現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

年明けて間もない穏やかな日に久々にコウライアイサでもと出かけてみたところ丁度、お留守のようでした
普段、この支流は緩い流れの中にカモ類が多く集まる場所だがこの日に限ってか少数のヒドリガモとバンが見られただけで寂しい限りだった、この日は朝から風もなく暖かなので下流方向へ土手沿いを歩きだした、まぁ普段の運動不足の少しでも解消になればといった感じでなのですが期待薄かな・・・

大凡、1kmほど下ったところで双眼鏡を覗くとダイサギの小群の傍にカワアイサを発見した、そのまま土手沿いを行けば当然、警戒され直ぐに飛ばれるのは必然なので一旦、土手を下り、彼らより先に出て順光側から見ようと進んだ、そこには小さな橋がありカワアイサ等はその橋の少し上流側に居て♂2、♀5の小群だ、彼らは盛んに餌を追っていて橋の際から見ている私には気付いていないようだ、しばらく撮影していると何を驚いたのかダイサギが飛び立ったと同じく、上流側へ彼らも飛び去り双眼鏡で追うと見通し距離に着水したので後はのんびりと私も戻ることにした、着水した場所は水門近くで撮影にはこちらの方が水面も静かで条件が良さそうだ、幸いなのはここではあまり警戒心がなくジックリと撮影が出来た事だ、その内彼らは満腹なのか寝ることが多くなり、私も長居は無用と撤収しました
時々訪れるこの川は川幅も狭く流れも緩やかで、とても環境の良い場所で撮影していてものどかで好きな場所でもある。

和名:【カワアイサ】    カモ目 カモ科         全長(翼開長) 58-72cm(86-102cm)           属名 Mergus        種小名 merganser     亜種名 comatus      英語名 Goosander
         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


かわあいさ 1
        何を驚いたのかダイサギ等と共に上流側へ飛んだ・・・・。  

かわあいさ 2
        カワアイサの魅力は光線の加減で見せるグリーンの光沢だ! 綺麗ですね

かわあいさ 3
        のんびりとランデブーでしょうか・・・

かわあいさ 4
        茶髪のパンクヘヤーの彼女らを従えて悠々としています

かわあいさ 5
        遠目に惹いたショットでも雰囲気があって良いかなと・・・・。

                   Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                     
                    パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                              http://vmc.blog43.fc2.com/

「カワアイサ」はカモの中でも特に大好きカモの一種です、それではいつでも見れるかというとそうでもありません、またこのカモは何と云っても警戒心の強さに関してはは天下一品で、河原等で仮に双眼鏡で見つけてもおいそれとは近寄れず題名にも書いたように無造作に近寄ろうものなら100m先でも間違いなく飛ばれます、そのような事からこのカモの撮影は広い河原等では細心の注意が必要であとはその時の「運」次第と言っても過言ではありません、希に狭いエリア等では考えられないくらい容易に撮影出来る場合もあります
まず、このアイサの由来ですがよく見る記事には「アキサ」の音変化で表記は「アキサ=秋沙」と表記すると・・・・・ありますが必ずしもそうではないようです、私が持っている鳥の名前の語源の本には書くと長くなりますが「アイサン」と表記され(漢字が見つからない)=皚蒼(アイサン)のように美しいと言う意味だそうです、じゃ「アイ」と言う意味はと言うとアイ=白いと言う意味でサンとは黒いと言う意味だそうです、要約すると「美しい白黒の鳥」と言うのが正しい語源のようです
話は横道にそれましたがカワアイサの雄の容姿は正に深い黒緑と白のコントラストが非常に美しい鳥で嘴の形状も食生活に合った鍵型の形状でくちばしが細長く、歯は鋸歯状でノコギリバガモとかアイサガモと別名呼ばれる事もあります
今回は「運」が良かったのかそれとも日頃の行いが幸いしたのか?微妙なところですが比較的近い距離で撮影が出来ましたので飛翔写真も交え、大きな画面でご覧になって下さい。


【和名:カワアイサ】    カモ目 カモ科   全長(翼開長) 58-72cm(86-102cm)   属名 Mergus merganser 亜種名 comatus   英語名 Goosander

    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


kawaaisa 1

kawaaisa 2

kawaaisa 3

kawaaisa 4

kawaaisa 5

kawaaisa 6

kawaaisa 7

kawaaisa 8

kawaaisa 16

kawaaisa 10
   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

前から早い時期に是非、見たいと思っていたカワアイサに会いに行ってきました・・・と、こんな書き出しで始まるとめでたし、めでたしと
行きたいところですがそうはいきませんでした、今回、大凡の場所は分かっていましたがまずは場所が一級河川のだだっ広い河原の
一角です、現地近くに車を置き、カメラ等の準備をして土手を上がると足柄の山々がド~ンと控え、その麓をゆったりと流れる河原
で散歩には最高の場所です、晴れていれば富士山も見れるカモしれません(^.^)

【和名:カワアイサ】  カモ目 カモ科科    学名: Mergus merganser TL (翼開長) 58.0-72.0cm(86.0-102.0cm)
カワアイサ1
まずは頭の中で描いていた場所を双眼鏡で隈無く端から端まで何度となく見てもそれらしき相手が居ないのである、内心焦ります
よね、こうなったら頭を切り換えて探すしかありません・・・と言っても延々と広がる河原であり・・・・・・さ~てであります、こうなったら即
実行と車に戻り、短時間でPOINTとおぼしき場所をチェックしに行きます
カワアイサ2 
少し移動して再び、土手を上がり何気なく河原を見ると白とエメラルドグリーンのコントラストが綺麗な♂が目に入った、やった~
である、ここで担いでいた三脚を無意識に降ろそうとした矢先、距離にして60mほどの所にいたカワアイサのグループが一斉に
飛び立ってしまった、ああ~~である、今までの鳥見の感覚でこの距離は腰を低くしてゆっくり動けば大丈夫といった感覚が身に
ついていて、そのままの行動が裏目に出たことで私が相手を知らなさすぎたことに気がつきました、そんな広いFieldにいる彼らは
思ったより神経質でした、その後、飛び立った方向は対岸でゆっくり右に旋回していったが目で追ったが小さくなり見失った、しばらく
ボォーとしてしまったカワアイサ3 
さ~あて困った、追跡しても対岸側は中州の降りそうな場所まで距離があり、見つけたところで撮影距離ではない事が想像つく
その日は万が一を考えて久々にデジスコの両方を準備していったがそのデジスコでも難しそうな距離である、でもまずは実際に目
で確かめようと対岸まで車で移動するが対岸は車で川の近くまで行くのに条件が悪く、中々行き着けないのだ、そうこうして何とか
土手に上がって探すが全く見れないので諦めた、その後、別ルートで元の場所へ戻り、折角来たので橋を境に反対側の河原に
行き、双眼鏡で見ているとあの飛んでいったグループと見られる3pr+1の7羽が発見出来た・・・しかし距離がありすぎる、距離を
詰めるとなるとゴロタの河原で何も身を隠す物がないところを100mは歩かなくてはならず、どうしたものかと考えたが行くしかない
何とか行けるところまで時間をかけてしゃがみながら進んでいった、こんな格好見せられたものじゃありません(^.^)明るいから良い
ようなもので薄暗かったらかなり怪しいですカワアイサ4 
何とかデジスコで撮れる距離まで行き、少し撮ったら又距離を詰めると言ったことを3回やったところで再び、気付かれ飛ばれて
しまいお仕舞いでした、・・・・・あぁ、疲れたぁ~~
もう、追跡する気力は残っていませんでした、でも、こういうのって益々ファイトがわきませんか・・・・・
都合がつけば再チャレンジで♂をしっかり撮りたいなぁ。
カワアイサ5 
Field Scope : NIKON ED82
接眼レンズ  : 30×ワイドDS
ブラケット    : FSB4
デジタルカメラ :NIKON/COOLPIX P4

OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ