現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

今回、取り上げた「アビ」は私が通常活用している図鑑で桐原政志/解説 『日本の鳥550 水辺の鳥』のINDEXの次ページにトップを飾っているのが今回、取り上げた「アビ」である、関東では太平洋側の銚子~房総~三浦半島の沖合で見られ、低気圧等の影響で海がシケたときなど近くの港に一時的に避難している時が唯一、近くで観察出来るチャンスだが概してそういったときは油による汚染か健康上に何らかの問題があるときが多いように思う。
【分布】
北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季になると越冬のため北大西洋、北太平洋の沿岸部に南下する。
また日本では冬季に越冬のため九州以北に冬鳥として飛来する]。また、北海道では渡りの途中に旅鳥として飛来する
【形態】
上面は灰黒褐色の羽毛で覆われる。
虹彩は赤い。嘴はやや上方へ反る。
夏羽は頭部が灰褐色、前頸部が赤褐色の羽毛で覆われる。冬羽は額から後頸にかけて黒褐色、喉から腹部にかけて白い羽毛で覆われる 【Wikipediaより】

【和名:アビ】       アビ目 アビ科       全長(翼開長) 53~69cm(106-116cm )        
属名 Gavia      種小名stellata          英名 Red-throated Loon,Red-throated Diver
        【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

アビ 01
     アビの夏羽の特徴はいわゆる喉元に見られるワインレッド色の模様がとても印象的だ

アビ 02
     静かな漁港内をゆっくりと移動していた。     

外川漁港
     アビが見られた漁港内にはシギチの渡り途中と思われるキョウジョシギの小群が飛び交っていた。

アビ 03
     1回だけ港の端から中央付近まで飛んでくれた時のワンショットだ・・・ただ足が・・・・。

アビ 04
    喉元のワインレッドともう一つの特徴の後頭部~襟足までの黒い筋状の模様も綺麗だ。

アビ 05
     無防備な姿勢で羽繕い中だ、腹部は真っ白で眩うばかりだ。

アビ 06
     時に勢いよく羽ばたきながら立ち上がる

アビ 07
     当日出会ったアビは、一見どことなく精細が無く時に餌取りで潜ったりはするが元気がない感じで見ると左脚が常に
     後に伸びた感じで一見骨折している風にも見れた、仮にそうであれば一生を全う出来ないかも知れない。

アビ 08
      成鳥 夏羽                            撮影日;2013.May.12    撮影地:千葉県外川漁港

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅲ×2.0 / IS USM         
                   ピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                                 http://vmc.blog43.fc2.com/

昨年の年末、早々と家の片付けを済ませてブラッと外房を廻ってきました、九十九里方面まで足を延ばすと普段見ている海の感じとは大きく異なり、何かとてもゆったりとした気持ちになれるので好きです、私にとって外房銚子方面はそうそう出かけられる場所ではなく、たまに出かけると彼処も此処もとつい欲張ってしまいます、今回の目的はシノリガモを撮ることでしたがたまたまですが沖に出ていたのか出会えず、チョッピリ残念でしたがアビやこの時期の定番のクロガモ等の群れが多数見れました、ただ近距離でと言うわけにはいかず、今回はデジスコで何とか納めたといった感じです、午前中は前日沖を低気圧が通過したこともあり、暗い雲がとれず鳥の色も出ませんが逆にこれがピーカンだと正に逆光気味で撮りづらくなることが想像つきます、少々ウネリが残っていたので時にアビが波間に隠れてしまいます、外海ですので他にシロエリやオオハム等がいても何ら不思議ではないのですが今回は12羽のアビが一度に見れ、いつも同定でお世話になっているバード王国さんからそれだけ沢山のアビが一度に見れたのではシノリガモより収穫があったのではと慰められました(笑)

【和名:アビ】     アビ目 アビ科      学名:Gavia stellata     英語名 Red-throated Diver    全長(翼開長) 53-69cm

            【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】
画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

九十九里
      日の出後、約30分ぐらいでしょうか

abi 1
      アビは嘴が上方に少し反っているのが特徴で身体に細かな白い点があります(upでご覧下さい)

abi 2
      アビ軍団?です(良く見ると可愛い顔をしています)

abi 3
      右下にクロガモが1羽見えますが視野の中には小群が散在しています
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : TurboAdapter BR-W300
デジタルカメラ :SONY/Cybershot DSC-W300

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

今日は朝から好天で巷では満開の桜の下でお花見ですよ~と大騒ぎです(^.^) 私はというと一人寂しく?三浦半島をグルリ一周、ドライブと洒落込んで来ました、まぁ目的がないといえばウソになりますが説明は目的を達成した時にとっておきましょう(^.^)

和名【アビ】  アビ目 アビ科    学名: Gavia stellata     全長(翼開長) 53.0-69.0cm
アビa
道路も空いていて半島を一周しながら数ヶ所をのんびりと回りながら丁度、お昼でもと三浦半島の西側の港に寄ってみました、お土産にひものでもと海産物屋さんを覗いてから、お昼を食べようと岸壁に座って持参のオニギリを食べながら何気なく、止まっているカモメやウジャウジャと飛んでるトビなどを見ながらフト、水面に目を落とすと何か潜ったな・・・・・と思い、カイツブリだろうと浮き上がったときよく見るとカイツブリにしては大きいし、カンムリよりふっくらとしていて違うし、ましてや少し黒っぽいなぁ、などと一人ブツブツ言いながら双眼鏡で見ると・・・・・
アレレッ!チョッと違うぞ~(^.^)
アビb
チョッと目を離した隙に脱兎のごとく水中へ・・・・・フレームアウトしそうですがm(__)m
アビc
直感で未だ見たことのない「オオハム」もしくは「アビ」が思い浮かびました   本人、云ってるかどうか分かりませんが・・・・・”ワ~イ”なんて!!
アビd
結果、自宅へ戻って図鑑を見比べて首の後ろから背中にかけて白い小班が散在するとあり確認して「アビ」ということになりました、私にとっては初見初撮りで嬉しいお土産が出来ました。
アビe
万が一、同定に間違い等がありましたらご遠慮なく教えて頂ければ幸いです。
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ