現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

こんな小さな身体で元気いっぱいです
 皆さんに不動の人気があるのもこれまた納得です!!
千葉県の自然一杯の公園で出会えました。

和名:【ミソサザイ】    スズメ目 ミソサザイ科        全長(翼開長) 10-11cm             属名 Troglodytes        種小名 troglodytes       亜種名 fumigatus       英語名 Winter Wren

         【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
        画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

misosazai 1
     ジッジッとよく通る地鳴きが聞こえたかと思ったらもう目の前にいました(笑)

misosazai 3
     それにしても彼方此方よく動き回ります、小さい分身軽なんでしょうね
      見返りポーズで・・・・・決まりです。

misosazai 2
お得意の尾羽をピンと持ち上げたポーズでこれでどうだと云わんばかり・・・
 我が家の小太郎(ネコ)だって嬉しいと尻尾を上げます(笑)     
       千葉県の公園  1月撮影

    Canon EOS 7D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM                                    
   パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
                http://vmc.blog43.fc2.com/

この日は前日の4月上旬の陽気が残る暖かな日で当日は猛禽との出会いを期待し北部の河原に出かけました、道路も空いていたこともあり、6:30には目的地に着き、早々に撮影の準備をしておいてノンビリ朝食を食べながら猛禽を待つことにしました、しかし待てど暮らせど、9:45まで上空には猛禽の姿、形さえ見えず、カワウが数羽飛んだだけでした

【和名;ミソサザイ】    スズメ目ミソサザイ科    学名: Troglodytes troglodytes   全長(翼開長) 10-11cm
misosazae 1
Pointを変えてもう1ヶ所の場所に移動しました、空は青空でここで上空を猛禽がと描くのですが悲しいかな鳶さえも飛んでくれず猛禽は諦め、その後2ヶ所のそれなりの実績のある公園に寄って見ましたがついていない時は何処も全くダメで最後にと寄った公園でトラちゃんを辛うじて撮り、帰ろうと木道を歩いていると何やらウグイスの地鳴きのような声がしたと思ったら前方を何かが横切りました
misosazae 2
その時は何だか直ぐに察知出来ず降りた場所を暫く、見守っていると再度飛び出し、その時初めてミソサザイだと分かりました、如何せん個体が小さいです、何とか数カットシャッターを切りましたがとても暗く殆どブレブレで今回UPした2枚のみが映っていました、その後は残念なことに姿を見失い、帰宅の時間も
迫っていたので通りかかった公園の管理人さんに捜索願を出してその日は帰宅しました。

  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

そこは先日出かけた町場のとある公園で規模は小さいながらも木々が覆い茂り、せせらぎのある静かな公園だ、何気なく散策
しながら木道を歩いていると、傾斜地となっている側の倒木に何やらが何処からともなく舞い降りて隠れた、何度か一部が見え
隠れしたので立ち止まって観察していたがしばらく待っても出てこず、痺れを切らしていた時だった

【和名: ミソサザイ】  スズメ目 ミソサザイ科    学名: Troglodytes  troglodytes TL 10.0-11.0cm
ミソサザイ
一瞬、視野の中で何かが動いた・・・・緊張しながらも目はその一点を凝視するとチョンチョンと木の株元の洞を出たり入ったりして
いる物が見えた、実は昨年もそこに近い場所で同じ鳥を見ている、距離として4mほどだろうかあまり怖がらない、それはまさしく
スズメよりも小さく、クチバシから尾羽まででも10cmに満たないほどの大きさの「ミソサザイ」である、全身はコゲ茶でうっすらと黒
っぽい模様が羽全体にある、オセイジにも色彩的には綺麗とは言えないがこれが見ようによってはとても渋い色合いです、日本
風に言えば分かる人には分かる「ワビ・サビ」の世界かもしれない
ミソサザイ
前回出会った時はデジスコでそれも使い始めだったので使いこなせず、あの速い動きについて行けなかった、その場は初心者には
撮影条件も悪く、暗い、小さい、敏捷といった三重苦で撮ったものも殆どブレブレの苦い初体験でした、今回は構図的には満足
出来ないまでも何とか撮影出来て良かったと思います、ホントあの仕草と言いい動きといい、とってもチャーミングな鳥さんです
ミソサザイ
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ