現在の閲覧者数:
ADMIN TITLE LIST


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

9月中以降、先週までしばらくblog更新も滞り、鳥友からTelは頂くし、私にとっては怒濤?の一月でしたぁ
と言うのも以前からの予定で9月後半から10月初めまで家族と北海道旅行に出かけることと職場では期末処理と出かける前の体勢作り?を整えて9/27より出かけて帰ってきました、それから間を空けず帰ってくるなり、メダカのコンベンションの準備等で更にバタバタになり、それも無事終わってホッとする間もなく残務?処理と気をもむ日々が続きました、何とかそんな多忙な日々からもやっと開放されて2、3日は良いのですが今度は何か物足りなくなると云う不思議な気持ちになります、元来貧乏性なんでしょうかね・・・・・でもサボるのは上手いですよ~ (^.^)

さてやっとここに来てblogの更新が出来るようになりました、今回は忙しくなる前に鳥友から貴重な情報を頂き、早めに出かけて来ました「珍しい、白チョウゲンボウ」をUPします
既に諸先輩方がビシッと素晴らしい写真をご紹介しているので私のは記録と言うことでご容赦下さい、今回は実際に見るまでは何故かイメージが全く湧かず出ているというfieldに着くと大凡80名ほどCマンが2ヶ所に別れてスタンバイしていました、すでに朝方は建物の屋上付近にいたということで私が着いた時は遙か前方の木に留まっているとのことでしたが肉眼では確認出来ませんでした、そんな時、秋晴れの青空の中から前方から飛んできた白い個体を見たときは感動すら覚えました、その後この子は比較的遠目でしたが良く飛んでくれ、盛んにホバリングしながら昆虫等を良く捕獲していました、色々云われていますが出所は推測の域を出ませんが間違いなく白変個体ではなくアルビノ個体です、ものの本にはアルビノは 紫外線等の影響をもろに受け、その為様々な障害が出やすく致命的な状況を引き起こす要因となるとあります、特に猛禽類は視力が生命線なため障害が生ずると獲物の捕獲に影響が大で長生きするのが難しと思われます、その様な事から今回の個体が成鳥だとすれば かなり珍しいのではないでしょうか、正直良くここまで生長してくれたという事、事態が驚異的な事だと思います、数日前からの噂ではオオタカ若に執拗に追われて、その日から目撃情報が途絶えてしまったようです、結果的には残念な状況になったのかもしれません、普通でも自然界を生き抜くことが難しいのにアルビノ個体というある意味、ハンディキャップを背負って生き抜くことの難しさを実感しました。

【和名:チョウゲンボウ】    タカ目 ハヤブサ科   全長(翼開長) 雄 33cm 雌 38.5cm(68~76cm)
        属名 Falco tinnunculus     英語名 Common Kestrel
    【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
    画像は是非、クリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!


sirocyougennbou 1
   この子は前方の青空の中からスゥーッと飛んできました

sirocyougennbou 2
     青空をバックに遙か上空を通過していきます

sirocyougennbou 3
     近くで獲物を見つけたのでしょう、盛んにホバリングしています

sirocyougennbou 4
     河原側の此方から死角となるお気に入りの木で休んでいました

sirocyougennbou 5
     フト、目が合いました うっ、まずい!

sirocyougennbou 6
     咄嗟に飛ばれました~間に合わず

sirocyougennbou 7
     獲物を捕ってゆっくりお食事処の建物の天辺へ

sirocyougennbou 8
     気持ちよさそうに上空を舞います、見ているこちらの方がウットリしてしまいます (^.^)

   Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

この3連休の初日、湘南方面へ出かけようと朝、自宅を出たのですが途中からそよそよ程度だった風が時間と共に強さを増してきて急遽、予定を変更してチョウゲンボウの営巣地に廻ってみました、状況は鳥友から随時、聞いていたのですが当日は5羽が確認できました、この時期はチョウゲンボウにとっても丁度、恋の季節でもあり、動きは活発で時折、♂同士での小競り合いや交尾も観察できました、運悪く撮影時にはかなりの強風が吹き荒れ、手持ちで上空にカメラを向けると身体ごと流されるときもしばしばでした、私の場合は風で身体が動くと何故かピンが来るようです (^_=)

【和名:チョウゲンボウ】     タカ目 ハヤブサ科     属名 Falco tinnunculus          英語名 Common Kestrel                全長(翼開長) 雄 33cm 雌 38.5cm(68~76cm)17-18cm             
       【この画面をクリックすると1000×700の大きな画面で見れます】 
         画像はクリックして大きなサイズでご覧になって下さい!!

cyougennbou 1

cyougennbou 2

cyougennbou 3

cyougennbou 4

cyougennbou 5
           Canon EOS 50D / 300 f 2.8 & EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

先日、久々に平日に休暇が取れ、鳥友と連絡を取って海鳥を観察に行ってきました、目的の鳥は何とか見ることは叶ったのですがそれも立ち話をしていた時、まさかと云った直ぐ前方に出たもので慌てて50mほど離れた駐車場にカメラをとりに行った際、戻った時は見失ってしまい残念なことをしました、その日は陽気も良いので海は次回と言うことで次のポイントに移動しました、此処ではホオアカや猛禽類がタイミングが良いと見れるというので期待していたのですがホオアカはチラ見ていどでしたが近くでチョウゲンボウが草原で餌取りを始めたので暫く見ながら撮影をすることが出来ました、いつもは上空を飛ぶシーンが多く、目線での観察はとても新鮮な感じであり、何度も餌取りを繰り返す可愛らしい仕草をファインダー越しにたっぷり観察出来ました、今回は少し動きのあるカットも撮れたのでそんなシーンを中心にUPします。

【和名:チョウゲンボウ】   タカ目 ハヤブサ科    学名:Falco tinnunculus    全長(翼開長) 雄 33cm 雌 38.5cm(68~76cm)【この画面をクリックすると1000×700クラスの大きな画面で見れます】
画像はお時間がありましたらクリックして大きくしてご覧下さい!!
チョウゲンボウ 1
     ♂の若でしょうか

チョウゲンボウ 2a
     突然の飛び出しです

チョウゲンボウ 3
     餌を見つけたのでしょうか、まっしぐらです

チョウゲンボウ 4
     餌のバッタを捕らえて戻ってきました

チョウゲンボウ 5
     餌を捕らえる際、地上にランディングします

チョウゲンボウ 6
     器用に飛びながら脚のバッタを食べます(我慢できないのかな・)

チョウゲンボウ 7
     綺麗な後ろ姿です

チョウゲンボウ 8
     猛禽にしてはとても優しい表情です

   Canon EOS 50D / 300 f 2.8× EXTENDER Ⅱ×1.4 / IS USM

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
         http://vmc.blog43.fc2.com/

一年ぶりにチョウゲンボウに会いに行って来ました、と言うのもこの場所は観察するのにも近く、地元の方の話しではピークで6,7羽が集まり、今年の繁殖の連れ合いを求めに来ているのだという、この近辺でも半月前までは単独の個体さえ見つけるのは容易ではなかったがここに来て繁殖行動の前兆とも言える行動がが見られ始めました、この日は4羽が入り乱れるシーンも見られ、UPした写真の中にあるものでコンクリートの護岸の上で2羽で揉み合っている様子は2羽が絡み合ったまま、地表まで落下して来た様子です、当初、♂が♀かと思っていたのですが良く見ると2羽とも♀のようです、♂を巡っての争奪戦かなぁ・・・・あの二羽でバタバタと羽ばたく様子は迫力がありました、何れにしてもこのような繁殖行動は昨年と比較しても1ヶ月は早い行動のようで暫くは見守っていこうと思っています。

【和名;チョウゲンボウ】    タカ目 ハヤブサ科    学名: Falco tinnunculus    全長(翼開長) 雄 33cm 雌 38.5cm(68~76cm)
cyougennbou1

cyougennbou2

cyougennbou3

cyougennbou4

cyougennbou5
この構造物の穴の中が巣となっていて、ここから2羽で揉み合いながら地表へ落ちてきました
cyougennbou6

cyougennbou7
  撮影していた私の正面の2.5m先へドスンと落ちてきました、もう心臓がバクバクしましたよ、ものの数秒でしたが双方とも一瞬動かず、キーキーと甲高く叫んでいました

  OLYMPUS E-3
  SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】

     パピリオの花のblog、薔薇好きのひとりごと。。。。。 も宜しかったらどうぞ!
       http://vmc.blog43.fc2.com/

昨年、1月1日よりデジスコED82でスタートした「パピリオの”鳥ロマン”」本当に沢山の方々のご訪問を頂きこの場を
お借りして感謝申し上げます
今年は、野鳥の撮影の幅を広げるべく、目標だったデジ一眼E-3フォーサーズを昨年末に導入いたしました、おかげ
さまで鳥blogとしてもまずまずの経緯と自賛しておりますが更にプラスαとして以前から自宅で楽しんでいたバラ等の
季節の植物の話題も時折、織り交ぜながらご紹介出来ればと思っております、内容的には「飛び物」を加えて今年
は”飛翔”の年になるよう頑張ります!!

今年は更にどんな野鳥達に会えるのか今からとても楽しみです♪
本年もどうぞ宜しくお願い致します!!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
スタートはスカッと決めようかと思ったのですがNEWカメラに振り回されてなかなか良いショットが取れませんでした
運用3回目と言うことでご容赦下さ~い
まずはMyFieldのチョウゲンボウでスタートです。

   ~彼は青空の中から予告もなしにスーッとやってきた~

【和名: チョウゲンボウ】   タカ目 ハヤブサ科    学名:Falco columbarius   TL 雄 27.0-31.0cm 雌 31.0-34.0(64.0-73.0cm)
チョウゲンボウ1

チョウゲンボウ2

チョウゲンボウ3

F.ファントム
OLYMPUS E-3
SIGMA 50-500mm F4-5.6EX DG 【APO HSM】


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 パピリオの”鳥”ロマン +α, All rights reserved.
まとめ