現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

ユリカモメは海辺や河川の上領域まで行ってもよく見られる普通種ですがあらためてよく観察するとハッとするほど美しいカモメです
ユリカモメはいわゆる「冬鳥」と呼ばれ初夏のころ頭部に頭巾を被ったように黒く換羽し始めた頃を境に~初秋までは繁殖のためユーラシア大陸北部に渡り秋の深まりとともに徐々に数を増してきます
一般的にユリカモメの行動は朝から上流に向かいながら餌漁りをしながら群れで移動し途中、流れの緩い水辺や堰等で休息したのち、午後には河口へ向かって戻っていくという行動を毎日繰り返すようです。

和名:【ユリカモメ】  チドリ目 カモメ科     TL 37-43 cm    WS 94-110 cm    属名 Larus
  種小名 ridibundus 英語名 Black-hesded Gull
   
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

yurikamome 01
     カモメ全般に言えることですが飛翔スピードは比較的ゆっくりで観察も楽です。

yurikamome 02
     低空で飛びながら小魚を探しています。

yurikamome 03
     しばらく飛び回ったあとはこんな感じで浅瀬でまったりします。

yurikamome 04
     時に水浴びなどをします。

yurikamome 05
     この時期となると流石に見ている方は水に入る気持ちにはなりません(笑)

yurikamome 06
     プカリと水面に浮かんでいたかと思ったら一気に飛び出しました、嘴と足の朱色が鮮やかでとても映えます。

yurikamome 07
     正面から一枚・・・・・・。

yurikamome 08
     とても綺麗な絵になる鳥です

yurikamome 09
     青空に映える飛翔姿です。

yurikamome 10
                                  Nov.05, 2016    撮影地 : 神奈川県小田原市酒匂川


                Canon EOS 7D Mark II / 300 f 2.8 or EXTENDER Ⅲ×1.4 / IS USM                
                 パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

この撮影Pointでは本命を待つ間、じっくりと観察するとハッとするほど美しいユリカモメが相手をしてくれました、ただ正直を云うとバックのロケが今一気に入ないのですが贅沢は言えません(笑)、目の前を数羽単位で飛びかう時や纏まって大きな群れとなり堰の上空をうねるように飛んでくれる時などはバックが青空に抜けてくれるところで待っていてもなかなか、そうは都合良くこちらの意に沿っては飛んでくれません、白地に嘴と足の赤が旨く調和の取れている冬羽の成鳥など見ていると時間も忘れ、ついつい同じような写真を撮ってしまいます、でもそんな時間が楽しいのです。

【和名:ユリカモメ】   チドリ目 カモメ科    学名:Larus ridibundus      全長(翼開長) 37-43cm(94-110cm)
            【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
画像はお時間がありましたらクリックして大きくしてご覧下さい!!
yurikamome 1
     成鳥 冬羽

yurikamome 2
     画像は飛翔の数が小さいですが実際には40、50羽の群れでとても綺麗でした

yurikamome 3
     アユをゲットしたところ仲間が寄ってきて捕られそうです

yurikamome 4
     第1回 冬羽  嘴と足が薄いオレンジ色です

yurikamome 5
     狙いを定めて・・・・・それっ!

   Canon EOS 50D / 300 f 2.8× EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

この冬期シーズン、出会った先々でユリカモメを撮っていますが3月下旬頃から夏羽に換羽が始まり、ユリカモメの頭部がゴマ塩から黒ずきんを被った装いに変化しています、見ていてもとてもユーモラスです、初めて見る一般の方はまさか正体?があの身近に見られるユリカモメとは気付かないようで、とても不思議な変化です、詳しくその理由は調べてはいませんがとても興味深く、何故?この時期だけなんでしょうか、特にこの時期、黒褐色に頭が変化するのは♂だけなので婚姻色と見るのが妥当ではないでしょうか。

【ユリカモメ】  チドリ目 カモメ科    学名: Larus ridibundus   全長(翼開長) 37.0-43.0cm(94.0-110.0cm)
ユリカモメa

ユリカモメb

ユリカモメc

ユリカモメd

ユリカモメe
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ