありませんでした。
 
【和名:オジロビタキ】      スズメ目 ヒタキ科    全長(翼開長)11-12cm        属名 Ficedula parva
                   亜種名 albicilla       英語名 Red-breasted Flycatcher
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

ojirobitaki 2
  セ~フ!!

ojirobitaki 1

ojirobitaki 3c

ojirobitaki 4

ojirobitaki 5

ojirobitaki 6

ojirobitaki 7
       Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM
       2011.JAN. 埼玉県

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

一年ぶりにあのプリティーなオジロビタキに出会うことが出来ました、しいて云うのも可笑しいのですが容姿?と云い、可愛らしい一寸した仕草と云い、全く変わらないオジロちゃんがそこにいました、彼?が滞在していた広い庭園には当初はなかなか時間が取れず足を運べませんでしたが梅の花も殆ど散ったころ、午後の1時間ほど訪れて最後の別れ?を惜しんできました、もう既に旅立ったのでしょうか・・・・・・無事に帰ることを祈っています
また、来シーズンも元気な姿を皆さんの前に見せてくれることを楽しみに待っています。

【和名:オジロビタキ】  スズメ目 ヒタキ科    学名: Ficedula parva       全長(翼開長) 11-12cm
ojirobitaki 1

ojirobitaki 2

ojirobitaki 3

ojirobitaki 4

ojirobitaki 5

ojirobitaki 6
  OLYMPUS E-3
 【SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

このオジロビタキと初めての出会いは今年のお正月に出会いました、私は恥ずかしながらその時まで種名すら知らずにいました、この鳥が入ったという話題は昨年の暮れから一部のblog等で紹介されていたので見れるものなら一度、是非、見たいと思っていて出かけました、当日は現地に着いて比較的容易に見つけることが出来、暫く観察していて直ぐにこの鳥の可愛らしい仕草に魅せられてしまいました、その後、3月に入っていつものように近場のMyFieldに出かけ、何気なくいつものコースを回っていた場所で偶然に出会うことができました、地元のバーダーの方々は暫く前からこの鳥の存在を知っていたようですが、その場所は一般の方々が散歩や散策で比較的賑わう場所柄、公開を控えていたようです・・・・・鳥見の世界は情報を強いて公にしないことが暗黙の了解ですがこのことについては賛否両論あり、難しいところですがやむを得ないことだと思います
既にこのオジロビタキは渡っていって現在はその場所では見ることは出来ないし、来年間違いなく見れる保証があるわけでもないのです。

和名【オジロビタキ】  スズメ目 ヒタキ科    学名: Ficedula parva    全長(翼開長) 11.0-12.0cm
オジロビタキ6
 千葉県/八柱霊園(1月)
オジロビタキ3
 神奈川県/舞岡公園(3月)
オジロビタキ1
 千葉県/八柱霊園(1月)
オジロビタキ2
 神奈川県/舞岡公園(3月)
オジロビタキ4
 神奈川県/舞岡公園(3月)
オジロビタキ5
 千葉県/八柱霊園(1月)
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

   花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。  も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ